活動のご案内

『おくたにくらぶ 茶和 tea Live』 part2

●日時 :5月20日(土)15時〜17時

●場所:カフェダイニング茶和(さわ)
  鳥取県 米子市 両三柳 58-3

ないちゃーれきおーず、また出していただくことになり、ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーー

2017年7月14日(金曜日)
ないちゃーれきおーず、カフェビスコットさんで演奏させていただく予定です。開始時間、夜。

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

広島・沖縄物産展 みっしり三絃①

いつも楽しみにしていた島根県松江市の沖縄物産展が
ここ2年開催されないので

今年は、広島県、駅前の福屋さんの沖縄物産展めがけてやってまいりました。

沖縄物産展2017


初日の午後に到着し、チェックインには早いので、すぐさま物産展へ直行。


三線の師匠、屋良お家元にお会いできましたー。

屋良さん、2年前の松江の物産展でお会いして一目ぼれだったのですが、
その時に指導を受けておられたご夫妻がおられるのを見て、
勇気を振り絞って「わ、わたしにも是非教えてください!」と言えたのがきっかけで、
海月の今につながっています。


運命を左右したその時のちゅらかーぎー(美女)と
三線ブースで再会してびっくり。

なんと、広島支部長さんだったです。


2年前、広島からはるばる松江に指導を受けに来られていたのね~。

やっぱ、屋良お家元、すごいです


この日は初日ということで、生放送のテレビ番組に沖縄物産展が紹介されるところ。

お家元と広島支部長、カチャーシーで盛り上げます!

生放送

わーい。
初日から楽しーい。

生放送2

沖縄に来たみたいですー。


お家元は屋良三線店ブースで多数の三線を販売されているのですが、
無料体験コーナーがあり、

お客様がおられない間は、広島支部長さんについて一緒に手ほどき受けまくりという贅沢さ。


海月は楽譜(工工四・くんくんしーと言います)ほぼわかんないから
お家元と広島支部長さんが弾くのをひたすら見て覚える!


初日に教わった曲目の覚え書き
 ↓
西武門節(にしんじょうぶし)
ナークニー
浜千鳥
梅の香り
富原ナークニー
童神(わらびがみ)
三絃ぬ黄金心(くがにぐくる)
ハンタ原
アッチャメー小(ぐゎー)
海ヤカラ
白保節


1曲目は『蝶々』だったのに、なんだ、このいきなりの展開は!!
お家元、めちゃ飛ばしてます。


曲のさわりの部分だけですが、それでも難しすぎて、
脳みそは沸騰。
両手はしびれるような痛みで、

「湿布はないのか、湿布は!」

無料体験、むちゃくちゃハードです。


先輩お弟子さんたちはスカイプで講義を受けておられるけど

海月はアパート生活で楽器の音が出せないのと、
電子音はうまく聴き分けられないのが理由で

スカイプ受けられません。


生で聴けるこんな機会に
みっちり教えていただかないと!


てなわけで、
海月、鼻息も荒く、4泊5日でございます。

沖縄と与那国島以外の場所にこんなに滞在するのは初めてではないのかな?


物産展開催店の福屋さんまで
歩いて日参できる立地のビジネスホテルを予約しております。


今日の夕ご飯は、

おっ。
ねこばす氏が、ホテルから歩いて数分のところに『 刀削麺荘 唐家 広島駅北口店』さんを見つけてくれました。


刀削麺専門店なんて地元にはないから、
しゅっしゅするとこ、是非見てみたい。


玄関を入って正面に、食い倒れ人形みたいなヒトが置いてあるなと思ったら、
なんと、注文を受けたとたん、そのお人形がガッコンガッコン動き始めました。

刀削麺の職人さん

打った麺の塊をまな板に載せたやつを、生きている店員のお姉さんがお人形の左手にセット。


このお人形、上半身しかありません。
ロボットだったのか~。


ロボットくんがリズミカルに麺を削り、目の前でグラグラ沸き立っているでっかいお釜にしゅっしゅと飛ばします。

生きている店員のお姉さんが、麺が飛び散らないように大きな網でキャッチしてお釜に落とし、
茹ったら掬う。


素晴らしいチームプレーです。

さすが、カープの街だねえ。


ほどなく運ばれてきた、見るからにおいしそうな

海月は担々刀削麺。

初刀削麺

ねこばす氏は麻辣刀削麺&卵かけ肉そぼろごはん。

卵かけご飯は玉子別。

このぴろぴろな幅広麺、ハマりますね。

つるつるりん。

坦々も麻辣も、
それぞれ、辛さとしびれ感が病みつきな感じでした。

大満足。


あとは、ホテルに帰って、
両手に湿布貼って

…爆睡。


初日が終わりました。


チェックインしてみたら、お部屋は、
真ん中が屋上まで吹き抜けになっている建物の13階。


すんごい風圧で、
非力な海月は部屋のドアを開けるのにその都度体当たりですが、

が、ガンバリマス!

関連記事
スポンサーサイト

柳井そぞろ歩き。

山口県の柳井、白壁土蔵群をちょっこら散策してみました。

柳井おさんぽ


そうそう、この金魚ちゃんたちを見たかったのです。

金魚ちゃん

カワイーとわくわく眺めてたら

あっ。

金魚のおやぶん居ました。

金魚のオヤブン


ねこさんも愛されている。

ケダマの会


いい表情です。

柳井ねこさん


通り過ぎる中学生たちからは
ふんだんに「こんにちは!」のシャワーを浴びせてもらい
なんて気持ちがよいのでしょう。

さわやかな学生さん


ええ、ええ。
とにかく入りたいですけど、
あら、もう閉店ですの?

閉店時間なのが惜しい


どこもかしこも味わい深い。

お醤油屋さん


夕焼け空と石畳。

柳井夕暮れ


いろんな方が愛しておられるのですね、この街並み。

かにさん注意


また来たいです。柳井。

いい感じのトタン
関連記事

キャリーリーさんのライブに行ってきました。

ここんとこ、音楽をふんだんに浴びる、贅沢な日々を過ごしています。


何度かお世話になっているレストランキャリーリーさん、
毎週、金曜日がライブの日。

キャリーリーさん


4月14日のライブ、行ってまいりました。


海月はゴハン済ませちゃったけど、
ねこばす氏、こちらのお気に入りは

キャリーリーサービス定食830円。

サービス定食&サラダ&ポテト

ワンディッシュにハンバーグ・唐揚げ・コロッケ・サラダ載って、ごはんとお味噌汁つき。


今日は、フライポテト300円ときのこサラダ750円も注文してますよ。

宝くじでも当たったかな?


今夜はブルース三昧。
一部もブルースバンドさんですって。


海月は知らない曲ばっかりですが、
ブルース、雰囲気が好きなんだな、きっと。

普段は飲まないビール、注文したくなっちゃいますねー。

キャットフィッシュさん1

キャットフィッシュさん2


二部。

昨年の夏に初めて聴いて心が震えた
『キャリーリーブラザーズ』さん。

レストラン キャリー・リーさんの社長さんと専務さんのバンドだそうです。


コッテコテな感じの人間臭さに
心臓わしづかみにされ、
海月、骨抜きに(元々ないけど)。


こちらでライブされていると聞いて以来、
楽しみにしていて
やっと日にちが合ったので

4月のスケジュールにガッツリ組み込んでおりました。


はじまりましたね。


あー。

これですのよ、これですのよっ。

キャリーリーブラザーズさん1

キャリーリーブラザーズさん2

感極まってぼろぼろ涙が出るので、
海月、マスク必携です。


日本語の歌詞もあったりして、
でも、わかんない外国語でも、

なんだかストレートに思いを受けとめれた気持ちになるのです。


いーなー。
こんなソウルフルに歌えたらいいなー。


演奏も、
ギターもドラムもハーモニカも
とにかくカッコイイのです。


奏法とか音色とかよくわかりませんが

音数少なく、
一音一音が肌に触れる空気に変わるんじゃないかと思えて
もうたまらん感じに好き。


はうー。
満足な夜でした。


今月のご出演は19日ですね。
 ↓
キャリーリーさん5月のライブ


翌日の茶和さんライブ、
海月、感涙しすぎて鼻の皮ズル剥けで弾いているかもしれません…。

関連記事

ないちゃーれきおーず、活動のご案内。

先月に引き続き、
『おくたにくらぶ 茶和 tea Live』 part2 ‼

今月もおくたにくらぶを聴こう!

●日時 :5月20日(土)15時〜17時

●場所:カフェダイニング茶和(さわ)
  茶和さん情報、こちら♫
  鳥取県 米子市 両三柳 58-3

ないちゃーれきおーず、カフェダイニング茶和さんの今月のライブにも出していただくことになりました。
ありがとうございます!

逆光ブラボー


さっ。練習いたしませんと!


今度は何を注文させていただこうかな~と、そっちの方にもワクワクです(゚∀゚)

関連記事

ないちゃーれきおーず、押しかけ無理やりライブ IN 柳井。 

山口県柳井市柳井にあるアンティークショップ、『うたちゃんの店 スタジオT's』。


お店とお人柄が大好きになって
blog、よくお邪魔させていただいてます。


昨年から、
「陶芸家 三浦圭司・アリサ 夫妻のヒヅミ峠舎ー取っ手もいい展ー」
をやるよと伺っていて

行きたくてもじもじしてたら
ねこばす氏が、朝、お電話くれて、「これから行けそう?」って!

わーい。


突撃訪問しちゃいました。


アパートを10時前に出発し、

道の駅で、届きそうな高さにツバメを眺めて。

燕さん

そろそろブランチにしましょーねー。


…『ブランチ』はかばん語って、
なんで「かばん語」っていうのかなと思ったら、

鏡の国のアリスのハンプティ・ダンプティのせりふの
「slithyという言葉は、滑らか(lithe)で粘っこい(slimy)ことだ。2つの意味が1つの言葉に詰め込まれたこの言葉は『旅行かばん(portmanteau)』のようだろう」が始まりだって!


へええ。
世の中、知らん事ばっかりです。


それはそうとして、

道の駅で、
広島の地酒コーナーに食いついていたら、
地元の女性が、「これ、美味しいですよ。わたしはいつもこれ」って、勧めていただいた生熊酒造の『超群』。

そりゃー。
…早速お味見しませんと。

超群と尾道ラ―メンセットと山菜の天ぷらとおにぎりと漬物と。

アスパラガスの天ぷら、高菜のおむすびを買って、
サービスエリアの食堂で尾道ラーメンセット。


『超群』、合う合う(笑)。


お庭にあるヤマメのお家、覗いてみました。

海月、落ちそうに見えますが、浅いです、たぶん。

こんにちは やまめさんたくさん

おいしそうだなあ。


ナビを設定してなかったもんだから、インターチェンジを間違えたりしながら、そんでも山口に入り、
着かなければ、それはそれでドライブだ―いと思ってましたが、

どうやら、無事到着しましたよ。


うたちゃんさんが笑顔で迎えてくださいました。

途中、ブログコメントにカタコトで「今向かってます」と投稿したの、気づいてくださっていたみたい。


お目当てのヒヅミ峠舎さんの作品たち。
うたちゃんさんのblogから画像拝借しました。

ヒヅミさん1

沖縄の青い海と白い砂が見えるよう。

ヒヅミさん2

ヒヅミさん3

はああ。
なんとも落ち着く空間です。


常設展はワクワクのアンティーク揃いで
ウカツ屋さんのため壊れ物には近づきたくないねこばす氏も、ついつい夢中に。

店内物色中


コーヒーのいい香りで満たされて。

淹れたてコーヒーいただきました


実は、以前、個展開催中にライブを、なんてお話をいただいていたのですが

駐車場が足りないこととかで、計画止まりにしてもらったことを、
申し訳なく思ってくださっていて


そんじゃ、うたちゃんさんだけでも聞いていただけたらうれしいへん?ってことで、
丁度、お客様が途切れた間を狙って

楽器を持ち込んで演奏させていただいたのです。


そんときのこと、『うたちゃんのお店』さんでも記事にしてくださってます。
 →うたちゃんのお店の乱入事件記事こちら。

わたしたちの写真、身元を隠すために遠慮がちにひいてある横線が、怪しい味を添えてくれてますね~。
 ↓
うたちゃんのお店にて

 ダニーボーイ、涙そうそう
 ネーネーズのウムカジ(面影)
 悲しくてやりきれない
 沖縄民謡の海のちんぼーら、赤山、ヒヤミカチ節
 宮古島民謡の 豊年のあやぐ

無理やり聞いていただきましたっ。<(`^´)>


さすが、山口、暑いぐらいの気温で、
冷たいお茶でクールダウン。

うずまきつきのグラス

このグラスも、かわいー。


ちきんくんのお誕生日プレゼントを探すつもりでして、
ピッタリの作品をみつけました。

蓋つきカップと、取っ手付きカップ

トリさんは、なんでもちきんくんに似ているように思うけど、
 
ちきんくん1 

このポチについているお顔も、とってもソックリ。

ちきんくん2 ちきん本人です

一目惚れ購入です。

気に入ってくれるかな。


うたちゃんのお店さん、居心地良すぎて
いっぱいお話しして
あっと言う間に時間が過ぎちゃって、
閉店まで居座っちゃってごめんなさい。


ミニログ店から御主人も帰ってこられ、

ブログで拝見するお顔が並んで、
不思議な感動を覚えました!


夕方の柳井を、少し市内観光をしてから帰路へ。

23時頃、高速を降りて、松江市の来○亭さんで、夕食もラーメン(笑)

旨辛麺 カキフライセットと梅干しと

日付が変わる頃にアパートに帰還しました。


楽しい一日すぎて、書ききれないので、
続きはまた後日。


うたちゃんさん、ありがとうございましたー

関連記事

ないちゃーれきおーず、『おくたにくらぶ 茶和 tea Live』に出していただきました。

こんにちは。ねこばすです。

見合い写真

海月がガチャガチャでとってきた、こんなもんをつけさせられていますが
わりと嫌いじゃありません。

ええ、むしろ好きな方。


でも、あと、ニャンコの耳とワンコの耳があったから取りに行こうよと言われても、
まあ、このウサギさんでも似合ってるから充分かなって。





4月22日、茶和さんでライブをさせていただきました。

海月の同級生、奥谷君に誘ってもらってね。


ライブのご案内をさせていただいた方も、
お店の常連さんも、
暖かい表情で耳を傾けてくださって

楽しかったです。


お客さまにいただいた写真なんですけど、
この、逆光の年齢詐称可能なソフトフォーカスに
海月がもう喜んで喜んで。
  ↓
安心のソフトフォーカス


終わった後は美味しいキーマカレーをいただきました。
アーモンドのスライスがお洒落でしょう?

キーマカレー


このかりゆし、LLサイズでブカブカだったから
着たことなかったんスけど

キーマカレーできめる

オレ、妙に似合うようになっちゃって。


海月が、
「ちょうどいい!ねこばすさん、おっきくなったね」
って。


おっきくなった言うな!
人間はちっちゃいままなんだから


さて、ないちゃーれきおーずのあとは、
メインアクトの『おくたにくらぶ』。

おくたにく・ラブ

浜省ファンだから、
昔のコアな曲を演奏してました。


バンド曲をアコギ一本用にうまいことアレンジしてるなあと、
思わず感動。


パーカッションは、てーげーなんくるないさーずのリーダーのフジ―君です。

いいコンビだ。


同じく浜田省吾ファンの海月、
目をキラキラさせて観てますけど、

ちょっとおかしいだないかや?

うっとりの図

浜省ステキー ←間違ってるよね。


注文した和風パフェ、こんなに美味しそうなのに
早く食べんと溶けてしまうがな。

和風パフェ


奥谷君、今回も可愛い女の子ボーカルをゲストに招いていて、
今時な曲もやってて、守備範囲広いね。

ゲストちゃん


遅れて駆けつけてくれたちきんくん、
今日はお茶会らしくって、着物姿が華やかである。

父兄参観のよう


お約束の記念撮影。

マネージャーと記念撮影


奥谷君、茶和さん、ちきんくん、お客様、ありがとうございました。

またよろしくお願いしますね。

(※記録:ねこばす氏になりすまし海月でしたー)
関連記事

『星降る夜の魔法〜えんとつ町のプペル読み聞かせと音楽会』、楽しかったです。

4月、ある日。


島根県横田町のショッピングセンター蔵市で、
見慣れないお刺身を発見しました。


「さんのじ」って書いてある。

さんのじってなんだ?


お魚図鑑で調べたら

「ニザダイ。徳島県海部郡海陽町の宍喰漁業協同組合で、漁師さんの奥さんは、酢みそ・洗いにして食べる。」とあった。

味の評価は、「まずくはない」の★ふたつ。


ほえー。
まずくはないって、どんなだろう。


サバのお刺身と一緒に買いました。

鯖とニザダイ


海月嫁ぎ先でもらったナバナをレンチンして、
早速、宴会です。

ナバナ&蔵市お惣菜


サバは捌きたて。
脂がのってぷりぷり食感。


さあ、さんのじは、
あっ。
淡泊で歯ごたえがあって、わりと好みです。


こんなお魚には、わさびでなくて、この1瓶。

アイラブ与那国

冷凍保存していた秘蔵の練り香辛料、『海風響(いすん)のさんすの葉』を引っ張り出す。

岩山椒と島とうがらしに、塩・酢・泡盛が入って独特の辛さと香りデス。


大事にちょびちょび楽しんでおりましたが、さすがに底をつきました。

また行きたいなあ、与那国。


また買いたいなあ、海風響のさんすの葉。





さて、翌4月8日のことです。


【星降る夜の魔法〜えんとつ町のプペル読み聞かせと音楽会〜】に行ってきました。

【星降る夜の魔法〜えんとつ町のプペル読み聞かせと音楽会〜】


じっとり汗ばむほどの暖かさで、野外のイベント、最高ですね。

このぶんだと、一気に桜が開花しそう。


米子市公会堂、たくさんの家族連れさんでにぎわってました。


あっ。もう始まってる。

芝生広場音楽会


芝生広場でくつろぎ、
ビールを飲みながら、ご飯食べながら、音楽が楽しめるという企画のようです。


アノアとペロさん

『アノアとペロ』さん。

シンプルなのに、こんなウキウキな音楽。
海月、大好きですよ。

YouTube見つけちゃった。
 ↓



続いて、こちらはウミネコ楽団さん。

ウミネコ楽団さん

昨年の亡夫ぢいの命日に、 『プラネタリウムコンサートウミネコ楽団・秋の星座と音語り』 を聴きに行ってから、海月、ファンです。


この楽器、バンドネオンだと思ってたら、「クロマチック(ボタン式)アコーディオン」って書いてあった。

何がどう違うのかわかんないけど、どっちも好きだから構いませんです。


でっかいコントラバスとの組み合わせがノスタルジックでたまりません。




イベント教えてくれた湯島さん、ありがとーございます

音響は湯島さん


こんだけでも充分満足なんですけど、

引き続き、夜公演は、公会堂の大ホールで。


・ハッチハッチェルオーケストラさん
・踊ろうマチルダさん
・絵本「えんとつ町のプペル」作者のにしのあきひろさんによる読み聞かせ

がありました。


ハッチハッチェルオーケストラさん。
場内一体感がものすごく面白い!

海月は聴くの2回目ですが、
頭に残るフレーズが多いので、
自然に擦り込まれて、つい歌っちゃうインパクトの強さです。


踊ろうマチルダさん。
アイルランドやスコットランドを想わせる作風が好き。

しゃがれた声で絶叫する感じの歌声に惹かれて、カーステでよく聴きます。


コンサートに行った記念と、歌詞が知りたいからCDは買うけれど、
やっぱ、音楽は生で聴きたい海月です。


そして、最後はにしのあきひろさんの読み聞かせ。

この作家さんの絵本は、
ほとんどの作品が悲しくて泣いちゃうので
海月はなかなか手に取れませんが、
絵の中に入り込んでしまいたくなる不思議空間は大好きです。


記念品で、ファイルの全員プレゼントもありましたよ。
へへへ。
大事に使わせていただこう。


米子にこんなに人がいるの?ってぐらい、公会堂の中はぎゅうぎゅうでした。

来場者数 1000人以上だったそうです!


こんなに素敵なイベントがあるなんて、米子ってすごいなって、嬉しくなった海月でありました~


関連記事

4月2日は、87回大山口農具市でした。

てーげーなんくるないさーず、昨年に引き続き、
鳥取県西伯郡大山町、大山口駅前の農具市に出演させていただきました。

大山口駅前

会場のJR大山口駅前広場。

去年は丁度桜が満開で、
大風で桜の花びらが舞い飛び、
スカートめくれまくりの中でのイベントでしたが、

今年はまだつぼみ。


屋台準備

屋台もぼつぼつ開店です。


なんくるのボーカル・夏川ロミ姫の次女、代表して唐揚げいただきまーす。

唐揚げいただきます

楽屋に準備していただいている、大山口名物の『木の根まんじゅう』、好評につき、次々と消えていきますね。

名物木の根饅頭


今年も、ヤングの踊りありーの

農具市1

地元各所で人気のゴスペルありーの。

ゴスペルオーブさん


こちらの幼児さん、お父さんのスタイルでしょうか、
喫煙ポーズ、様になってますね。

喫煙ポーズが妙にきまっている幼児


夏川ロミ姫次女、満腹につき、まったりする。

寛ぐ学童


てーげーなんくるないさーず、始まりました。

大山口農具市


今回、ギターのクラミ氏、太鼓に挑戦。
ダブルパーカッションは、近年のてーげーなんくるでは珍しいへん?

豊年太鼓


曲目は

①沖縄ジントヨー
②豊年太鼓
③涙そうそう
④島人ぬ宝
⑤ハイサイおじさん

農具市2
農具市3


リーダーのオジーフジー氏、何年も眠っていたジャンベを最近引っ張り出してたのですが、
なんと、本番開始直後に皮が破れるという悲劇が…。


そんな内輪のパニックや、
なんでかわからないノイズが出るハプニングに、
その都度対応していただいた音響さん。

今年も大感謝です。

音響さんありがとうございました


春休みの宿題が終わってやってきた、夏川ロミ姫長女の髪に、
おや?
なにか、くくりつけられていますよ。

ン?なんだ?

しがみついているあざらしさん

毛糸のぽんぽんで作ったあざらしさんが、
必死でしがみついていて可愛かったデス。


大山口農具市、午後からは歌と舞踊のショーもあったようでございます。


お天気にも恵まれ、温かい方たちに囲まれての、佳き春の一日でした。
関連記事

ないちゃーれきおーず、ジュプン・サリさんで演奏させていただきました。

ジュプン・サリさんのライブ前日の桜並木と夕日。

夕暮れ


ないちゃーれきおーずメンバー3名全員揃っての、2回目の練習と選曲会議であります。

前日の選曲会議



予定曲の覚書。

 風のどなん
 夏至南風
 ひやみかち節
 海のちんぼーら~赤山
 童神
 花
 豊年のあやぐ
 満月の夕
 東の渡
 来夏世
 涙そうそう
 ふなやれ

予備曲
 乾杯さびら~ありがとう
 イラヨイ月夜浜
 安里屋ユンタ~新安里屋ユンタ





当日は、

あららっ。
止む間がない感じの雨でございます。


今日は満月。
ピンクムーン。


冬が過ぎて暖かい4月にはきれいな花々が咲き乱れるように、
4月の満月を、花の色に因んでこう呼ぶそうで、
見ると幸せになると言われているそうですが、
見られるかなあ。


Jepun Sari&RUANGさんに到着すると、
お店の中はツーリン・チャンさんのアートの販売展示作品がずらーり。

ツーリンさんの作品ずらり


おいしいものたちもずらーり。

モンジュイエさんのクッキーや、よしぱんさんのパン

・島根県松江市のSweets Labo ごくらく亭さん
・鳥取県西伯郡大山町のよしぱんさん
・モンジュイエさん
のブースに目を奪われつつ

ごくらく亭さんのスペシャルなドリンクで、
小心者の海月もリラックス~。

創作シロップのドリンク


オリエンタルteaソーダ割と、さちのかイチゴソーダ

左が海月。『オリエンタルティーのソーダ割』
右は、ねこばす氏の『さちのかイチゴソーダ』です。

さわやかでおいしゅうございました。


ウオッカレモンソーダなんて心躍るメニューもありましたが、
こりゃ、演奏しないときにガンガンいきたいところでございます。


バリニーズ・スパ☆エステのジュプン・サリさん、
予告の
『おてごろマッサージ ¥1000マッサージ ¥2000 フェイシャル』の一文に
おばァな海月は関心大。


オイルマッサージって、
それなりな対象物にも
それなりに効果あるんかな。


こんな海月でも、もしかすると
細かい画素数に対応できるお肌になるんかな。


順番を待っておられるお客様、何人かいらっしゃいました。


船田真里さんのメヘンディアート(ヘナタトゥー)を受けられる方もおられるのかも。

くらげマーク入れてもらえないか、今度、きいてみようかなあ。


メヘンディアート&オイルマッサージ、
いつか、体験記をアップできちゃう日が来るといいですね~。





さて、19時からライブスタートでございます。

ギターリペアの湯島自動車さんが音響を担当してくださっているので、心強い!


後半には、海月のお守り兼マネージャーのちきんくんも到着し、
写真撮ってくれてました。

ジュプン・サリさんにて


背中にしていたからわからなかったけど、
正面のピンクのアート、いいですね。


こんなおされな空間にあがってしまっていたねこばす氏が、いつになく寡黙で、
1部はサクサク進んだのですが、

オーナーのtaeさんからの勧めに気が大きくなり、
2部に入ったら、語る語る。


感激のアンコールとリクエストまでいただき、

こんなノリノリのお客様に支えられて

踊ってくださっているお客様方

アジアンテイスト満載


ライブ終了は22時近かったのではないでしょうか。


でーじ楽しかったです。


お片付けのあとは、
海月はお買い物。


モンジュイエさんのかわいいクッキーと

ぢいのお供えに、よしぱんさんのパン2種

ごくらく亭さんの
完熟バナナケーキ・さちのかイチゴのケーキ・チョコレートブラウニー。


でへへへ。
おやつに当分困りません。


そして、ツーリン・チャンさんの本格アジアンエスニック晩ごはん。

一日限定の『Cafe COCO TEA』コーナーです。


タイ、インドネシア、台湾、ベトナムのお料理がずらーり。


ツーリン・チャン(Chuling Chang ) さんの晩ごはん


海月は、
タイのスープ、トムカーガイと
台湾の生春巻き。

ツーリン・チャンさんのトムカーガイと春巻き


はあ。
めちゃめちゃ幸せです。

気を失いそうにおいしい


Jepun Di Warung(ジュプン・デ・ワルン)、「衣食住」はつながってるから、みんなで楽しい時間を過ごしたいってテーマのイベントだとか。


ほんとに、やさしい、たのしい、おいしい時間をすごさせていただきました。


ピンクムーンは見られなかったけど、
雲の上にはピンクムーンあるんだもんね。


幸せな1日をありがとうございました。


…あっ。
しまった。


雑貨コーナーのかわいいねこさんの置物を狙っていたのに。

売れてしまわないうちに、また伺わなくてはッ。

関連記事

サングァチサンニチ(3月3日)浜下り。今年は皆生(かいけ)海岸に行きました。

3月30日(木)のことです。


この日は旧暦の3月3日サングァチサンニチにあたるので、
浜下りにでかけました。

ひな祭りに相当する沖縄の年中行事、「浜下り(はまうり)」。

奄美大島、徳之島、沖縄本島ではハマウリ、ハマオリ。
宮古諸島ではサニツ。
八重山諸島ではサニズというそうで。

浜に下りて手足を海水にひたして身を清めます。


ある娘さんが、人間に化けたアカマター(赤斑の蛇)の子供を宿し、
海に飛び込んで身を清めて、子供を流したという昔話が由来だそうで


ナイチャーでおばァの海月には
無縁なお話なんですけど。


やっぱ、毎年のお楽しみイベントですし。


旧暦の3月3日は
干満の差が最も大きい大潮になり、干潮時には沖まで遠浅になるから
魚貝類や海草を採って一日遊ぶのですが、


宮古島の八重干瀬(ヤビジ)なんか、
春から夏にかけての大潮の低潮時には島のようになる、広い礁があって
幻の大陸として観光名所にもなってますよね。


宮古島にある池間島の北に位置し、
南北約17km、東西約6.5kmにわたって広がるサンゴ礁群、八重干瀬(ヤビジ)。

一度は行ってみたいなあ。


皆生海岸

さて、皆生(かいけ)海岸は、
海月が向かった時刻は、ほぼ満潮のようでしたね。


山陰の3月ですから、
水着の上にフリース着てますが
当然、鳥肌立ってます。


寒っ。


でも、晴れ間が広がってきて、気持ちいい。


海月式のみそぎは

海にお酒を注いでお供えした後、
先日いただいた『フレシネ・コルドン・ネグロ・カヴァ・ブリュット・セレクシオン』の登場です!

カバ。これだね!

…長い名前、苦手だから、
「黒帯カバさん」でいいへん?


じゃん。

青空へ乾杯


やっぱ、いつもの業務スーパーの¥348だかのスパークリングと違って、
まーさっさー(おいしーねー)。

しゅわしゅわー。


波を被って濡れたパンツが乾くまで
宴会といきますか。


肴も、おされに輸入物でやんすよ。

インドネシアの『ミックスド ルーツ ポテトチップス』。

つまみのポテトチップス

サツマイモ、紅芋、タロイモの3種類のお芋さんなので、
カラフルですね。

3色ポテチ

がぶかぶ。
ばりばり。
あはははー


ハイテンショーン。

ごちそうさまでした。

ひっく。


※飲酒後の遊泳における事故が後を絶たちません。
注意事項を守って海水浴を楽しみましょう!

アルコールは平衡感覚や運動神経系の機能を低下させますからね。


浜遊び

実母お手製肉まんにかぶりつくの図。


「今年は皆生で浜下りしよう」と思ったのは
皆生温泉の温泉旅館のblogにこんなことが書いてあるのを発見したからで。

  ↓

あまり知られていませんが、
皆生温泉には古来から「ヨミガエリ」の地としての伝説があります。
「その昔、出雲の稲佐(いなさ)の浜から泡となって流れ出た魂たちが、海岸に流れ着き、新しい身体と心がよみがえり皆、生まれ変わったことから、当地を〝皆生〟と呼ぶようになった」



ええ、全く知らなかったので、びっくりです!


皆生の波打ち際に水鳥さんが大勢浮いていることにも、びっくりです!

水鳥海水浴


更に読み進む。



古代出雲神話に出てくる国引きの際に、東の綱とされたのがこの弓ケ浜。
その昔は「夜見(ヨミ)が浜」と言われていました。
砂州が陸続きになる前は島であったとされ、『出雲国風土記』には「夜見嶋」と出ています。
そしてこの夜見の地名は「米子市夜見町」として現在まで残っています。

また、稲佐の浜から島根半島を通って美保湾までは対馬海流が流れています。
浜から海流に乗ると夜見が浜へ流れ着くというのは、しごく自然な現象です。

魂が泡となって流れ着き、「夜見」の地で生まれ変わる、
つまりこの地で「ヨミガエリ」、皆(ミナ)生まれかわったという伝承は地理的にも頷けます。

ヨミの意味は語源由来辞典によれば、(現在では古代中国思想の『死者が行く地下の世界を指す「地下の泉」の意味で「黄泉(こうせん)」の字義が使われていますが)日本では大和言葉の「ヨミ」を「ヨモツクニ(よみのくにの意」と言いました。
「ヨモ(よみ)」の語源には、「ヨミ(夜見)」から夜見る夢の意味があったり、「ヤミ(闇)」の意味があります。また「ヨモ(四方)」の意味や「ヤマ(山)」など諸説あると言われてます。
あの世が地下にあるとするならば「黄泉」の字義が妥当ですが、「古事記」では雷神が登場し、地上にある世界のように評されていることから、「山」の説も考えられます。つまり「火の神岳大山の方角にある場所」をヨミと言い、それに夜見の文字があてられたのではないでしょうか。



なるほどなるほど~。

稲佐の浜は、出雲大社の西方1kmにある海岸ですが、
海月、前世は出雲人だったと聞かされていて


今の生を、
この弓ヶ浜にゆらゆら流れ着いて受けていることや、
亡夫ぢいがわたしに『くらげ』と名付けた理由として

なんとなく、自分のルーツを発見したような気分になっています。


これからも、ちょくちょく来てみようかな。皆生海岸。
関連記事

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ