活動のご案内 兼 覚え書き

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!


ーーーーーーーーーー
2018年7月20日(金曜日)
キャリーリー弓ヶ浜公園店
『CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHT』

場所:鳥取県米子市両三柳3192−2
TEL:0859-30-0355

 20:00~ ないちゃーれきおーず
 21:00~ LOW CAL 

駐車場無料
入場無料
ライブを聞きながら、オーダーお願いいたします。

ーーーーーーーーーー
2018年7月22日(日)
伯耆古代の丘ロマンコンサート

時間:16:00~
出演:カリンバごっこさん、ホウリイさん(二胡)、SAX BOXさん(ジャズ)、ないちゃーれきおーず 
場所;伯耆古代の丘公園 蓮池ステージ(米子市淀江町福岡1529)
入園料200円       
駐車場は公園入り口にあります(どんぐり館とゆめ温泉からもお散歩コースで行けますけどね)。
ハスの開花時期は、早朝開園されてますよー。
・問合せ先: 伯耆古代の丘公園管理事務所(0859-56-6817)

ーーーーーーーーーー
 2018年7月28日(土)
元町通り商店街 『まちなか音楽祭』

15:00~21:00ぐらいまでだと思います。
場所:米子市 元町通り商店街 『元町パティオ』(イベント広場)

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

2017年も終わりに近づき、お餅つきをいたしました。

嫁ぎ先の、毎年恒例お餅つきの日でございます。

年末餅つき


今年は、24日が日曜日なので
クリスマスイブのお餅つきとなりました。


海月嫁ぎ先分と、義母のお姉さん一家分と、ぢいの妹一家の分を
3世帯まとめて作ります。


蒸し器6つって、
だいたい何升なのかな。


海月は全く役に立ちませんが

昨年は海外出張で不在だった姪が
今年は休みをとって参加してくれるっ!


義母が作ったお餅で

伯母がまずお鏡餅をとり


ほいっあっつ
いそげいそげあつつっ

残りを餅切り機に入れて
義父と海月がちぎり

伯母と姪の最強コンビが丸める。



縁側で冷やす


丸めたお餅は縁側に並べて冷まし、
くっつかなくなったら重ねていきましょう。


小餅は、全部で250個ぐらいかなあ。


毎年、義母がぜんざいの用意もしてくれて
次のおもちができるまでの合間に
ぜんざいで温まるのが幸せ気分ですのよ。


ぜんざい大好物の亡夫ぢいも、働いてないけど、お供えね。

ぢいのぜんざい


姪がいてくれて一番楽しみなのは
毎年、餅切り機に残ったお餅の端キレで作ってくれるお餅細工です。

お餅細工開始


来年の干支のワンコが
着々とできつつありますよ。

すでにしっぽこが渦巻き


お目目はごま、お鼻は海苔。

ゴマのお目目と海苔のお鼻


耳こも尖がらせて

みみこ成形


赤い輪ゴムで首輪とロープもつけました。

実寸のワタシ


伯母も大喜びで撮影。

撮影、撮影。


3軒分のお鏡餅に混じってますが

お鏡餅に混じって

ワンコはぢいの仏壇に飾られる予定です。




今年の記事はこれが最後になると思われます。


当ブログにお越しくださったみなさま、
1年間、大変ありがとうございました。

来年もよろしく


よいお年をお迎えくださいませ。
 
 ねこばす氏、ぢい、海月より。
スポンサーサイト

山陰よいとこ

TEAMたけさんからいただいた、いまばりバリィさんのファイル。

バリイさんいらっしゃい

このバリィさんは、たけ奥様で

しっかり握られている うさうさの風船は、
たけさんなのではないかと思う。


似ちょーん。

うん。似ちょーん


たけさんブログの鳥取旅行記を拝読して
改めて山陰っていいとこだなあと、つくづく感じた海月、

ちょこちょこ、その日行ったところの写真を撮ってます。


島根県大根島の廃船。

廃船1

何年かぶりに
外周道路を通ってみたら
ずいぶん様変わりしてました。

廃船3


夕焼け空が映えるんだろうなあ。

廃船6


堤防ができるより以前には、たしか3~4隻あって、

当時は、岸からぴょんと飛び移れる、もっと深い場所でした。


亡夫ぢいと一緒に中に入って遊んだんですが

もうだいぶん倒れて、老朽化が進みましたね。

廃船5


いつか、跡形もなく水没してしまうのでしょう。

廃船4


でも、他にも、いいとこいっぱいあるもん。


境港の回転ずし『大漁丸』さんには、
3種類ものおさかなが堪能できちゃう、
1杯180円のアラ汁があるし。

タイノタイ三様

個性的な鯛の鯛たち、

先頭から順に、インディアンの酋長と、一角獣と、お連れの方。↑


島根県仁多郡奥出雲町のショッピングセンター蔵市では
遥か向こうまでお刺身の鮮魚コーナーだし。

蔵市お刺身コーナー


境港での仕事帰りには
半額のお惣菜買って、夢みなと博覧会の跡地、夢みなと公園へ。

仕事帰りのゆめみなと公園1


猛暑もクーラー要らずで晩ごはん。

仕事帰りの夢みなと公園2


釣り人さんの釣果を遠くから見守ったり。

釣り人鑑賞


航空自衛隊美保基地には
Ⅽ-2型輸送機が配備されて
ぶんぶん訓練してるし。

車窓のヒコーキ


そして、今度たけさんご夫妻が米子に来られる時にはぜひお薦めしたい
米子市加茂町の『そば処 上代』さんのお蕎麦。

そば処上代さん

最近、お蕎麦屋さんをあちこち開拓しているのですが、

こちらは、こてつぱんさんの手打ちそばと同じ香りでした!!


野上は売り切れで
田舎釜揚げ蕎麦セット1,050円を注文しましたら
今回は田舎で


こてつぱんさんに教わって初めて知った、
北海道幌加内産のそば粉使用で

田舎釜揚げ蕎麦セット1,050円

向う側の蓋つきの入れ物には、
おろし青唐辛子が入っています。


美味しいのはもちろんですが


駐車場もあるし、

地酒もいろいろあるし、

呑み過ぎちゃったら、
救急病院が道路を挟んですぐそば( ̄ー ̄)。


米子、ほんと、いいとこです~

お別れと、キャリーリーブラザーズさんのライブのこと

今日、9月29日は
キャリーリーブラザーズさんのライブでした

9月のキャリブラさん1


悲しいことがあったのですが
ブルース聴きたくて行きました


今日の日めくりの黄金言葉。
命こそがなにより大切


大切な大切な友人の義妹さんが
40歳の若さで旅立った

そのお別れの式に参列させていただいて


何の役にもたてないのですが、
ただ、友人の側に居たくて


昨日のお通夜も
今日の葬儀と告別式も


なんで人生にはこんなむごい別れが付きまとうのかと
ほんとうに、やりきれない気持ちで臨みました


方丈さんも

年をとった者から順に死ぬのは順縁といってしかたのないことだが
親が子の死をとむらうのは逆縁といって
いちばん悲しいことだと


遺されたご主人や
幼い3人の娘さんを護る友人と
おじいちゃんおばあちゃんの姿を

見ていられませんでした


わたしはいつも友人に助けられてばかりなのに

友人は黙って苦しんでいたこと
家族一丸となって懸命に病気と闘っておられたこと、

気づこうとしてなくて
本当に情けない思いです。


なんで、一生懸命生きている人たちが、こんな苦しみを背負う必要があるのか
納得がいきません


辛いことを人数割りにできるなら
千人でも万人でも集めたいところですが

そんなことができたとしても
悲しみが軽くはならないことが
残念でやりきれません




キャリーリーブラザーズさん、今日はメンバーさんがみんな紺の無地で

9月のキャリブラさん2


ボーカルの社長さんも、鶴のような柄のアロハの下は白一色で

9月のキャリブラさん3


ギターもハープも

「届け―!」みたいに聴こえるソロで

9月のキャリブラさん4


いつもの曲なんだけど
なんかいつもと違うように感じたのは、

受け止めるわたしの心を反映してのことでしょうか





実は、最近他界された音楽仲間さんを心に置きながらのステージだったのだと

終了後に明かされました


くじけた気持ちでも
聴きに行きたいなと思ったのは


そして
まるで、今日の告別を知って敬意を表しておられるかのように感じたのは


なるほどそういうことだったのかと


気持ちって、繋がるもんなんですねえ

老化。

ここ数年、目が痛いなあと感じることが増えてまいりましてね。


吸血鬼みたいに日光がめちゃめちゃ滲みたり、
読書や裁縫の意欲もなくなって。

CDの小冊子なんか、わざわざドラッグストアに拡大コピーに行っちゃうもんね!


なにより、原状回復工事やっていて、仕上げが見えづらくて自信がないってのが困りますですね。


携帯やパソコンモニターやLED照明のブルーライトが、紫外線に似ていて目に悪いっていうから、
冷凍しているブルーベリーを毎日つまもうかなと思っておりましたら、

先日、ねこばす氏が花回廊で眼鏡を落として割っちゃったので、
買い替えるのに着いてって、

海月も一緒に買っちゃいました。


ブルーライトカットコートの眼鏡。

ブルーライトカットコート

眼鏡、慣れないと、低い鼻に重たく感じますにゃ。


併用で、冷凍ブルベリも、お酒に漬けてみました。

ホワイトリカー買ってないから、義母が栗の渋皮煮作るときに使うブランデーを横領。

ブルーベリーぎっしり

ブルーベリー酒

うーん。
アントシアニンたっぷりですっごい効きそうだけど、
そんなに飲めないなあ。

見た目おいしそ

炭酸割り

炭酸で割ってみたり、ヨーグルトドリンクでカクテルにしたり、
果実はバニラアイスに入れてブランデーアイス風にしてみたりと、
あれこれ楽しんでおるところでございます。


ねこばす氏、眼鏡屋さんで視力測定してもらって、
「オレ、老眼になって視力が上がっちゃったよー。今度の免許更新も、(眼鏡等)の条件は付かないよ!」と自慢(笑)


ははは。
そりゃよかったじゃーん。






愛知県のブリーダーさんのコーギーちゃん誘拐事件の拡散希望です。

o0480068213759304087[1]

2頭のコーギーちゃんを探していらっしゃるビーチママさんのblogはこちら→今日もビーチ晴れ


詳しい内容とおっきなポスターはこちらのblogさんへ。→咲いた 咲いた


どうぞ、ご協力よろしくお願い致します。



懐かしい日々は帰らず。 友人との別れ。

海月、短大時代は、一年目は学生寮での生活でした。

二年目は、寮の仲良しグループで、
同じ下宿屋さんでの共同生活。


卒業してからは、離ればなれだから、
お互いの結婚式に呼ばれあったりしながら、
次第に、年賀状のやりとりくらいに落ち着いちゃってましたが。


その、寮でのルームメイト、いくまクンが亡くなりました。


中性的な魅力にあふれていて、同室になったのが嬉しいやらハズカシイやらだった一年間。

専攻も部活も一緒。


下宿に移ってからは、一人一部屋だったし、
棟が違ったから
ケータイもない時代、
四六時中 顔を見る関係ではなくなったけど。


24日朝、島根県松江市に住む田中クンから、
泣きながらの連絡いただいて…


「わたしも新聞のお悔やみ欄で知ったんだけど。
いくまクンが亡くなられて、
昨日告別式でした。

8年前からガンであちこちに転移。
最後には足の骨も侵され、歩けなかったと…」


わたしたちの記憶には、
永遠に、笑顔のままのいくまクンが残ることになりました。


久々に連絡が取れた、仲良しの谷口クンも、
ご主人が9月に亡くなっていたと聞き

海月、Wショックで凹みにへこむ。


いくまクン、結婚28年目。


自分の家庭を持つと、
どうしても、独身や夫婦だけの友人と比べて、
子育てに追われる友人とは、離れがちです。


当然だ。
悩み事の内容が違ってくるからね。

いつも忙しそうで、会う計画も、立ち消えになっちゃう…。


でも、あの日々を忘れたことはないよ。


よく、停電ごっこしました。

入寮初日から、段ボール箱をちゃぶ台に、
ローソクとフレーク缶と乾パンで夕食。


マチュピチュのでっかいポスターを壁に貼って、
探検家気分に浸る。


寮の屋上の洗濯物干場で天体観測しながら、
カップラーメンを啜る。


短大の裏の山で光ってるものの正体(アンテナでした)を解明しに、おにぎりを持って、山中へ向かう。

なんだ。車が通れる道があるじゃん。
帰りはくたくたでしたが。


野草を摘んで食べたり、
短大の長い坂道を歩いて下って、
駅前のスーパーに『お徳用こわれ煎』買いに行ったり。


…お洒落な思い出が、全然ないなあ(笑)。


3月26日。

友人六人が集まって、
島根県大田市のいくまクンのおうちにお別れに伺いました。


ぢいが死んじゃって、パソコンも壊れて、
バックアップデータはたくさん残してくれてたけど、扱い方がわかんないから
お葬式名簿以外の連絡先は、ほぼ壊滅。

かろうじて連絡が取れた5名の仲間たち。


20日に亡くなられたそうで、
26日は、丁度、初七日。


結婚して28年。

ご自宅には、ご主人と次女ちゃんがおられて、
たくさんお話し聞けました。


辛い治療、願掛け、民間療法。

あらゆる手を尽くして家族とともに生きた、
壮絶な闘病の八年間。


三朝の温泉に療養に通ってて、偶然、旅館の女将さんが短大の同級生だったとか。
いくまクン、それがきっかけで、みんなに会いたがってたらしい。


手紙を書こうとしてたけど、点滴で手がパンパンでなかなか書けなくて、
間に合わなかったと。


今年の年賀状には、かならず書き添えてある一言がなかったから、
気になってました。

だけど、海月、電話は苦手でかけられない(涙)


木村クンが短大の名簿を持ってるって言ってたから、
おいおい連絡が回るでしょう。


ご主人に、また来てねって言ってもらった。


5月7日が四十九日だそうですよ。

浄土真宗は、告別式の日に納骨も済ませるんですね。

修行なしで即得往生できるのに、七日法要や四十九日はあるなんて、
不思議な気がしますが。


もう痛みもない、幸福な世界に行ったのですね。


さみしさのショックとバタバタで、軽くダウンしている海月。
ゴロンと寝ながら写真眺めてます。

卒業。


素晴らしいあのころ。
学生時代。



| ホーム |


 ホーム  » 次のページ