活動のご案内

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!

ーーーーーーーーーー
奥谷企画 茶和 8月 tea Live
 
<日時>2017年8月20日(日)
18:30スタート
<場所>カフェダイニング茶和
(鳥取県 米子市 両三柳 58-3)
ないちゃーれきおーず、張り切って前座務めさせていただきます!

ーーーーーーーーーー
奥谷企画 茶和 9月 tea Live
 
<日時>2017年9月17日(日)
スタート時間は後日決定でございます。
<場所>カフェダイニング茶和
(鳥取県 米子市 両三柳 58-3)
ないちゃーれきおーず、今回も前座務めさせていただきます!

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

『キャリーリーブラザーズ』さんの5月のライブ。

レストランキャリーリーさん、
毎週、金曜日がライブの日 『GOLDEN FRIDAY NIGHT』 。


ねこばす氏と海月、原状回復工事のお仕事の都合で
キャリーリーブラザーズさんの6月のライブには行けなかったのですが、


5月のライブはこんな感じでした。
 
キャリーリーさん5月のライブ


キャリーリーブラザーズさん2

キャリーリーブラザーズさん、
歌も演奏も、全部、好き。


なにがどうだから好きなんです、って
説明できればいいんだけど、

なんだかわかんないけど、がつんと心に来るんです。


なんだかわかんないんだけど、楽しいのに涙出る。


キャリーリーブラザーズさん1

キャリーリーブラザーズさん3


今回、いっぱい、曲の説明もあって、
とっても「いいね!」だったです。


西岡恭蔵さんの「おれのあん娘は煙草が好きで~」って有名な曲、
いままで何度も聴いてましたが、

あらっ
こんなにいい曲だったのね。


『ストーミー・マンデイ・ブルース』とか、
海月が好きな『男が女を愛するとき』とか


そんなん聴きながら
おいしい晩ごはんもガッツリ完食。


定食をがっつり

定食のでっかい大皿とおんなじぐらいでっかいサラダ。
  ↓
お豆腐のサラダ


オサレにお酒をたしなみながらブルースってのがカッコイイですが、

青虫みたいにお野菜モリモリ食べつつ
人生について考え込んだりしてました。


今回も、
いい音楽とおいしいお料理でココロから満腹。


7月はいつかな~。
楽しみです。
スポンサーサイト

キャリーリーさんのライブに行ってきました。

ここんとこ、音楽をふんだんに浴びる、贅沢な日々を過ごしています。


何度かお世話になっているレストランキャリーリーさん、
毎週、金曜日がライブの日。

キャリーリーさん


4月14日のライブ、行ってまいりました。


海月はゴハン済ませちゃったけど、
ねこばす氏、こちらのお気に入りは

キャリーリーサービス定食830円。

サービス定食&サラダ&ポテト

ワンディッシュにハンバーグ・唐揚げ・コロッケ・サラダ載って、ごはんとお味噌汁つき。


今日は、フライポテト300円ときのこサラダ750円も注文してますよ。

宝くじでも当たったかな?


今夜はブルース三昧。
一部もブルースバンドさんですって。


海月は知らない曲ばっかりですが、
ブルース、雰囲気が好きなんだな、きっと。

普段は飲まないビール、注文したくなっちゃいますねー。

キャットフィッシュさん1

キャットフィッシュさん2


二部。

昨年の夏に初めて聴いて心が震えた
『キャリーリーブラザーズ』さん。

レストラン キャリー・リーさんの社長さんと専務さんのバンドだそうです。


コッテコテな感じの人間臭さに
心臓わしづかみにされ、
海月、骨抜きに(元々ないけど)。


こちらでライブされていると聞いて以来、
楽しみにしていて
やっと日にちが合ったので

4月のスケジュールにガッツリ組み込んでおりました。


はじまりましたね。


あー。

これですのよ、これですのよっ。

キャリーリーブラザーズさん1

キャリーリーブラザーズさん2

感極まってぼろぼろ涙が出るので、
海月、マスク必携です。


日本語の歌詞もあったりして、
でも、わかんない外国語でも、

なんだかストレートに思いを受けとめれた気持ちになるのです。


いーなー。
こんなソウルフルに歌えたらいいなー。


演奏も、
ギターもドラムもハーモニカも
とにかくカッコイイのです。


奏法とか音色とかよくわかりませんが

音数少なく、
一音一音が肌に触れる空気に変わるんじゃないかと思えて
もうたまらん感じに好き。


はうー。
満足な夜でした。


今月のご出演は19日ですね。
 ↓
キャリーリーさん5月のライブ


翌日の茶和さんライブ、
海月、感涙しすぎて鼻の皮ズル剥けで弾いているかもしれません…。

温泉と生演奏がいっぺんに楽しめる、ゆめ温泉ロビーコンサート。


海月、YouTubeのupの仕方を覚えようと、動画の記事が続きましたが、
ちょっと慣れたかなと思ったらうっかり削除しちゃったりして、
すこし休憩(笑)

あいかわらずポヤスケな海月です。


寒いので、『ゆめ温泉ロビーコンサート』に行ったときのご報告を。


鳥取県米子市の観光スポット、『白鳳の里』では、
どんぐり料理や名水料理、古代体験施設、天然自家泉源掛け流しの日帰り温泉が楽しめます。
  ↓
淀江 白鳳の里 ゆめ温泉 


日帰り温泉施設『ゆめ温泉』の1階のロビーで、
毎月、地元で活躍するアーティストのライブコンサートが開催されてまして、
時々観に行っています。


信頼と実績の『まつもとわーるど』さん
まつもとわーるどさん1

こんときは、副鼻腔炎を患い、完治しないままのステージだったそうですが、
一人でトークもこなすバイタリティー。

このひょろっこいお姿のどこに、あのパワーが詰まってんだか…。

まつもとわーるどさん2

いつもはオリジナル中心ですが、
今回は、全曲が昭和歌謡ギター弾き語りカバーでした。


ジュリーの
勝手にしやがれ

山本リンダちゃんの
どうにもとまらない

園まりさんの、
逢いたくて逢いたくて

飯田久彦さんの、
ルイジアナ・ママ

荒木一郎さんの、
空に星があるように

最後は、ジュリーの、
気になるお前


昭和歌謡、いいな~。


海月は、まつもとわーるどさんの唄う「朝日楼」がいっとう好きなので、
今度はそれもリクエストしたいと思います。

次のライブいつかなあ。


続いて、カリンバごっこさん。
カリンバごっこさん1

カリンバとキーボードのユニットです。

カリンバごっこさん2

カリンバ奏者のSAGAさんは、ないちゃーれきおーず所有の個性派楽器たちの生みの親です。

SAGAすぺ(SAGAさんお手製スペシャルカリンバ)
カリンバちゃんを囲んで

さがりん(SAGAさんお手製鈴)
sagaリーン

カンダーリ(SAGAさんお手製神憑り的ハープ)
神を感じる…


すんません、まんだ使いこなせておりません(汗)


選曲は
 グリーンスリーブス
 ユ・-レイズ・ミー・アップ
 ドヴォルザークの『新世界より』
 パッヘルベルのカノン
など。

目を閉じると無重力になるような
いつも癒される音色です。


SAGAさんのカリンバは、

道の駅にちなん日野川の郷
(鳥取県日野郡日南町
鳥取県道8号新見日南線の道の駅)
にも置いてありますよ~

SAGAさんのカリンバ

鳥取県の思い出に、如何でしょうか。

いい響きだ


DUNE(デューン)さん
でゅーんさん1

ギターとキーボードと、沁み込むように澄んだボーカル。

でゅーんさん2

トリオで活動していたのが、娘さんが進学のため転居され、
ボーカルのご主人、すっかりションボリ気分だったそうですが、
伸びやかな歌声は相変わらずの実力派。


 時代
 WAになって踊ろう
 時の流れに身をまかせ

オリジナル曲から
 天の上に咲く花
 ヒカリノフルミチ


今夜も楽しい夜でした。

最後に全員登場


淀江ゆめ温泉ロビーコンサートの詳細は

 日時:毎月第3水曜日 午後7時開演
 場所:白鳳の里淀江ゆめ温泉1階ロビー
 鑑賞:無料
 会員特典:当日入浴料300円!など
 主催:ほうき☆探検隊

です。


次回は2月15日。


冬型の気圧配置、ゆるんでいるといいですね。


加藤吉樹さんのソロウードに惚れ惚れ。

ないちゃーれきおーず、がいなまつりの商店街イベントに声をかけていただいたので、
ねこばす氏と海月は、Cafe&Bar BIS COTTOさん にご挨拶に伺いました。

コロナビール注文

しまった。

コロナビール、ラッパ飲みじゃないから、絞って入れるライム頼むの忘れた。


メニューのこのキャラ、マスターそっくし。

マスターそっくり


ミュージシャンでFMの番組も持ってて、メインのお仕事は音響屋さんのマスター、境港に豪華客船がたくさん来るようになったから、超多忙でなかなか会えないのよね。


あっ。今日はおられるね!

久々に拝顔。


新メニューも増えている。

グリーンカレーいただきました。

タイカレー

ねこばす氏、お国の味じゃん?(笑)

おいしーねー。


そして後日。

大阪在住のウード奏者、加藤吉樹さんが来られるとのご案内にて、お仕事を休んでライブに行きましたよ。


『アラブ音楽ライブ~ウードソロ』

ウードソロ。

あ。検索したら、FC2ブログ仲間さんでした(笑)
  ↓
加藤吉樹さん ウードの奥の音

昨年も来られて2回目らしい。

アラブの音楽と西洋音楽の比較のお話も交えながら、
古典音楽や、即興演奏や、なんとオリジナル曲まで。


中学校とかで習った平均律とは違う、『微分音』とやらがいっぱい使ってあって、表現難しすぎ!

鼻歌歌えないじゃん(笑)


オリジナル曲『蝉』は、
地中の様子を日本の古典の5音音階で表し、羽化するにつれて7音音階に変わっていくという面白い構成でしたよ。


エジプトのカイロやトルコでの滞在のお話しなんかもあってワクワクな2時間。


ウードって、こんなに透明で心地よい音色だったのですね。


楽隊でなく、ソロを堪能できたのは、すごい贅沢な気持ちになりますた。

贅沢にもう一つオマケは、
アンコールでベリーダンス付き♡

セクシーなおねいさんを20人占め(キャパそれぐらいだはず)です。


楽器も触らせていただき、大きさからは想像できない軽量ぶりに「おおーっ!」

びっくリざますよ。


何から何まで充実のひと時でした。


海月、10拍子のリズム「♬どぅむ えすえす たく えす  ♬どぅむどぅむ たく えすえす」ってのが頭に焼き付いて離れません!

異国のリズム、素敵です~。


すっかり魅了されたねこばす氏は、購入したCDを毎日カーステでかけっ放し。

たまにはバンドの課題曲かけてくれよ~

桑原しんいちさんのフォルクローレライブを堪能しました。

写真を撮りっぱなしで記事にする時期を逃した音楽鑑賞の記録たち、その参。


アブドーラ松本さんからお知らせをいただき、

桑原しんいちさんの濃厚な音楽を聴きたくて、
松江市伊勢宮町の『フリースペースMiz』に向かいました。




ときは、平成28年4月10日、日曜日。

G7広島外相会合のため(←無関係・笑)、残念ながらお客様は少な目でしたが、
そのお陰で、特別に招待されたような親密感


まず、アブドーラ松本さんが一曲。

笑顔ゲット

桑原しんいちさんの編曲と伺いましたが、すんません、曲名忘れちゃったー(;´・ω・)
すごい難しそうだったぞ!


難易度高し


アブドーラ松本さん、今回の企画・進行も担当されているので超多忙。

ワシ、司会と企画もやってます

企画力がある人って、すごいなあ


続いて、カラコロ・アンデスさんが、

バルデラーマ
バルデラーマ

ドーニャウ ベンサ
 ドーニャウ ベンサ

を演奏。

演奏も、ボーカルマッキーさんのチラ見えするおへそも、
益々磨きがかかって、大人の雰囲気♡


アブドーラ松本さん休みなし

そして、桑原しんいちさんのライブがはじまりました。


これ、カラコロ・アンデスたじゃきさんのブログからコピーしちゃいましたんですけど、読んでください。
  ↓


「ひとことにフォルクローレといっても様々な音楽がありまして、(南米にもいくつも国がありますからね。ペルー、ボリビア、チリ・・)桑原さんは主にアルゼンチンのフォルクローレを演奏されます。
ギター1本で前奏からリズム、伴奏のエレメントをすべてこなし、それに自身の張りのあるボーカルで多様な情景を歌い上げます。

ひとりの人間の感性、哲学、生き様から生まれる弾き語りの世界、ぜひご堪能ください。」



おおっ。カッコイイ

桑原しんいちさん

 熟れたとうもろこし畑
 ゴルペア・デ・ボンボ
 フォルクロレリスタ
 べサメ・ムーチョ
 夜の祈り
 石と道
 牛車にゆられて
 カチーロは眠っている
 インディオの子は眠る
 75番のコレクティーボ
 我が麗しき恋物語り
 コンドルは飛んでゆく
 すがた現す者(チェ・ゲバラを唄ったオリジナル。初めて聴きました)
 アルフォンシーナと海
 さとうきび畑

など、てんこ盛りのセットリスト。

ってか、時間が許す限り、次々音楽が溢れ出る感じです(笑)


『さとうきび畑』のアレンジは、海月、今まで聴いたミュージシャンさんの中でダントツ好きなんです。

自分がサトウキビ畑の中に立っていて、風に囲まれている気がするの。


たじゃき氏、いきなり指名され、『ふるさと』をケーナでセッション。

いきなりの指名

探りながらのソロなのに、打合せ無しでスゴイなあ。


『ばんざいフフィ』と、
『詩をさがして』は
カラコロ・アンデスさんとのコラボ。

珠玉のコラボ

盛り沢山で、むちゃくちゃ楽しかったです。


16時半から始まり、ゆっくりたっぷり堪能しても、
終了したら、「え?まだこんな時間?」


松江へのお出かけは、帰りはたいてい終列車なのに、
余韻に酔いしれつつ、
品行方正な時間に帰宅いたしました。

いーなー、このパターン。


フォルクローレ、満喫の山陰の夜。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ