プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

出雲蕎麦ハシゴ4軒の出雲ドライブのシメは、BLACK FRIDAY。

バンブーさんでいただいた上撰純米酒、開春が美味しかったので

開春

お土産に買って帰ろうと
あちこち探しますが、

地酒なのに、全く置いてありません。


酒造元の若林酒造さんに電話で問い合わせてみたら


なんとっ、

出雲市内では
西屋さん、おっちらとさん、ハナガワさんの3軒の酒屋さんしか取り扱ってないそうで


しかも、上撰純米酒は、3軒とも置いてありませんでした。


ほんとに珍しいお酒なんですね~。


いつか、若林酒造さんに直接乗り込むことにして

残念ですが今回は諦めましょう。


せっかくなので、
代わりに、出雲市今市町にあるハナガワさんで、
同じ酒造元さんのお酒を入手し、


そこから近いお蕎麦屋さんへ向かいました。


『献上そば羽根屋』さん(羽根屋さん)。

有名どころらしいです。


時刻は14時を回っていましたが
テーブル席はいっぱいで、
待ち合いに3組。


あまり待たずに、奥の個室に案内されました。


中庭一人占めなお部屋ですね。

羽根屋さん中庭

衝立で仕切った向こうの席のお客さんが丁度席を立たれ、
貸し切り状態になっちゃった。


おおっ
写真撮り放題だぁ~

羽根屋2


土間から靴を脱いで上がる、昔ながらの入り口。

ご自由にどうぞなお茶。

羽根屋さん個室


手入れが行き届いた、古い箪笥。

海月、こんなん好きです♪

羽根屋3


こちらのお品書きには
ざるそばもあるんですね。

枠で囲ってある中のメニューがお薦めなのかな。

羽根屋さんお品書き


日替わりご飯やしじみのお味噌汁がついた、割子(わりご)3級定食、1,000円。

本日のご飯は、むかごごはんです。

羽根屋さん割子3級定食


割子アップ


出雲観光ガイド(出雲観光協会公式ホームページ)に、
出雲そばのいただき方が詳しく書いてありました。


割子の薬味レギュラー陣は、
ねぎ、のり、もみじおろし、かつおぶし。

小さい丸い重箱に入ったお蕎麦にお好みの薬味をのせ、
徳利のそばつゆを上から回しかけていただきます。


一段目を食べ終わったら、器に残ったそばつゆを二段目の器に移し、
さらにそばつゆと薬味を足していただきます。


3枚が1人前ですが、1枚から注文できるところが多く、
5枚、6枚はぺろっと入るらしい。


宴会とかでは、
薬味が載った割子が1枚ずつお膳についていて、

徳利に入ったおつゆは後で回ってきますのよ。


羽根屋さん釜揚げ蕎麦

そして、やっぱり釜揚げ蕎麦700円も お味見しませんとね。

写真、逆さまでスミマセン。

釜揚げアップ


出雲大社に全国から神様が集まられる10月、

昔は、「神在祭」には大社の周りに新蕎麦の屋台が出ていたのだそうです。


屋台では、お蕎麦を茹でた都度に水洗いするわけにはいかず、
鍋や釜から茹でたそばを器に盛り、とろみのあるそば湯を入れ、つゆや薬味をかけて食べていたのが
出雲風釜揚げの発祥だって!!


洗わないのが基本なのか~。


羽根屋さん


殻のついたそばの実をそのまま製粉した、香りの高い出雲蕎麦。


美味しく完食。

大満足です。

まだ入りますよ


テーブル席に、『今日のそば粉の産地』って貼ってあったけど、
読み損ねました。


なんで『献上そば』なのかなと思ったら


明治四十年五月二十七日、
大正天皇がまだ東宮の御時、山陰地方に行啓され出雲市に御宿泊になった折、弊店のそばをさし上げたところ、
田園の香りをうつしたその風味がことの外御意に召し、
それ以来このそばに「献上そば」の名をお許しになりました。

ですって。


高級そうな構えに
入ったときはシマッタと思いましたが

意外にリーズナブルで、

これなら また伺えるわっ




さあ、そろそろ帰路に就きましょう。


上撰純米酒 『開春』を探してイオンモール出雲にも行ったのですが、

盛大にバーゲンをやっていてビックリしました。


そこらじゅう、『BLACK  FRIDAY』ってポスターが
びっしり貼ってあって


BLACK FRIDAYって、

「11月の第4木曜日であるサンクスギビングデイの翌日金曜日、すなわち毎年11月の第4金曜日のことです。
この日の早朝には大規模な売れ残り一掃セールが多くの小売店で行われています。
この日は黒字になることから、ブラックフライデーと呼ばれています。」って

いつもお邪魔している『アメリカ観光おすすめスポットまとめ』さんで拝読して
知ったばかりのイベントでしたが

感謝祭がない日本でやっているとは思いませんでした。


いや~。

海月、興奮のあまり、
暴走してしまいましたよ。


原状回復工事のお仕事にピッタリな、
ポッケいっぱいのベスト、2,880円のが500円に。

ノンワイヤーブラ1,880円が200円に。

3足980円の5本指靴下が、1足200円に。

カーゴズボン2,880円のが、500円のと1,000円の。

1,880円のスカートが700円だったから、色違いで2着。

BLACKFRIDAY1BLACKFRIDAY2

BLACKFRIDAY3 BLACKFRIDAY4


『BLACK  FRIDAY』、全階で開催されていたようですが

これ以上衝動買いしてしまうと大変なことになるので


早く、早くここから脱出しないと危険ですっ。


ねこばす氏も、礼服用のワイシャツとか
ガサガサ買っていたようですよ。




そんなわけで

海月は出雲1泊2日のドライブを堪能いたしましたのですが


ねこばす氏ったら、「ヨシ、帰ったら晩ごはんは蕎麦茹でてお代わりし放題だー」って。

海月 「…。」 w( ̄o ̄)w


ねこばす氏の蕎麦愛、
熱烈過ぎて、ついていけません…


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
さて、
キャリーリー弓ヶ浜公園店さん(鳥取県米子市) の毎週金曜日のイベント、CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHT、
2月のポスターができてました!


ないちゃーれきおーずは
2月2日(金曜日)に出していただきますので
よろしくどうぞでございます!

キャリーリーさん2018年1月


出雲風ではないけれど

キャリーリーさんのお蕎麦も
美味しいですのよ。


えへっ (゚∀゚)♪

キャリーリーさんのお蕎麦メニュー

スポンサーサイト

出雲散策。そして、おやつもお蕎麦。

今日の目標はお蕎麦なので、
めちゃめちゃ広い出雲大社さんは回り切れないから

本殿を遠くから拝観するだけ。


そんでも、立ち寄らせていただきたい、海月お気に入りの場所へ向かいました。


出雲大社の東側の渓流にかかる石橋を越えて、

真名井社家通り沿いの
北島国造館。


北島国造館3


正面に立派な大門がありますが、

海月は、
横っちょの、この四脚門が好き。


北島国造館1


観光ガイドについてる地図では
こんな感じです。

北島国造家


パソコンで検索してみたら

『北島国造家は、皇室の祖神である天照大神の御子神で天穂日命の子孫です。
北島国造家に伝わる祭柁の道に従い、大国主大神の御神徳を広めるため設立された神道教団「出雲教」の総本院です。』
とありました。


出雲大社の祭祀を司っていた出雲氏は、千家氏と北島氏の両家で携わっていたのが、

明治時代に千家家が任命され、

北島家は現在の出雲教になったのだそうです!!


なんとっ。
出雲大社=出雲教だと思ってました!(゜o゜)


北島国造館5

スマホで見ると
目に沁みるように赤いんですが

アップしたらくすんだ色になっちゃった。


北島国造館4

境内社がいくつもあり、
こちらは御三社さん。

天穂日命(あめのほひのみこと)社・荒神(こうじん)社・稲荷(いなり)社です。


数年前の結婚記念日に出雲に来たのですが

そのとき、沖縄にいる友人に電話で

「出雲に行くなら、出雲大社の鳥居○本目(何本目って言われたか忘れた)から道があるから
そこを右折してお稲荷さんに行きなさい。
そこはくーちゃん(海月のこと)の前世に関係があるさあ」
って言われて

初めて知った場所ですの。


友人、島根なんか来たことないのに、
すごいなあ。


北島国造館7


自然の静かなエネルギーに満たされていて
気持ちが落ち着きます。


北島国造館9

神殿では結婚式や祈祷なども行われていて

前回は、
このお庭での花嫁さんの記念撮影風景を見ることができました。


北島国造館8

こちら、チョーうれしそうな海月。


北島国造館10


橋を渡ったところにある、池の上にポッカリと浮かぶ小さな島に
小さな祠。


少名毘古那神(すくなひこなのかみ)が祀られた、天神社です。


少名毘古那神様、穀物だけではなく
医療、薬、温泉の神と、オールマイティな方らしいです。


奥の滝は『亀の尾の滝』。

いかにも縁起が良い名前ですね。

北島国造館11

あったかい時期には
亀さんが石の上で折り重なって甲羅干ししてるところも見られます。


何気なくパシャパシャ撮っていた写真ですが

北島国造館6

おや、こりゃなんだ?

なんだろ~

肉眼では見えませんでしたが
池に浮かぶ炎みたいですね。


なんか、更に得した気分~




さて、
出雲大社周辺には
あまりに沢山のお蕎麦屋さんがありすぎて

どこに入っていいかわかんなくなったため


すこし市内を走ってみることにしました。


旧大社駅2

大正浪漫な 国鉄の旧大社駅。

このブログの写真サイズでは
全景表示に無理がございます。


旧大社駅


この旧大社駅のお向かいが
美味しいと定評のあるお蕎麦屋さん、大梶そば(大梶そばさん)。


大梶さん


こちらの釜揚げ600円は
いりこだしのおつゆに入ってます。


甘めのおつゆともみじおろしがよく合いますね。

大梶さんの釜揚げ


お品書き眺めていて気付いたこと。


出雲そばのお店では
ざるそばとか盛りそばとか、

ないんですね。


大梶そばお品書き


説明書きに

「出雲蕎麦は割子(わりご)でいただくのにいちばん美味しいように打ってある」って書いてありました。


…てことは。


次、割子行きますか

じゃらんと蕎麦と出雲散策。

出雲駅前のバンブーさんを一歩出たら

お外は木枯らしです。


出雲蕎麦のお店を探して
あっちこっち歩いてみましたが

暖簾が出てないお店ばかり。


冷たいみぞれのせいか、人通りもほとんどないし。


考えてみたら、お蕎麦屋さんって
わりと早い時間に閉まっちゃうんじゃないのかな。


結局、バンブーさん近くまで戻ってきて、
道路の向こう側の『星縁(ほしえん)ほしえんさん』さんの暖簾を潜ったら


なーんだ、あちこち探し回らなくても、
こちらで大正解じゃないですか~。


出雲そばとラーメンののぼりが立っていて
一瞬、ええっ?だったのですが


そばの実を外殻ごと石臼で挽いた、八割五分の挽きぐるみの手打ち蕎麦だそうですよ。


ワクワクの釜揚げ。
星縁の釜揚げ


出雲そばの場合、温かいお蕎麦は、そば湯に入って出てきます。

上から薬味やだしをかけて、好みの濃さに調節していただくのですが

自分で足すって、どんなのがベストの美味しさかわからなくて、今ひとつでしたの。


蕎麦湯だけでいただいてみたら、
うわあ、美味しい!


海月が、過去、あまりの美味しさに度肝を抜かれたお蕎麦のナンバースリーは

・兄が作ってくれた、とろろ芋と卵と山葵をだしでのばして、
白ネギの薬味で食べる信州そば

・義姉の妹と食べた京都のにしんそば

・こてつぱんさんの手打ちそば

でしたが


もう、お蕎麦、美味しすぎて
何がどういいのか、わからんくなってきました。


ねこばす氏が注文したのは、しじみラーメンとごはん。

星縁のしじみラーメン

こちらもびっくりの大当たりで


出雲にお気に入りのお店が増えちゃいましたです




さて、出雲二日目。


ホテルの感想は


お部屋はベッドがドーン、隙間が少し、の状態で、


ベッドで寝られなくて椅子に丸まる海月にとっては
身動きがつかず不便だなあと思ったのですが


ホームページを見てみたら

「宿泊に特化しているため客室も非常に簡素なつくりとなっており、
部屋に入るとベットが置いてあり、
必要最低限なもののみで足場の踏みどころが狭いことが素泊まり以外で利用する際のデメリットになります!」
って明記してありました。


なるほどなあ。


研修とかで書類を広げたり
披露宴に列席するのに着物に着替えたりとかには不向きですが

ただ寝るだけだったら十分ですものね。


バスタブもコンパクトなので

亡夫ぢいサイズの人とかだと

肘がつっかえて身体が洗いにくいでしょうね。


お部屋の壁が薄くて、左右隣や上階の音が筒抜けですが、

目覚ましアラームをセットしなくても寝坊せずにすむって点では
いいかもしれません。


感動だったのは無料の朝食サービス。


健康バイキングとなってまして

多分、手作りではなさそうですが
根菜・青菜もあってうれしいですね。


健康バイキング2

何より、おにぎりがっ。

健康バイキング1


多分、おにぎり成形マシンを導入されているのでしょう。

フンワリ絶妙な握り加減の出来立てが
選び放題。


8~10種類はあったような気がします。

全部味見してみたいけど絶対無理


ご飯大好きのねこばす氏は
狂喜して何回も取りに行ってたけど

7個ぐらい…もしかすると、もっと食べたんじゃないのかな。


ロビーはテーブルが少なく相席なので、
ちゃちゃっといただいて、後から来られた方に席を譲ります。


急いで出発する必要がなければ

チェックアウト前の時間が空いていて狙い目ですね。


上手に利用するコツがわかれば
便利なホテルです。


全国に250店ぐらいあるそうで、

こんなおにぎりがあるなら
また泊まりたいなあ




さて、チェックアウトを済ませ
おにぎりに熱い視線を送りつつ

今日もお蕎麦屋さんを探して出雲大社方面へ


おりょっ

山肌に見える
ありゃなんだ?

一体何だ?


今まで全く気付きませんでしたが、
検索したら北山ゴーロ(ゴーロって言うそうです)ってとこらしいです。


幅60m、長さ180mほどの斜面に
ゴロゴロの30~50cmぐらいの石がぎっしり
グラグラ状態らしいから、うっかりすると落っこっちゃいますね。

北山ゴーロ
(週刊ヤマケイ 高木秀生さんの写真)


木が生えない不思議な場所で、何かのパワーがあるって言われているそうですよ。




途中、いつもの島根ワイナリーに寄りました。


10時半のオープンと同時に入ったので、ほとんど貸切状態です。


ワインの製造工程を無料見学できるワイン醸造館をちょろっと見学して
お約束の試飲即売館バッカスへ。


こちら、島根県内の特産品や、ワインを使ったオリジナル商品も揃っております。

島根ワイナリー1

島根ワイナリー2


無料コーナーのワインしか試飲したことのない海月ですが

今日は思い切って
おされな感じの有料試飲にチャレンジ。

島根ワイナリー3


ドキドキ。

こん中から選ぶのか~。

島根ワイナリー4

島根ワイナリー5

島根ワイナリー8


スペシャルなお値段のいただいても、違いがわかるわけではないので

雰囲気を味わうだけでーす。


ってことで、いちばんお手頃なやつ。


でも、試飲なのに開封したてですから、
贅沢だへん?


島根ワイナリー7

出雲美人のお姉さんが注いでくださいます。

島根ワイナリー6

これにしましたの。
ソーヴィニヨン・ブランのスパークリング。

島根ワイナリー9


もちろん美味しいです。

てか、美味しいしか言えず、すんません。


さっ
アルコールで内面から清めて


神在月に相応しい身体になりましたよ~
(↑ 大きな勘違い)


出雲そばハシゴ旅、更に続きます。

蕎麦とじゃらんとバンブーさん

昨年11月、
8年と1カ月目の亡夫ぢい月命日のことです。


じゃらんポイントが月末で失効になるってお知らせが届いているのに気づき

突然ですが、お泊まりを思いつきました。


出雲市のバンブーさん(BAMBOO南来酒菜 )に確認してみたら、
本日営業しますとのこと。


わーい
お泊り先は出雲に決まりだ!!


今月は、レバカツで亡夫ぢいのお誕生会をしたから、
月命日お食事会は無しのつもりでしたが


思い立ったが吉日、

ねこばす氏のお誕生会を兼ねて
バンブーさんへレッツゴーでございますよっ


やや興奮気味に電話予約したら

マスターから「その声は米子の…」って言われた


ねこばす氏が 

どうだ!ラーメン満州味で椅子に座った時点で、厨房からお母さんに「大、入れたよ」って言われるれるぐらい恥ずかしいだろう
って

ほっといてくださいなっ


てなわけで、
早速、じゃらんネットで、バンブーさんから徒歩1分のホテルを予約しました。


なんと、ポイントが4,000点以上溜まってたとはいえ、

駐車場無料、朝ごはん付き1泊が
一人あたり2,000円ですよ!


すごいぞ、じゃらんさん。




そうと決まれば即出発。


先ずはお昼ご飯をいただきましょうね。


以前から気になっていた
鳥取県米子市昭和町の『蕎亭松庵』さんへ。


釜揚げ出雲風ってのをお願いしたら

1食目、蕎亭松庵

茹でただけのお蕎麦、薬味、つゆが別々で出てきました。

730円。


おおっ。
こういうスタイル、タイプです。


海月、こてつぱんさんのお蕎麦を知ってからというもの

ちょっとした蕎麦中毒状態。


お蕎麦の香りに溺れたいがために

つゆや薬味無しで
蕎麦湯とお蕎麦のみを
好んでいただくようになってしまいました
(↑一見、ツウっぽいけど違います)


割子だと一枚しか食べられない(一人前は三枚)のに

これだと、夢中のうちに一杯完食なんですよ!


蕎亭松庵さんのは麺が細いので
食べる端から蕎麦掻になる感じで、
焦っていただいちゃった。


ねこばす氏の話では

お店によっては
お出汁と蕎麦湯を割った中にお蕎麦が入ってくるところもあるんですって。


蕎亭松庵さんは、他にもいろんな1品料理もあります。

またお味見してみなくては。


さあ、出雲へ向かいましょうか。




出雲市に入り

斐川町にある祖母の生家跡に立ち寄った後

普段は通らない一般道を走っていたら


途中、斐伊川の土手の近くに
『万九千神社 』の看板を見つけました。


もしかしてこちらは

祖母が生前信仰していて、
海月もよく連れて来られていた、『まんくせんさん』じゃないか?

まんくせんさん1


最近遷宮が行われたようで新しい社殿に変わっているためか

以前の様子が全然思い出せません。

まんくせんさん2


出雲にご参集の八百万神さまに特別祈願を行う

11月26日から始まる、神在月特別祈願祭にむけての準備中のようでした。


同じ境内に立虫神社さんってお社もありますね。

立虫神社


こちらが、まんくせんさん。

まんくせんさん4


後日、母に聞いてみましたら
昔は駐車場がなく、参道が長くて大変だったとか。


参道は短くなり、
新しい大きな広場と駐車場もできてましたから

今なら、祖母も参拝が楽だったかもしれませんね。


40年ぶりにお参りして
お礼を申し上げておきましょう。


神立橋から眺める斐伊川。

斐伊川


今年は、新暦の11月18日~12月17日が
旧暦10月にあたります。


出雲は神在月なだけあって、
いかにも神々しいですね。

出雲市1




ホテルにチェックインを済ませて
早速、お隣のバンブーさんに向います。

バンブーさん


バンブーさん、以前は沖縄料理がメインのお店でしたが

今は地元の郷土お料理&九州のお料理が多くなっていて

バンブーさん2


開店時から沢山のお客様で大忙しなのですが

店員さんのフットワークが軽快で
気持ちがいいです。


お蕎麦で小腹が充たされていますから

気になったやつをいきなり注文

奄美のラム酒


奄美諸島、徳之島の高岡醸造で造られるラム酒「ルリカケス」を、
マスターお勧めのロックで。

ルリカケス


黒糖の甘い香りが
何をいただいても合いますね♪


ホルモンの唐揚げ

ホルモン唐揚げ


白菜のチャンプルー

ちゃんぷるー

他にも

鯛の昆布締め
豚足の唐揚げ
豚足おでんのレタスと玉ねぎスライス添え など堪能。


調理されている姿が
導線短く、重心の移動リズミカルで

見ていてとっても楽しいです。


続いて、お薦めの地酒は

開春

奥出雲若林酒造の開春の上撰純米酒。

上撰純米酒って、珍しいんだそうですね。


奥様に注いでいただきました~

わー。
これもオイシイ♪


するる(きびなご)の唐揚げとバッチシです。

するる唐揚げ


バンブーさん、
お酒とお料理だけでなく、マスターのお話もご馳走なんですが


大繁盛で
手を止めていただくのは気の毒なので

早めに退席いたしましょう。


何回お邪魔しても飽きませんから
またゆっくり伺いましょうね。


清算を済ませて外へ出ると
コートも飛びそうな木枯らしですよ。


せっかくだから締めの出雲蕎麦を探しに行きましょうか。


じゃらんポイント活用旅、
次回へ続きます。


石見神楽の2演目めは『恵比寿』。

島根県出雲市大社町の出雲大社に隣接する古代出雲歴史博物館の観月会。


石見神楽、浜田市周布(すふ)青少年保存会さんの
第2の演目は『恵比須』です。


福の神として信仰され宝船に乗ってやって来る七福神の一人、恵比須様が主役の神楽。

鯛を釣り上げ寿福を顕すという、大変おめでたい演目でございます。


おっ。
この恵比寿ちゃん、多分、女の子が演じていますね

先ずは弊と扇子の舞。
恵比須ちゃん

ちっこくてかーわいーい


にっこり笑顔の神楽面に、愛くるしい仕草の舞いで
見ている側もみんなが恵比須顔。


恵比須様大人気


撒餌のかわりに投げるお福分けの飴ちゃんを
大人も子供も夢中でキャッチしますのよ。

飴ちゃんお福分け


500名の観客が居たそうですから
恵比須様の撒き餌に飛びつく500匹のお魚。
いやー。見ていてすごかったです。


さて、糸をしごいて

釣り針にエサをつけて鯛を釣ります


鯛はどこかなァと恵比須様、扇子をかざしてきょろきょろ


ちゃーんと鯛役の人がいるんですね

客席の波間に大物の鯛が身体を震わせて飛び跳ねてますよ

 鯛はこっちだよ~


恵比須様が満身の力で鯛を釣り上げようと一生懸命

ときに糸が切れてはひっくり返ったり


子供たちが鈴なりになっているんですけど、
良い子たちの誰ひとり、はしゃがず騒がず、手を出さないのが見事です


むちゃくちゃ見られている恵比須様

見せ場を心得ていて、ここぞという場面ではさっと捌けて離れて見てる


マナーの良さにも大拍手!!


恵比須様、大物に翻弄され死闘を重ねてようやく釣り上げたようですよ

ジタバタ暴れる鯛に振り回される姿がなんともラブリーです


とどめを刺し、扇子に掬ってお披露目で

やんややんやの大喝采


石見神楽、浜田市周布(すふ)青少年保存会さん演じる『恵比須』の動画、
今回と同じ配役ではないかもしれませんが、
ご覧くださーい



| ホーム |


 ホーム  » 次のページ