活動のご案内

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!

ーーーーーーーーーー

音楽天国「祭」

日時:10月15日(日)        
 10:00〜18:30(時間訂正しました)  
会場:米子市文化ホール         
料金:無料ですが、整理券が必要ですので、当blogの拍手コメント欄にご一報くださいますか、もしくは   TEL 0859-21-1059(音楽天国さん) までお問合せ下さい         

ーーーーーーーーーー

CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHT

10月20日(金)
場所:キャリーリー弓ヶ浜公園店さん(米子市)
時間:
 20:00~ ないちゃーれきおーず
 21:00~ 三仏秋世さん 

テーブル大小,ソファー席,お座敷あり
駐車場無料
入場無料
ライブを聞きながら、オーダーお願いいたします。         

ーーーーーーーーーー

ないちゃーれきおーず、カフェビスコットさんライブ

2017年10月27日(金)
20時スタート
場所:Cafe&Bar BIS COTTO(カフェバー ビスコット)
鳥取県米子市道笑町1‐3BMEビルM2
(米子 AZTiC ラフズの中二階)
TEL 0859-31-2535

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

潤っております。

島球さんの誕生日に続いて
先日、海月も誕生日でして。


母から鯛のアラが届いたので、清汁にしました。


誕生日のタイのタイ
誕生日のタイ


タイのタイ、どこにあるか探せなかったとおっしゃっていた方々、
親切な画像発見しましたのでご参考に~。
  ↓
たいのたい1
(「ねっとで水族館」さんから拝借しました)

タイのタイ2
(「ねっとで水族館」さんから拝借しました)

今度お魚食べられるとき、宝さがししてみてくださいね


ぢいと海月の友人、はんちゃんの息子の源ちゃんが
お祝いのメッセージ写真送ってくれましたよ。

大きくなったねー。

お誕生日写真


お彼岸が近いので、
この日は、ねこばす氏が、島根県出雲市斐川町にあるお墓掃除を手伝ってくれまして。


お墓に着く前に、まずはトイレ休憩。

国道9号の道の駅『湯の川』がいつものマーキングポイントです。


おや?
道の駅の玄関前に、こんな出店が。

道の駅出店


ぼべばー。

なんともそそられる名前です。

ぼべばー?

海月の誕生日だということを知ったねこばす氏が
急に慌てふためいて
買ってくれました。


さっそくお味見。


べべ貝(笠貝)っていう、アワビのミニチュアみたいな貝の炊き込みおこわ入りのさつま揚げって感じでした。

甘めの味付けが、おやつにぴったり。

美味しい美味しい。


少ーし暑さが和らいだので、
駐車場の脇の足湯にでも、ちょいと入ってみますか。

道の駅 湯の川


この道の駅、出雲空港から最も近い温泉地「湯の川温泉」の入口にございますの。


あっつ!
んでも気持ちいい。

道の駅湯の川温泉足湯


地下1,200mから汲み上げた源泉をそのままかけ流しって書いてあります。


銅剣358本、銅鐸6個、銅矛16本がどどーんとかたまって発見された荒神谷遺跡が近いもんで、
腰かけた正面には、こんなレプリカが。

銅剣銅矛銅鐸


館内の売店やレストランには、
地元の『出西(しゅっさい)しょうが』を使ったお菓子やお料理など、
おいしそうなものが多種揃っていますが


アイス屋さんがあったので、

地酒『隠岐誉(おきほまれ)』の酒粕アイス買ってみました。


いざ。
隠岐誉酒粕アイスに挑む


あー。
祖母が買ってくれたタン切り飴みたいなのが、こんな味だったような。


甘さ控えめあっさりで美味しかったです。





お墓掃除が無事終わり


喉を潤しましょうかねって

ぶどうジュースが美味しい、あの場所へ。

ホラッ。こんな素晴らしい名前の建造物が目的地。
  ↓
ぶどうジュースでも飲もうか

島根県出雲市大社町菱根にある島根ワイナリーの
試飲即売館バッカスです。

  
島根ワイナリー試飲コーナー


島根ワインを無料試飲できますのよ。

確か、7種類だったか9種類だったか。

 ENMUSUBI の白 (辛口)
 ENMUSUBI ロゼ (甘い)
 ENMUSUBI 赤  (辛口)
 島根わいん 白 (甘ーい)
 島根わいん 赤 (甘ーい)

シャルドネと ソーヴィニヨン・ブランは、どっちかが辛めでしたが、ごっちゃになって忘れました。


アルコールの入っていないグレープドリンクの試飲もあり、
亡夫ぢいはこれが大好きでございましてね。


有料の試飲コーナーでは、さらに沢山の種類が並んでいるみたいだけど、
おしゃれっぽくて気後れするので、チャレンジしたことないです。


まあ、海月には、好きかそうでもないか以外は、味わいの違いなんてほとんどわかりませんし。


ねこばす氏が、「今日の記念のいっぽんはどれにする?」と言ってくれたので

試飲に試飲を重ね
重ねに重ね
確認の上、さらに確認
(どんだけ飲むの)


えんむすびの白(辛口)をプレゼントしてもらいましたあー

縁結白辛口


お酒をいただける機会に恵まれているの、なぜかしら?


なーんて思ってたら
翌日。


友人が訪ねてきてくれて、
またまたいただいちゃいましたよ。

もふもふと酒

もふもふなネコさんクッションと、泡盛2本!!


こりゃー
もし酔いつぶれても、このネコさんが包んで寝かしつけてくれるってことかな?


あっ。
久米仙減っているのが見える!


早速開封して飲んじゃったの、バレちゃいましたね

えへへ。
スポンサーサイト

夜も更けて。

まちなか音楽祭が22時半に解散となり。


山口県から遠路はるばるお越しくださったたけさんご夫妻に
お礼も言わずにお別れするのはあまりに残念。


善い子はとっくにおねむな時間だし、流石にマズいよなあと考えながらも
こんなチャンスは逃せません。

思い切ってお誘いしてしまいました。


米子駅前通りは、がいな祭のメインイベント会場になっていて、
二日間は封鎖されて歩行者天国です。


イベントの片付けをされている関係者さん以外にも、
まだけっこうたくさんの人出がありました。


アジア圏の団体旅行者さんらしい言葉があちこちで飛び交っていて

なんか、米子、観光地みたいだへん?とビックリ。


ねこばす氏と海月が
TEAMたけさん宿泊先のホテルに伺うと、
たけさん、ホテルの玄関外で待っていてくださいましたよ!


わーい。
再会できたー


奥様は、すでにスヨスヨ夢の中とのこと。

そりゃ、近場で軽くお話して、早めに解散いたしましょう。


…とは言いつつも


米子駅前通り、飲食店がずらりとならんでおりますのに
1日目のイベントが終了した時間が重なったのか

どこも満員御礼でございます。


ようやく入れた居酒屋さん。
店内


初めてのタブレット注文方式にびびりながらも
米子っぽいものをチョイスしてみましょう。


モサエビ。
もさえび

甘くて美味しいけど、
鮮度劣化が早いため県外への出荷は難しく、地元でしか味わえないエビちゃんです。


お刺身がなかったから
焼き物と揚げ物で。
モサエビさん


のどぐろ。
のどぐろ

やはりお刺身はなくて、一夜干しを注文。

小ぶりサイズ2匹でしたが、むっちりこってりジューシーですのよ。


いただき。
いただき

生米と生野菜を油揚げに詰めて
だし汁で炊いたもので、
鳥取西部に江戸時代からあるローカルめし。

特別な日にどっさり作って近所に振る舞われていたそうで、
海月の実家でも、遠足とかに持たせてもらってました。

今は、スーパーの巻き寿司とかのコーナーで、
年間を通して、フツーに手に入ります、たぶん。


白ネギ。
白ネギ畑

米子市から境港市にかけての弓ヶ浜を中心に栽培されている鳥取県の代表格のお野菜。


海月の母校は、鳥取県西部、弓ヶ浜半島のネギ畑の中にあるので、
『ネギ中』と呼ばれておりました!!


米子市のイメージキャラクター、ヨネギーズ。
ヨネギーズ

最近は、子供さんもご誕生のようで、おめでとうございます
最近のヨネギーズ


実際に戴いたお料理のお写真は、
たけさんのこちらの記事『おら、鳥取さ行ぐだ⑤・米子グルメ』にめちゃくちゃおいしそうに載ってますので、よろしくどうぞ。


そして、地酒。

トリップアドバイザーさんの画像情報
(トリップアドバイザーさんの画像お借りしました)


まず、松江、李白酒造の純米酒『やまたのおろち』。

続いて、米子、稲田酒造の大吟醸『稲田姫』。

お酒


東伯、大谷酒造の『鷹勇』の濁りが品切れで残念でございましたが、

楽しい会話と日本酒のマッチングは最高で

たけさんには日付が変わるまで付き合っていただくことに。


ホテルでひとりでお留守番していて、ふと目が覚めた奥様が
心細くなって泣いておられるのではと心配でしたが


後日のTEAMたけさんの記事

おら、鳥取さ行ぐだ⑥・ベタ踏み坂
おら、鳥取さ行ぐだ⑦・鳥取の人、文化 にて

翌日も観光を楽しんでくださったことや
米子でいい思い出をいっぱい作られたことを知り
安堵した次第でございます。


平素は全く意識してないくせに

ふるさとが褒められるのは
地元民としてうれしいものですね!


ないちゃーれきおーずのことも
ヒジョーによさげに記載してあり
恥ずかしすぎて居り場がない感じですが

めったにない記念なので、
貼り付けさせていただきました。
<(`^´)>エッヘン!!




お会いできた記念に、

ちょこっとした沖縄小物と

ないちゃーれきおーずで演奏している曲の内容がわかればと、
歌詞を押し付けちゃったのですが


今後は一緒に歌詞を口ずさんで下さるようで
でーじ(めっちゃ)楽しみです!!


海月が歌詞を入れているのとお揃シリーズのクリアファイルも使っていただけそうな気配で、

お揃が大好きな海月、
差し上げた者冥利に尽きますね。


そ、そしてなんと。


こんなお土産をいただいちゃったりなんかして。
なんとっ

山口県民さんが世界に誇る日本酒、獺祭!!


だっさいって、
かわうそのおまつり?
だっさい


旭酒造さんが醸している、『獺祭 磨き二割三分』という名酒でございました。→獺祭について

これがうわさの

お噂はかねがね。
初めてお目にかかります。

ウチなんかにお越しいただいちゃってスミマセン的な獺祭さん。


もったいな過ぎで、暫くは飾って楽しむつもりではありますが、


ここでコマーシャル入ります。


8月12日(土)

み~むし・夏の音楽祭2017
ライブのお知らせ


東京都台東区上野 サンプラザ上野ビルにて、熱い音楽イベント

こちらに、たけさん、初出演なさるとのことで

後日のご報告を楽しく読ませていただく時に

…早々と開封しちゃおうかなあ。



ブログのお友達が逢いに来てくださり大感激する、の巻。

平成29年の第44回がいな祭の、元町商店街イベント、『まちなか音楽祭』 は、
とても思い出深いものになりました。


なんと、blog帰ってきた「TEAMたけ」の日記の、
TEAMたけを構成するご夫妻が来てくださったのです!!


『帰ってきた「TEAMたけ」の日記』さんでは、
今、『おら、鳥取さ行ぐだ』シリーズが連載されてまして、
こちらでも、旬のうちにご紹介させていただかなくちゃ!


なんかね、海月のふるさと、こんなにいいところだったんだなって、しみじみ思い、
一日に何回も覗かせていただいてます。

じんわり幸せ。

うれしいですね。


2017まちなか音楽祭


ないちゃーれきおーず、『まちなか音楽祭』に参加させていただいたのですが、
TEAMたけさん、事前に会場の場所確認してまで駆けつけてくださって


観てください、このカッコイイ写真!!

たけさんの作品集より

カッチョ良く見えるリーダー

カッチョ良く見える海月

いつものポンコツぶりやインチキぶりを感じさせない、本格仕様。


遠近感とか、発色とか、生き生き感とか、
海月がとりあえずスマホパシャパシャやってんのとは、
まったく違う世界ですね。


これ、今度の年賀状に使わせていただけないかなあ。


上手そうに勘違いされるとマズイかなあ。




うちのブログだと、小ぶりサイズしか載せられないので、


ないちゃーれきおーずのカッコよさげな場面や、

がいな祭りの躍動感あふれる写真の数々を

ぜひ、『帰ってきた「TEAMたけ」の日記』さんで
本物サイズで観ていただきたいです。

勝手にリンク貼らせていただいちゃったよーん


今のところアップされているのが、
 ↓
おら、鳥取さ行ぐだ①・はじめに

おら、鳥取さ行ぐだ②・行くぜ!チョリス!米子市へ!

おら、鳥取さ行ぐだ③・ないちゃーれきおーず!

おら、鳥取さ行ぐだ④・万灯


まだ続きそうな気配ですよ~。

みなさん、ぜひ鳥取県の魅力を感じてください!!


そして、いま、この記事を張り付けさせていただくのに、
ついつい、訪問者の皆さまのコメントを盗み読みしてしまったのですが、


わが鳥取県について、いろんなお話で盛り上がっておられるってのが、
すっごいうれしいもんですね


海月の写真は、善意で7割増しぐらいに美調整してくださってますが、
これは、ドラマチックな演出技術による奇跡と思われます。


当の海月も、
たけさんの写真の魔力と、年齢詐称なイラストに思わず
「ちょっといけてんじゃね?」と錯覚もいたしましたが、

大丈夫、自分を見失ってはおりませんよ~。


ま、ねこばす氏に「ご夫妻が来られるから、張り切って、いつもより2ミリぐらい多めに引っ張ったんでしょ?」と言われましたが。


そうなんです。

顔の皮がたるんで邪魔なので、
ひっつめ髪にしてなるべく引っ張りあげるようにしてますが、

お陰で、ほどいた時の反動が大変だったわよ!ヽ(`Д´)ノ

放っといてよっ。 ヽ(`Д´)ノプンプン




それはそれとして。


ライブが始まる前、
「海月さん」と呼ばれたのか、視線を感じたのか、お人柄のオーラに引き寄せられたのか

ふと目を上げると、
なんと、数メートル先に、満面の笑みのご夫妻が。


一瞬でTEAMたけさんだとわかりました!

その時の、たけさんの再現イラスト。
  ↓
感動の出会い

やー。
もう、一瞬で我を忘れましたね。


暴走モードの海月の形相に
周囲のお客様は、何事かとビビられたと思いますが、

もう、そんなこと、どうでもよくなってました。


TEAMたけご夫妻、数日前に、米子に来られるという連絡をいただいて

すでにその時点で一度腰を抜かし終わってはいるのですが、


だってね、
パソコンの中に住んでいる人が、
実物サイズで目の前におられるわけですから。


そりゃもう、大コーフンですよ。


たけさんと

こんな写真なかったら、
きっと、今でも夢だったと思っているに違いない。


たけさん、夢のような時間、ありがとうございました。

もっともっといっぱいお話したかったのですが。




元町パティオ、夜になったらすごい人出になりまして


昼間、こんな感じだったのが
 ↓
パティオの昼


まっすぐ歩けない、この賑わい。

パティオの夜1

パティオの夜2


広場内の出店はずいぶん少なかったけど、
その分、サンロードのあちこちに屋台が点在して、
混雑しないようになってたみたいです。


たけさんのファインダーを通すとどんな色に変わるのか、
見てみたかったなあ。


今度お会いできるのいつかなあと思いつつ、

全然離れている気がしないのが、

やっぱり、blogの最大の魅力ですね。


楽しいひと時、最高でした!

TEAMたけさん、あらーぐふがらっさ(本当にありがとうございました!)

ないちゃーれきおーず、押しかけ無理やりライブ IN 柳井。 

山口県柳井市柳井にあるアンティークショップ、『うたちゃんの店 スタジオT's』。


お店とお人柄が大好きになって
blog、よくお邪魔させていただいてます。


昨年から、
「陶芸家 三浦圭司・アリサ 夫妻のヒヅミ峠舎ー取っ手もいい展ー」
をやるよと伺っていて

行きたくてもじもじしてたら
ねこばす氏が、朝、お電話くれて、「これから行けそう?」って!

わーい。


突撃訪問しちゃいました。


アパートを10時前に出発し、

道の駅で、届きそうな高さにツバメを眺めて。

燕さん

そろそろブランチにしましょーねー。


…『ブランチ』はかばん語って、
なんで「かばん語」っていうのかなと思ったら、

鏡の国のアリスのハンプティ・ダンプティのせりふの
「slithyという言葉は、滑らか(lithe)で粘っこい(slimy)ことだ。2つの意味が1つの言葉に詰め込まれたこの言葉は『旅行かばん(portmanteau)』のようだろう」が始まりだって!


へええ。
世の中、知らん事ばっかりです。


それはそうとして、

道の駅で、
広島の地酒コーナーに食いついていたら、
地元の女性が、「これ、美味しいですよ。わたしはいつもこれ」って、勧めていただいた生熊酒造の『超群』。

そりゃー。
…早速お味見しませんと。

超群と尾道ラ―メンセットと山菜の天ぷらとおにぎりと漬物と。

アスパラガスの天ぷら、高菜のおむすびを買って、
サービスエリアの食堂で尾道ラーメンセット。


『超群』、合う合う(笑)。


お庭にあるヤマメのお家、覗いてみました。

海月、落ちそうに見えますが、浅いです、たぶん。

こんにちは やまめさんたくさん

おいしそうだなあ。


ナビを設定してなかったもんだから、インターチェンジを間違えたりしながら、そんでも山口に入り、
着かなければ、それはそれでドライブだ―いと思ってましたが、

どうやら、無事到着しましたよ。


うたちゃんさんが笑顔で迎えてくださいました。

途中、ブログコメントにカタコトで「今向かってます」と投稿したの、気づいてくださっていたみたい。


お目当てのヒヅミ峠舎さんの作品たち。
うたちゃんさんのblogから画像拝借しました。

ヒヅミさん1

沖縄の青い海と白い砂が見えるよう。

ヒヅミさん2

ヒヅミさん3

はああ。
なんとも落ち着く空間です。


常設展はワクワクのアンティーク揃いで
ウカツ屋さんのため壊れ物には近づきたくないねこばす氏も、ついつい夢中に。

店内物色中


コーヒーのいい香りで満たされて。

淹れたてコーヒーいただきました


実は、以前、個展開催中にライブを、なんてお話をいただいていたのですが

駐車場が足りないこととかで、計画止まりにしてもらったことを、
申し訳なく思ってくださっていて


そんじゃ、うたちゃんさんだけでも聞いていただけたらうれしいへん?ってことで、
丁度、お客様が途切れた間を狙って

楽器を持ち込んで演奏させていただいたのです。


そんときのこと、『うたちゃんのお店』さんでも記事にしてくださってます。
 →うたちゃんのお店の乱入事件記事こちら。

わたしたちの写真、身元を隠すために遠慮がちにひいてある横線が、怪しい味を添えてくれてますね~。
 ↓
うたちゃんのお店にて

 ダニーボーイ、涙そうそう
 ネーネーズのウムカジ(面影)
 悲しくてやりきれない
 沖縄民謡の海のちんぼーら、赤山、ヒヤミカチ節
 宮古島民謡の 豊年のあやぐ

無理やり聞いていただきましたっ。<(`^´)>


さすが、山口、暑いぐらいの気温で、
冷たいお茶でクールダウン。

うずまきつきのグラス

このグラスも、かわいー。


ちきんくんのお誕生日プレゼントを探すつもりでして、
ピッタリの作品をみつけました。

蓋つきカップと、取っ手付きカップ

トリさんは、なんでもちきんくんに似ているように思うけど、
 
ちきんくん1 

このポチについているお顔も、とってもソックリ。

ちきんくん2 ちきん本人です

一目惚れ購入です。

気に入ってくれるかな。


うたちゃんのお店さん、居心地良すぎて
いっぱいお話しして
あっと言う間に時間が過ぎちゃって、
閉店まで居座っちゃってごめんなさい。


ミニログ店から御主人も帰ってこられ、

ブログで拝見するお顔が並んで、
不思議な感動を覚えました!


夕方の柳井を、少し市内観光をしてから帰路へ。

23時頃、高速を降りて、松江市の来○亭さんで、夕食もラーメン(笑)

旨辛麺 カキフライセットと梅干しと

日付が変わる頃にアパートに帰還しました。


楽しい一日すぎて、書ききれないので、
続きはまた後日。


うたちゃんさん、ありがとうございましたー

お宝ざっくざくで、沖縄中毒が再発です。

久々に青空

2月15日。
久々に爽やかな青空です。


一見、いつもの生活に戻っているようですが、
小路や日蔭には、まだまだ圧雪が残っていますよ。


野性の鳥さんや猫さんたち、エサが無くて大変でした。
あの大雪を無事に乗り切ってくれたでしょうか。


今日、大好きなブロガーさんから素敵な贈り物が届きました。


開封してみたら、中にはお宝がぎっしりなのですよ。


ワクワクが次々

寒い日の原状回復工事や野外作業にもばっちりな、あったか肌着。

ミノムシさんのおうちのようなちっちゃい靴下は、
キーホルダーに付けましょうか。

浪漫香るメモ帳、勿体なくて使えにゃい。


そして、何やら面白そうな吉田戦車さんの『逃避めし』。
  ↓
お料理上手になる♪

ねこばす氏のお得意レシピがさらに増えそうですが、

残りもののリサイクルメニューと「お料理未満食材以上」が守備範囲の海月にとっても、

日の丸そうめんとか
ナスひやむぎとか、

親近感が湧くメニューがいっぱい!


はあ。
お腹減ってきた


ティサージ3枚組

そして、ないちゃーれきおーず3人に一枚ずつって、ティサージも。


海月、ティサージ(手ぬぐい)愛好家で、常に2枚持っていないと落ち着かないのです。


テリア柄と、ドロボーさん柄と、壺の柄。

誰がどれにするーっ!?(≧▽≦)


ライブ衣装として使わせていただきましょう。


そして、極めつけはコレ!

琉球大学の関係者さんがお知り合いで、古本屋さんで見つけられたのを譲り受けたという、この写真集、
『むかし沖縄』。

お宝な写真集

もう。
素晴らしいです!


写真集というより、参考資料ですね。

興味深過ぎて、先に進めません。


これ持って沖縄旅行に行ったら、
現在の地図と照らし合わせるのに夢中で

時間がいくらあっても足りないかも。


明治・大正・昭和初期の、沖縄戦で焼失以前のむかしの沖縄の姿がぎっしり詰まっています。


あちこちの資料館でパネル展示されてるような写真が一冊にまとまっていて。

行事や風俗や風景の解説があり、
その場面に遭遇された回想なんかも書き添えてあって。


沖縄県で最も古い新聞会社さん編集で、
珍しい写真がいっぱいです。


資料館に来たみたい。


ねこばす氏が、目を輝かせながらパラパラめくって、
「スゴイ!あーっ。ダメだ、いま読んでしまったら仕事が手につかないよー」って苦悩しています。


こんなして、面白い本どんどん増えちゃって、
全部読んだら、
ないちゃーれきおーずライブは曲無しでねこばす氏のトークだけになるかもです。


やー。
これ持って、沖縄歴史再確認の旅に行ってみたいなあ。


愛情いっぱいの贈り物、ありがとうございました! 


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ