プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

奥谷企画さんの1月の茶和 tea Live 。副題は「俺が好きさ」

1月21日、
カフェダイニング茶和(さわ)さんでの奥谷企画さんのライブを
聴きに行ってきました~


ないちゃーれきおーずメンバーであるパーカス横パパよりも、当ブログ出演回数が多いかもしれない、奥谷企画さん。


海月のパソコンにはなんと奥谷君の写真専用フォルダまで作られているのである




今回の茶和さんライブも、ないちゃーれきおーず、声をかけていただいたのですが、

早い時間帯だと、ねこばす氏が松江の職場からの帰りが間に合わない可能性があり、
忙しい確定申告シーズン中は、お客さんでの参加でーす。


今年から、茶和さんの方針が、
通常営業時間中は生音で演奏できる団体限定になったので

肉声、生ギター、カホンのみので勝負。


見た目はスッキリしていいですし

ラインレス初挑戦

楽器の音も、傍よりも正面のほうが結構響くもんですね。


歌は…、
マイクを通さないと、
やっぱり歌詞が聴き取りにくいのが残念かなあ。


奥谷君の首元にはためくSHOGO HAMADA のロゴ入りスポーツタオル。

ハマショー見てますか~

ハマショー見てますか~ (見とらん見とらん)


オジ―ロミボーンズがオープニングアクトだと思ってましたが
こちらも不参加ということで

奥谷企画、なんと、3部構成ですよ!


ハマショーをメインに、
山本コータロー・吉田拓郎など懐メロ数曲。


間奏の転調でカポを投げるのがキモになってる『恋は賭け事(ギャンブル)』も
回数こなすうち、カポをそっと置く余裕も生まれ


カホンのオジーフジー氏に至っては

いきなり新曲を振られても不動の安定感でございます。

1月茶和さん


そしてっ
今日は奥谷君のオリジナルソング『新しい女性の生き方』も登場です。


ハマショーに影響を受けて作った曲だそうで

なかなかに奥深い歌詞なので


ねこばす氏は一時、カーステで1日十何回聴いてたこともあるらしい



ねこばす氏、聴いてるかーい?(聴いてるよ~)


俺たちの熱い演奏を見てくれハマショー! (見てないよ~)

熱唱中


ちらり。

ちらり


オジーフジー氏が 気配を察して 「んっ?」

んっ?


それでもまたちらり。

そしてちらり

奥谷君の目線の先には、
常に自撮りビデオ。


恋人に送るようなまなざしですネ

釘付け


すみません
面白いので奥谷君デフォルメしてます


メディアでもきっと
こうやって歪曲した虚像が作り上げられていくのですわね




行動を制限するマイクがないため、

今日の奥谷君のはじけっぷりには
目を見張るものがありましたね


厳選のコマ送りを、パラパラ漫画風に6枚。

動く奥谷君6 動く奥谷君5

動く奥谷君4 動く奥谷君3

動く奥谷君2 動く奥谷君1

屈身・伸身、ひねり移動に開脚

重心入れ替え、跳躍、回転。


たくさんのちっちゃい奥谷君のあとは


でっかいオジーフジー氏で決めたいと思います

オジーフジー氏


へへっ。
ふたりともかっこいいね!
スポンサーサイト

記事にし損ねた2017年ライブ、覚え書き。

海月、いろんなライブに声をかけていただく機会がけっこう多いと思うのですが


聴けてよかったなあと思っても、

写真に失敗しちゃったりとか
何か他のことと重なっちゃったりとかして


その中でも、

UPしようと書きかけながら
タイミングを逃してしまっていたライブを

曲目紹介も感想も抜きに

自分の覚書のために
ひとまとめにいたしました。




3月15日(水曜日)
白鳳の里淀江ゆめ温泉ロビーコンサートに
まつもとわーるどさんを聴きに行きました。

まつもとわーるどさん


ぢいと海月が結婚した年からギターを始められ、

オリジナル曲と、
オリジナルアレンジの昭和歌謡

どれも好きです。


まつもとわーるどさんの歴史=ぢいと海月の結婚生活からの歴史でもあるので

ちょっと時別な想い入れを持っている海月でございます 




4月29日(土曜日)
しろーずさんのCafe&Bar BIS COTTOライブ。

しろーずさんビスコット


オリジナル曲が大半で、フォークロックです。

お二人とも、ぢいも一緒に活動していた頃から全然お変わりないので

なんだか、海月も若いころに返った気持ちになりますのよ




5月23日(火曜日)
THE SAKISHIMA meeting tour2017『“THE”BIRAKI』 岡山

THE SAKISHIMA meetingさん


岡山市は遠いけど 
ザ・サキシマ・ミーティングさん、どーしても聴きたくて、

ねこばす氏と、『泡盛と三線の店 あたらし屋』 さんまでかっ飛ばしていきました。


新良幸人さんの唄三弦、下地イサムさんの歌とアコギ、川原大輔さんのドラム、

身震いするぐらい、
でーじカッコよかったっすっ


新良幸人さんも下地イサムさんも
岡山には結構来られることがあるようで

今後もチェックが必要ですね!


なんぼ運転してもらっていても、
長距離の日帰りは堪えますが…(;^ω^)




7月12日(水曜日)
米子コンベンションセンターの多目的ホールホワイエで
年に数回開催される
ビッグシップ ナイトクルージングコンサート。

「夏色の弦奏」 ~津軽三味線と箏の調べ~ に行きました。


境港市在住の箏奏者の門脇京子さんと、神戸市出身の津軽三味線奏者の久保比呂誌さんのコラボです。

門脇京子さんと久保比呂誌さん


りんご追分、ハナミズキ、エル・クンバンチェロ など、選曲の幅いろいろです。


お客さんが1本ずつお花を持ち寄って、
スタッフさんがそれを活けるという演出もステキ。


お飲み物とお菓子もついてますのよ。

ナイトクルージングコンサート「夏色の弦奏」津軽三味線と箏の調べ

ふんわりシフォンケーキ。
お飲み物は、コーヒー・紅茶・ワインなどの中から選べ、


アートギャラリーでは、水彩画展も同時開催されてます。


250席限定ですが、
もっとおられたように見えたけどなあ…。


アイデア満載のイベントで
ものすごい人気でした~♪




7月28日(金曜日)
ウード奏者の加藤吉樹さんがCafe&Bar BIS COTTOに来られ、

アラブ音楽ライブ~ウードソロ。

加藤吉樹さん

1年前に初めて聴いてすっかりファンになった海月、
とっても楽しみにしてました。


複雑なリズムと音階、
アラブの魅力のとりこです。


ウードはもちろん素敵ですが
レクっていう中近東のタンバリンみたいな楽器を弾きこなされる、
鮮やかな手さばきに釘付け♡


レク、早速アマゾンでチェックしましたが
入手しても、演奏できるわけないですね。


諦めて、
真面目に三線練習しよーっと。




9月15日(金曜日)
レストランキャリーリーさんのゴールデンフライデーナイト。


美味しい晩ごはんをいただきながら
演奏を楽しみます。
キャリーリーさん晩ごはん


ないちゃーれきおーずもやってる『満月の夕』が持ち曲の 『KAZU』 さんは
じんわり優しさが持ち味

kazuさん

ボブ・ディランさんとか 中島みゆきさんとか
海月にもなじみ深い曲が多かったデス。


そして後半は『ドンキー田中』さん

ドンキー田中さん

泉谷しげるさんの曲とかもされたけど
オリジナルがメイン。


とっても良くてCD買いましたが

スタジオ撮りより断然ライブが好きだなあ。


やっぱり、生はいいですね!!


また聴きに来ようっと♪


海月、いつも全力で聴いてしまうので
ライブの後は 帰るなり爆睡なんですが




10月18日(水曜日)
またまた白鳳の里淀江ゆめ温泉ロビーコンサート。


まつもとわーるどさんが、
今回は、二人体制の『片肺飛行』というグループ名での出演です。

片肺飛行さん

今回は懐メロ盛りだくさんで

ひみつのアッコちゃんや
ひょっこりひょうたん島や

昭和歌謡も良かったデス♪


そして、続いて、カリンバごっこさん。
カリンバごっこさん1

早春譜や、主よ人の望みの喜びよ などを演奏されるのですが

今回は何年振りかにエレキギターを手にされているSAGAさん。

カリンバごっこさん2


いつもの曲に加えて

昭和ポップスや寺内タケシさんの曲を。


単音がとってもきれいで
大切に大切に弾いておられて素敵でした~





海月、こんな感じで、
音楽でいつもお腹いっぱい感謝の日々を
送らせていただいております。

奥谷企画さん、最高視聴率獲得な感じのライブ。

昨年、12月10日(日)のことですが

島根県松江市のスープカフェ、カフェモルフォというお店で
アコースティックライブがありました。


数組の出演バンドの中に
奥谷企画さんが入ってるってんで

ねこばす氏と海月、覗きに行ってまいりましたよ。


おしゃれな名前のユニットに混じり

奥谷企画さんは4番目。


奥谷君、「ぼ、僕、珍しく緊張しています」だそうですが

バンダナにグラサン、首にかけたハマショーグッズのスポーツタオルで
今回も、ハマショー愛を全身でアピール。

カフェモルフォ5


緊張していても、
いつも通り、とにかくよく動く奥谷君。

今日の屈伸運動も冴えてます。

屈伸


パーカッションのオジーフジー氏は、クリスマス仕様。

カフェモルフォ4

実は、前日が、二人が所属するウクレレバンドのクリスマスライブでして
オジーフジー氏の衣装は、「昨日のまんま着てきましたですわ」とのこと。

似合っちょる似合っちょる。


このあと次々と

いつもの通り始まった奥谷企画さんですが

今日はなんだかプツプツとレコードの針が飛ぶような音がだんだん大きくなって…


奥谷君 「あっ。ギターの電池がない」


まじっすか。


奥谷君、大物なので、
今までも
電池切れたり弦切れるのは、割と普通のこと。

カポタスト忘れたりとか

ギター忘れてきたときには、さすがに満場一致でびっくりでございました。


んで、主催者さんが、マイクで音を拾って下さることになり。

なおしまくり。


でもほら、奥谷君、体動が激しいから、
ギターがマイクにぶつかりそうで、ヒヤヒヤするのよね。


しかもですよ。

ここまでの出演バンドでは全く何の問題もなかったボーカルマイクが
ジワジワうなだれてきて

マイクに神が


マイクに合わせて段々スクワット状態になる奥谷君。

Curyさんからお借りしたスクワット画像
 (Curyさんってとこから無断拝借した美女連スクワット画像)


直しても直しても、
主催者さんがその場を離れるとすぐにまたうなだれ始めるマイク。

カフェモルフォ2


透明人間がいたずらしているのか
遠隔操作で笑いをとる裏方さんがいるかもしれないの状態に

椅子から落ちかけるほどツボりました。


カフェモルフォ3


本人が焦れば焦るほど
会場は爆笑の渦


やー。
奥谷企画さんを初めて観たお客様方は

コミックバンドと間違えた人もいるんじゃないのかな


帰りの車の中でも
翌日も

思い出し笑いで
当分苦しかったです。


奥谷企画さん、ありがとうございました。

また誘ってくださいね~

比嘉健太さんと早田恵美さんのライブに圧倒されました。

島根県松江市の沖縄酒家『島球』さんが
今年で7歳になられました。
島球さん


お祝いの『島球7周年記念島唄ライブ』
島球さん七周年比嘉健太 早田恵美ライブ

比嘉健太さん&早田恵美さんのライブ、
島球さんで開催されたライブで過去最多来場者数だったとか。


民謡三昧のステージに
ねこばす氏も海月も大興奮でした。


7周年のお祝いってことで
まずは

祝い節、めでたい節、繁昌節という、慶祝どころ3部作でスタート

ひゃー
海月、こういう始まり方、大好きだー


続いて
汗水節(あしみじぶし)からのちらしに、谷茶前節(たんちゃめー)。


『ちらし』ってのは、沖縄民謡を二曲続けて唄う場合の後の曲のことです。


谷茶前節は、男が櫂で魚を捕り、女はバーキ(ざる)に魚を入れ頭に載せて売り歩く様子を表した舞踊ですが

曲の合間に、
恵美さんのはつらつとした「イユー(お魚)コーンチョウラニー(いらんかねー)」の掛け声が入ります。


あっ。これ、糸満の漁師町の女性たちが頭の上に魚を満載したかごをのせて売り歩く声ですよ。

沖縄県立博物館の伝統とくらしの展示で
見ました見ました

海月、もうウキウキが止まりません。


そして、
徳之島の闘牛で、ワイドと言うかけ声が入った歌、ワイド節。
これ、気分がめっちゃ高揚します。

サビの
「♫ワイド ワイド ワイド
  我(わ)きゃ牛ワイド 全島一ワイド♫」
がすっかり頭に焼き付いたところで


あのオリオンビールのおなじみの曲でアッリ乾杯。

空になったグラスを満たそうと、お客さんの購買意欲をいやが上にも高めます。

もう、ヤラレタ―って感じです


このほかにも、参加型の選曲が多くて盛り上がりますですね。


お囃子は
安里屋(あさどや)ユンタの「サーユイユイ」「マタハーリヌツンダラカヌシャマヨ」や
島々美しゃの「かいしゃの」とか

沖縄ジントヨーのコール&レスポンス、「おきなわっ♪、よいとこっ♪」とか


幅広い人気の
前川守賢とか喜納昌吉&チャンプルーズとかネーネーズとかビギンで

しっとりした曲、アップテンポな曲
新旧取り混ぜて続いたかと思えば


今度は
じっくり聴かせる名曲、ナークニーやデンサー節がまたスゴイ。


1部、2部とも、あっという間でした。

比嘉さん&早田さん


民謡酒場ライブのフィナーレは
カチャーシーがお約束なんですが

まずは超絶技巧の『天川節(あまかー)』で。


内地の人は、恥ずかしがってあんまり踊りたがらないもんですが

戦後広く普及した童謡『むすんでひらいて』で
ついつい体が動いてしまう日本国民の心を、うまく活用しちょられます!!

まーたひらいてー 手をーうってー
その手をー

その手を上に
上に!!


…からの。
『唐船(とうしん)どーい』。
カチャーシー

腕を振り回し疲れたころに
『幸せなら手を叩こう』なんかも挿入され


みんな、踊る踊る。


なんていうかもう、この若さとビボーの上に、

演奏の完成度が半端なく

更に、お客さんの呼吸を引き込むタイミングのうまさといい

いや~
テンションあげあげです。


トークの内容も、
うちなんちゅに生まれた誇りに満ちている姿勢を貫いておられるのが、
とてもすがすがしく、うらやましかったですね。


海月に負けず劣らず、ねこばす氏大コーフンで
「こんなにちゃんとしてる人は初めてだっ」って

なんて漠然としていて
褒め言葉なのか逆なのかどっちとも解釈できるコメントだなあと思ったけど


音楽に対する想いとか、演奏の安定感とか経験とか技術とかの、
すべてにおいて理想的だと感じたってことなんだわね


そんなら海月も意見は一致です


比嘉健太さん&早田恵美さん、
普段は国際通りのお店で演奏されているんだとか。


今度沖縄行ったら、絶対行くよ!
行かなくちゃ!


あ。
とりあえずは、
感動の余韻を反芻しに
島球さんに行かなくちゃ!!

『キャリーリーブラザーズ』さんの5月のライブ。

レストランキャリーリーさん、
毎週、金曜日がライブの日 『GOLDEN FRIDAY NIGHT』 。


ねこばす氏と海月、原状回復工事のお仕事の都合で
キャリーリーブラザーズさんの6月のライブには行けなかったのですが、


5月のライブはこんな感じでした。
 
キャリーリーさん5月のライブ


キャリーリーブラザーズさん2

キャリーリーブラザーズさん、
歌も演奏も、全部、好き。


なにがどうだから好きなんです、って
説明できればいいんだけど、

なんだかわかんないけど、がつんと心に来るんです。


なんだかわかんないんだけど、楽しいのに涙出る。


キャリーリーブラザーズさん1

キャリーリーブラザーズさん3


今回、いっぱい、曲の説明もあって、
とっても「いいね!」だったです。


西岡恭蔵さんの「おれのあん娘は煙草が好きで~」って有名な曲、
いままで何度も聴いてましたが、

あらっ
こんなにいい曲だったのね。


『ストーミー・マンデイ・ブルース』とか、
海月が好きな『男が女を愛するとき』とか


そんなん聴きながら
おいしい晩ごはんもガッツリ完食。


定食をがっつり

定食のでっかい大皿とおんなじぐらいでっかいサラダ。
  ↓
お豆腐のサラダ


オサレにお酒をたしなみながらブルースってのがカッコイイですが、

青虫みたいにお野菜モリモリ食べつつ
人生について考え込んだりしてました。


今回も、
いい音楽とおいしいお料理でココロから満腹。


7月はいつかな~。
楽しみです。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ