活動のご案内



『Jepun Sari(ジュプンサリ)』さんのイベント
Jepun Di Warung(ジュプン・デ・ワルン)のお知らせ

●日時 :4月11日(火)11時〜21時

●場所: Jepun Sari & RUANG
     米子市彦名町18-5

お店のホームページ。
  ↓
Jepun sari &RUANG さん

ないちゃーれきおーず、19時からの夜LIVEに出していただく予定です♫

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

いつか三人でないちゃーれきおーずが完全に始動する日を、なんとなーく目論んでおるわけであります。

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

Cafe&Bar BIS COTTO (ビスコット)さんでライブさせていただきました。

Cafe&Bar BIS COTTOさん、ありがとございました。


BIS COTTOマスターとパーカス横パパは、先日、イチローさんのライブに出演されたばかり。

イチローさんライブ

向かって左のイチローさんから並んで、

地元メンバーは

ボ―カルがBIS COTTOマスター
ドラムス 横パパ
ベース えーさくちゃん
ギター 湯島さん。

という、秀逸な組み合わせ。


普段バラバラに活動しているミュージシャンさんの
この素晴らしいチームが編成されるときには、

海月、何を置いても駆けつけたいのでした。




さて、ないちゃーれきおーずの耐久ライブ。

ビスコットさんありがとございました

お天気悪いのに
お越しくださったお客様方、ありがとうございました。


終了後、
観に来てくださった長持ち唄の先生に呑みに誘っていただき、
海月、コッテリ絞られて再起不能。


チョー楽しかったあとの自分への失望感で、失意の日々を送っとりましたが、


年末に先生からのお電話で

「この間はたのしかったねー。
えっ?私、なんか言った?何も覚えてない。酔っぱらいの言うことなんか忘れなさい」


先生、ゆるい…


てなわけで、やっと録画を確認する勇気が出たので、
遅くなりましたがライブの報告でございます。

豊年

うむかじ

海月はいつも通り、当日朝から緊張のためハイテンションで、
リハーサル途中にしてエネルギー切れ。

お客様のほうが耐久性に優れておられましたね!


ねこばす氏に「パドックで出走前から汗ダラダラかいて泡が出とるお馬さん状態だがな」と呆れられ。


ハイ、申し訳ないっす


菩薩様&ぢいを見上げて、無事に終了に漕ぎつけることを仏頼み。

お約束の菩薩様&ぢい

この紫の光、海月の付き添いのちきんくんにしか写せないから、
亡夫ってことになっとりますのよ。


東の渡 あーりのとう


語るのが大好きなねこばす氏。

語る

今回、海月が息絶え絶えで温存モードだったから
「邪魔されずに思う御分話せてよかったよ!」

そら、よござんしたね。


それぞれ初挑戦の曲は

ねこばす氏は多良間ションカネー。

多良間しょんかねー

海月は、富原ナークニー。

富原初演奏

これ、パーカス横パパが入ると、楽しすぎてトランス状態に(笑)


SAGAさん特製カリンバ『SAGAスぺ』に
今回、初使用の壺太鼓『はくしょん大魔王』

オーシャンドラムは海の中の柄だから『生簀』

楽器いろいろ

ティンフルートの名前は、素っ気なく『笛』。

かーちぱい

沖縄と関係ない楽器多いのが、ないちゃーれきおーずです。


パーカス横パパ、今回はジェンベだけしか写ってませんね。

満月


体力的に無理な曲はとばし、
定番曲を無事に済ませ、


赤山

ひやみかち節


お約束アンコールも頂いたりなどして

ありがと-


楽しい夜でした。


パーカス横パパとねこばす氏と一緒に
唄に色を差していくのは、とっても面白い。


それを気に入って「うちでライブやりない」と言ってくださる方がいて下さって

それを聴きに来てくださるお客様がいて。


海月は、ねこばす氏とパーカス横パパがとっても自慢です。


だから、二人の音楽を見せびらかしたいんだけど、
海月が足を引っ張っちゃって


今年の目標、決まりました。

「パドックで出走前から汗ダラダラかいて泡が出とるお馬さん状態からの脱却」


む、無理かなー。

スポンサーサイト

12月22日。ライブ目前だッ。

普段は、ジャスコ駐車場での車中練習。

こんなふうに、お空を眺めながら。

明日は雨かな

飛行機雲、大サービス。

飛行機雲、すぐに消えたら、
上空が乾燥しているため晴天続きで、

なかなか消えないのは雨が降るって。


明日は雨かなあ。





12月21日。

海月は、22日が冬至のつもりでおりましたら、
今年は21日だった!


練習帰りに、里芋を買いに行って間違いに気づき、
大慌てでトゥンジージューシー作りました。

冬至定食

間に合わないから、外国の洗い芋のパック。
便利だなあ。

外国にも里芋あるんだなあ。


沖縄の習慣で、
冬至に家族みんなでトゥンジージューシーを食べて、家族の健康を願うそうで、

海月は、毎年、それを真似っこして、
ぢいにお供えしているのです。


里芋や田芋が入ったトゥンジージューシー(冬至の炊き込みご飯)は、トロッとおいしい。

お芋さんには、子孫繁栄の意味も込められているそうで、
こりゃ関係なかったね(笑)


あんまり慌てて、
里芋と南瓜しか買えなかったのですが、
豚肉のストックがなくて、
あるものなんでも入れちゃいました。

むかご、竹輪、お揚げ、ひじきとニンジンとシイタケとレンコンの乾物に、小豆まで。


なんでもありって感じで、ごめんなさい





さてさて翌日。


今日23日がCafe&Bar BIS COTTO(カフェバー ビスコット) さんでのライブなので、
前夜は、パーカス横パパと3人揃っての、最初の練習でした。

曲決め

なんせ曲目多くて、
3時間では全曲練習しきれず。


以下、予定曲覚え書きでございます。

 夏至南風(かーちぱい)。
 生活の柄。
 満月の夕(まんげつのゆうべ)。
 東ぬ渡(あーりぬとぅ)。
 多良間ションカネー。
 イラヨイ月夜浜。
 豊年のあやぐ。
 涙そうそう。
 乾杯さびら ~ ありがとう。
 ふなやれ。
 ウムカジ(面影)。
 ヒヤミカチ節。
 海ぬちんぼーらー ~ 赤山。
 富原ナークニー。
 つんだら節 ~ 久場山越路節(くばやまくいつぃぶし)。
 風のどなん。


このうち、新曲は5曲。


今日初めて聴くパーカス横パパ。

一通り叩いてもらって、
「どれにします?」って聞いたら

「全部やりゃいいじゃーん」


笑。


…これ、全部やったら、
お客様、倒れちゃうだへん?


てなわけで、耐久ライブ、共に闘って下さる方、
お待ち申し上げております。
 ねこばす氏 パーカス横パパ 海月 より。



帰ってみたら、糸魚川市駅北大火のニュース。
心配です…

想定外にスペシャルラッキーな沖縄。

11月12日の吉栄会創立85周年記念公演を満喫し、

吉栄会さん

なぜか集合写真や打ち上げにまで混じらせていただく流れとなり、
「恐縮至極でございます」的立ち位置の、ないちゃーれきおーず。


お家元に、そろそろおいとまを…のご挨拶をいたしましたら、

「あんたら、いつまで居るの?
明後日帰る?
んじゃ、明日、いらっしゃい」


どひゃー。

お家元、休まれなくてよろしいので?


実は、ねこばす氏が今年新たに購入した中古三線、
いまいち音が好みでないので、
お家元に作り直しをお願いしていて、
この公演後からとりかかられるとばかり思っていたのですが、

「あの三線、もうできてるからさー」


またまた、どひゃー。

まじっすか。


わーい。
堂々と参上する理由がでけました。


翌日。
ルンルンなねこばす氏と海月は、高速バスで宜野座に向かいます。

着いた。


お家元、昨日まで連日ご多忙だったはずですが、
こんな立派な三線になりました~

じゃん!亀さん小

棹の根元に亀さんが付いているので、「かーみぐゎー(かめちゃん)三線」と呼んでます。


裏は響きが良いように


低音域から高音域まで鳴らないところなし!
詰まりの無い、気持ちのよい音に生まれ変わって
ねこばす氏、大喜びぃ


海月も、せっかくだから、早速その三線で、おけいこさせていただきました。


富原(とんばら)ナークニー、3回目のお稽古。


フレーズがなかなか覚えられないのですが、
この曲、原作の富原盛勇さんのリズムと節回しをベースにして
自分らしいアレンジを加えて良いらしいんです。


お家元演奏のCDと、頂いた楽譜とはちょっと違うし、
今回演奏された出演者さんの富原ナークニーも、
アレンジが加えてありました。


それにしても。

お家元の手元を拝見しても、
どうしても真似ができない。


爪(バチ)の扱いがひじょーに独特なんです。


この爪さばきで、
あの、柔軟な抑揚がついた淀みない流れと、
リズミカルなくびれ感が生まれるんか!

でーじカッコイイっす!


お家元 「かなしく弾くってわかる?」


沖縄の『かなしい』は、愛おしいってこと。

甘く、いつくしんで弾きなさいという意味なんだろう。


おんなじ曲でも、お家元が弾くと、タンゴみたいなうねりが生まれる。

あんなして弾けるといーなー。


屋良先生、家元なのに、形式にだわらない流派らしい。

ねこばす氏に
「あんた、ギター弾くんだから、ギターのテクニックをどんどん取り入れたらいいわけさ~」


三線は、毛遊び(もうあしび。原っぱでの婚活ダンパみたいな感じ)で技術を競って発展したもの。

演奏技術を継承したり、
即興や掛け合いをしながら新しい民謡が生まれていった。


弾き方自慢の男性はモテモテってわけでして。


お家元 「ただね、弾いてるとね、みんなカップルになっていなくなっちゃうわけ。
だから、目をつけた女の子はよ、着物の裾を踏んでおいて、弾いている間も逃がさないのね」


笑。


ご近所さんが届けてこられた 出来立てのサーターアンダーギーをご馳走になりながら
お稽古の前にあんだーぎー

揚げたてあんだーぎー

そんなゆんたく(おしゃべり)したり
緊張まみれで、普段のないちゃーれきおーずの持ち曲を聴いていただいたり

あっという間の二時間半。


吉栄会会員のみなさん、
内地の方はスカイプでお稽古をうけ、
沖縄在住のお弟子さんは、毎週通っておられるそうな。


海月は滅多に訪沖できないから、スカイプに関心あるけど

サーターアンダギーは画面から出てこんからね。


帰ってから、パソコンを開くと、ついつい沖縄本島の賃貸情報を検索してしまう海月なのでありました。



吉栄会創立85周年記念公演を観に行きました。

DSC_1586.jpg

DSC_1585.jpg

野村流古典音楽・屋良流沖縄民謡の吉栄会。

85周年記念公演パンフ


海月、入会したてのほやほやですが、
85周年記念公演を観に行きました。


入会した身とはいえ、滅多に習いに伺えないので、
こんな機会には、演奏を録画させていただいて、
技を盗むべし!
なんちゃって。


御挨拶に伺ったら、
「はいっ。
これ、ないちゃーれきおーずさんの。」て、おべんといただいちゃいました。

わーい。
くわっちーさびら(イタダキマース)。

スタッフおべんと


演奏会が始まりました。

演目

1,出演者全員による 祝節、固節、繁盛節

2,新人賞合格者による 
   安波節
   通い船

3,最高賞合格者による
   遊びションガネー節

4,準教師合格者による
   唄いましょう ふるさとの唄
   梅の香り

5,6つの研究所から
   屋嘉節
   果報節
   なりやまあやぐ
   楽しみましょう
   懐かしき故郷
   三絃の黄金心
   八重情節
   ママの子守唄
   富原ナークニー
   浜千鳥節
   津波節
   ナークニー・ハンタ原
   ヒヤミカチ節
   
そして、家元による
   屋嘉名クワディサー
   ユリテク語れあしば・天川節


海月は正面席に貼りついておりまして

全員分録画したかったのですが、
こんなに盛り沢山とは!


ビデオのバッテリーが持たないので、

自分が練習したいのだけに絞ります。


屋嘉節とか、すごく惹かれるんだけど、
これは、1945年の沖縄戦のあと、焼き払われた金武村屋嘉集落の跡地につくられた収容所で生まれた曲だから、
ないちゃーの海月には、歴史の重みが受け止められなくて、
まだまだ演奏なんてできませーん。

泣きながらじっと耳を傾ける。


家元が作曲された新民謡曲が多く、
YouTubeとかでは検索できないから、そういう選曲をメインに
ちゃっかり録画。


海月、こんな場で演奏を聴くのは初めてですが、
オリジナル曲が多いって、珍しいんではないのかな。


お家元の演奏を間近で拝見。

屋良先生

作ったばかりの曲の歌詞が覚えきれないってんで、譜面台を持って出てこられました。

先生!譜面台が邪魔で、お姿が見えませーん(涙)


先生の爪使いと音色の選び方、独特なんです。
今まで見た、どの演奏家さんとも違う気がする。

海月とねこばす氏、ガン見。


コンサート終了後、楽屋で伺ったら、
『琉球民謡の祖』とか『沖縄新民謡の父』と称される沖縄島唄の有名人、普久原 朝喜(ふくはら ちょうき)さん直伝の奏法なのだそうです。


かっこいーい。

あんなんできるといいなあ。


憧れのお家元と記念撮影。
でへへへへ。

憧れのスリーショット


出演者の皆さんは、
研究所ごとに衣装を揃えて、華やかで目にも麗しい。


がらまんホールさんの音響は素晴らしく、
三線のいろんな音色の違いが楽しめました。


そして、三線の美しさを意識したことなかったのですが、
ステージ映えする三線と、そうでない三線があることにも気づきました。


こんだけ沢山見れると、
三線のファッションショーみたいで圧巻!


古典の場には出せない、屋良先生のこの太棹の三線。

家元の三線かっけー♡

ステージ映え、最高!


そして、太棹はチル(弦)の扱いがしやすくって、
多彩な音を生み出す秘訣のひとつ。

ねこばす氏は、屋良三線店の太棹に夢中なんですよ~。


打ち上げにも参加させていただいて、あっという間に時間がすぎました。


やー。
楽しかったね!

5年後の、90周年、待ち遠しいです!

音楽天国米子さんのライブイベントに出演させていただきました。

音楽天国米子店さんの毎月恒例ライブ。

本日の出演お仲間


ないちゃーれきおーずも参加させていただきました。


出演者の
・タカギミキヨシさん
・@shingoさん
・Mikuさん
は、すっかりおなじみメンバーらしくって、
音響さんとも
呼吸ばっちりィ。


一番手はタカギミキヨシさん。

タカギミキヨシさん♪

オリジナル曲を、自分でピアノを弾いて録音し、
アレンジして打ち込み、
音源に合わせてピンでのご出演です。


ハーモナイザーというコーラスの機械駆使されてました。

アレね、歌の音程が安定していないと使いこなせないから、
タカギさんすごーい!


なんでも自分でできちゃうの、うらやましーなー。


海月はチョーあがり症なので、
準備と緊張で、続く2組さんの写真は撮れませんでしたが、
会場の外に聴こえる歌もギターも、
とってもよかったです。


さて、最後がないちゃーれきおーずだったのですが、
1曲目、宮古島民謡『豊年のあやぐ』で
三線のチル(弦)が切れるというハプニング。

予備三線準備

ねこばす氏ボーカルの曲はキーが高くて、替えの三線もヤバいので
大事をとって曲目変更。

音響さん、マイク再調整、ごめんなさいでした~。

想定内?のハプニング

やー。焦った焦った

焦りながらも、なんとか終了。


バタバタ風景を温かく見守ってくださったお客様、
瞬時に対応してくださった音楽天国さん、
ありがとうございましたーっ。


やー。
キンチョーするけど、楽しかったねー





御礼

地震の被害はありませんでしたが、
このところ慌ただしく過ごしており、
皆様のところへも暫く訪問できずにおりました。


誘拐されたコーギーちゃんたちが無事に発見されたそうで、
とてもうれしいです。


また、地震お見舞いコメントくださった方々、
更新しない間も覗いてくださった方々にも、改めてお礼申し上げます。


鳥取県、元気です!

皆生温泉や松葉ガニが皆様をお待ちしています。

ぜひぜひ、めんそーりよー(^ω^)

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ