活動のご案内



『Jepun Sari(ジュプンサリ)』さんのイベント
Jepun Di Warung(ジュプン・デ・ワルン)のお知らせ

●日時 :4月11日(火)11時〜21時

●場所: Jepun Sari & RUANG
     米子市彦名町18-5

お店のホームページ。
  ↓
Jepun sari &RUANG さん

ないちゃーれきおーず、19時からの夜LIVEに出していただく予定です♫

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

いつか三人でないちゃーれきおーずが完全に始動する日を、なんとなーく目論んでおるわけであります。

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

大雪のジュールクニチーは、母のきのこでお祝い。


 最後の年のひのがわ音楽祭、てーげーなんくるないさーず 『もうすぐさ』、亡夫ぢい歌ってます♬

myダーリン、もうすぐ会えるはずでしたが、ちょっと延期ですね。


旧暦で1月16日は「あの世」のお正月、ジュールクニチー=十六日祭。


今年は、今日、2月12日で、
はい、とっても大雪です。

2017ジュールクニチー5

駐車場

海月在住の西部はまんだこんなもんですが、
中部・東部は被害大きいようです。


当然、岡山県との県境に近い嫁ぎ先には帰れません。


ジュールクニチーは、

去年は2月23日
15年は3月6日
14年は2月15日
13年は2月25日
11年は2月28日。

12年は2月7日だったけど、海月、与那国に居たから問題なかったのです。


これ、寒がりの海月に亡夫ぢいが買ってくれた、足首に巻くカイロ。
  ↓
心もポカポカ

心までポカポカですが、
雪は消えるはずもなく。


まあ、お墓の前で盛大にご馳走をいただくこの風習は
多雪地方にはそぐわないってことですにゃ。


いつもなら、ウサイ(お重)をお供えしてウチカビを送って、
夜は新年会を兼ねて、ないちゃーれきおーず&てーげーなんくるないさーず関係者の集まりなのですが、

13年ジュールクニチー

今年は中止です。


ウチカビは4月の清明祭に送ることにして、

みんなとの宴会は、
今度の月命日の新年会に変更してもらいました。


てなわけで、今日は、嫁ぎ先母が採ってくれた香茸でご飯を炊いて
グソー(あの世)のお正月を軽ーくお祝いします。


こっちがぢいの。

2017ジュールクニチー1


こっちはねこばす氏のご両親に。

2017ジュールクニチー2


2017ジュールクニチー3

あや。
かなり薄味でしたにゃ。





香茸はおすましにもするのですね。
知らんかった。

香茸おすまし


ぢいと海月は海大好きなのですが、
嫁ぎ先母は、山に夢中でして。


海月、嫁いでからというもの、秋にはきのこ食べ放題の人生です。


これはならたけ。
この辺では、『ざーざ』って呼んでます。

ざーざがざーざー

ざーざ (ならたけ)


へへへ。
いっぱいもらったときの記念写真。

こんなにもらっちゃったーい

おつゆにしても

春菊と

お蕎麦に入れても

そばを茹でよう

きのこ蕎麦


ぢい、きのこ好きなくせに、
義母が採ってくると「毒タケだーッ」って大騒ぎ。

そんな人には食べさせんでよろしい ヽ(`Д´)ノプンプン


ま、2回死ぬことはないんだから、
今ならいっぱいいただけるじゃーん。


今度の月命日&新年会、
香茸ごはん、再チャレンジしましょうかね。


今度は味が濃すぎたりして。
スポンサーサイト

そろそろジュールクニチーの準備です。

沖縄の行事は旧暦で行う行事が多いので、沖縄のカレンダーのほとんどに旧暦が入っています。


カレンダーやスケジュール帳が発売された時を狙って沖縄に行くのは難しくて、たいていは通販なのですが、
今年のは、ちゃんと選んで買いましたよ。


今年の旧正月は1月28日。


海月は、新暦に続いて旧暦のお正月を大々的にお祝いすることはありませんが、
もうすぐやってくる旧暦1月16日、ジュールクニチーは、
大切なイベントデーです。


ジュールクニチーは、グソー (あの世) のお正月。


1月1日から15日までが、現世のお正月で、
松飾りが取れたところで、生きている人のお正月行事が終わりです。


沖縄や八重山では、それまではお墓参りはしないのだそうで、
翌16日に、祖先さまに後生 (グソー)で お正月を祝ってもらいましょう、ということのようです。


お店のチラシも、ジュールクニチー一色に。

チラシはジュールクニチー一色に

ご予約承ります。
取りに行けるならばそうしたい(笑)


今年は、2月12日がジュールクニチーになります。


ぢい(夫)が他界してはじめてのジュールクニチーに、お祝いの仕方を教わり、
以来欠かしたことのない、沖縄ごっこ。


2012年には、与那国の友人のおうちの神棚から、一緒にお祝いさせていただきました。


こちらのお宅の祖先様に混じって、
ぢい用のウチカビとお重。
 ↓
夫用に特別コーナー

夫用のお重一式


海月が持っているバーナーで、
夕方までお線香を絶やさないように。

バーナーと海月

お線香1日炊きます

こんなふうに、花弁が開くように燃えるのは、グソーの方々が喜んでおられる証なんだそうで。

見事に開いたお花


夕方、ウチカビ・泡盛・ご馳走を送って、
みんなでウサンデー(お下がりをいただく)するのです。


ウチカビってのは、焼いてグソーに送るお金のこと。

台湾なんかでも、まだこの風習残ってるそうですね。


沖縄行くと必ず補充して、準備しておきます。

沖縄でしか入手できない

右隣は、沖縄のスーパーとかで売ってるビニール袋。

内地ではビニール袋の大きさって大中小とかSML表示ですが、
沖縄・八重山では半斤~3斤まで、斤表示もあるのです。


初めて教えてもらったとき、ビックリだったから
お土産に買っちゃうけど、誰も要らんわね(笑)

でも、コレ、かなり丈夫なんですよ~。


ウチカビについては、
DEEokinawaさんの記事『大人の社会見学うちかびが出来るまで』がとっても面白いので、ご紹介いたします。
  ↓
【大人の社会見学】うちかびが出来るまで


ウチカビは20組が一束。

で、一組は5枚を重ねて一組にしたものが、20冊で一束です。

200円程度で売られていますが、あの世では2億ぐらいの価値があるそうで、
でも、一束2億なのか、1枚が2億なのか、
ハッキリわかりません。


どちらにしても、海月が手にしたことが無い額だってことには違いないですね。


こんなん買って、玄関先や仏壇前で燃やすのですが、
 ↓
ウチカビ焼き器

火事になることないのかな~。


与那国の友人宅では、
使わなくなった洗濯機のドラムを活用しておられましたね。

ナイス!

さあ送金だ





沖縄でお買い物していて楽しいのは、

こうやって珍しいものを思う存分大人買いできることと、もうひとつ。

たくさんの猫さんに出会えること。


歩いていると、あんなところに。

ん?

サボって商品の上で寝てる猫店員さん発見。

んんっ?


いいのか?そんな仕事ぶりで。

そこで正しいのか?


金物屋さんにも。

おや?ここにも


俺、売り物じゃにゃいっすから。

売り物なの?


沖縄バンザイです。


お盆2016。

ノウゼンカズラが咲くと、お盆が近づいたなと、気忙しい心持ちになります。

のうぜんかずら

ウチのモデルさん出演中。

花と花


ぢいは七回忌も終わったし、海月、今年は、お盆のお仕事引き受けました。


最近、季節労働にて、沖縄行きの経費を積み立てておりますのよ。

お野菜が高くなるお盆、出荷のお仕事が稼ぎどきなのです。



家族の死という現実に、真っ向から向き合う季節。


仏壇のぢいを眺めるのは、未だにちょっと厳しいので、
海月、毎年、この時期は気力不足で、ぱったり倒れたりしておりましたが。


正直なところ、『お盆にお仕事』は悲しさが紛れるので、救われた気がしますですにゃ。


15日の夕日、うまく写せなかったけど、
巨大なヨード卵の黄身みたいでした。

夕日を見ながら帰路へ


お墓は、
3日間我が家で過ごされた祖先様方が気持ちよく戻れるように、
きれいに掃き清めてありました。


仏壇の牛さん馬さんも向きを変えて帰り支度。

送り団子もバッチリ。

仏壇帰り支度


なんもせんヨメで、すんませーん。


今夜はもう、深夜の送り火まで、することはないから、
『坂上忍の好きか嫌いか言う時間』というテレビ番組と、リオオリンピックのシンクロナイズドスイミングを観て過ごします。


0時前。

出発されるみなさまへのお持ち帰り品、準備。

さあ、ぼちぼち出発


いつの間にか、結構な雨降りになっていたのですが、送金時刻10分前にちゃーんと止み。


お線香の香りに乗せて、ウチカビや御馳走を焼いて送りましょう。


嫁ぎ先母と二人で用水路で送ってたら、ぢいの姪っ子が、私たちのファイヤー!を見つけて、出てきてくれました。


姪っ子ちゃん、ウチカビ送金、初体験です。


「ばーちゃんがお金送るって、何のことかと思ったけど、これだったのかあ」

沖縄だけじゃなくって、台湾や中国でも、今もガッポリ送ってあげてるらしいよーん。


ねこばす氏も、お父さんが亡くなってから、ウチカビ送金が習慣になってるけど、
今年からは、お母さんの分も。

沢山燃やしてあげたのかな。


あちこちのおうちでも、ひっそりと影が出てきては、送り火が始まって、
ろうそくやお線香らしき灯りがぽっちりと見えます。


みんな、お土産いっぱいもらって、喜んでくださったかな。


…お見送りしなかったら、帰らずに、ずっと滞在してくれるのかな。

清明祭ごっこの友人の部は。

実は、今年のシーミーごっこ2次会の部は、
ウチカビ送金より一足先に、終わっておりました。


て~げ~なんくるないさーずの二日連続イベント出演の打ち上げも兼ねちゃったりなんかして…。


こちら、先日の「さくら祭り」の式典アトラクションのギャラとして頂戴した、
作業所のクッキー詰め合わせでーす。

クッキー詰め合わせ


ねこばす氏の水ナスの漬物と、煮豚の売れ行きも上々。

そして、ジャスコの沖縄フェアで半額でゲットした、
赤かまぼことカステラかまぼこが、
燦然たる存在感を放っております。

2016清明二次会


リーダーのオジーフジー氏、ライブの時より、表情、真剣じゃないっすか?

ワシも歌う時はきりっと


で、この人たちが、何をしているのかとゆーと、

何をしているのかというと どこどこ?

菩薩様&ぢいを写真に納めようと夢中。


うろうろ~

はいっ。
上手に捕まえたのは、
やっぱり、いつも通り、ちきんくんでありましたー。


お、安里屋おやびん、極悪人のくせに、爽やかにチューリップの曲なんか歌っちゃって。

僕チューリップの世代なの


ほんなら、浜省、行くぜ、とねこばす氏。

浜省、行きますぜ


クラミ氏のこのアクション、
全曲通して同じ角度。
徹底しておりますなあ。

アクション! なりきり度100%


振り付けにリキが入りすぎたのか、あっさりと脱落。

一人脱落


気を失ってしまえば、あとはおもちゃになるばかり~。(笑)

よく、お口の中に、プチトマトとか収納されています。

遊ばれがちなヒト


海月、『戦友の遺骨を抱いて』、
気をたしかに歌い切るつもりが、前奏からすでに号泣。

絶賛着用中


酔っ払いが過半数を超えております!

酔っ払い意気投合


今宵も老け行く、中高年グループ。

明日までお酒が残っているのは何人かな~(笑)。


THE 2016 シーミー。

今年は、4月12日に清明を行いました。


シーミー(清明祭)は、沖縄ではとっても大事な行事。

土地の神様にお墓の無事を感謝し、
ご先祖の供養を行い、
親戚一同が顔を合わせて仲良く団欒します。

ご先祖様も、みんなが楽しむ姿を見て喜ばれるのですね。


ご先祖の御願を主に行う人(仏壇を持っている家庭の主婦。つまり、そこのおうちのお母さんですな。)が、
ウチカビを燃やします。


沖縄でなくても、
ウチカビは届けたい、母心と妻心。

ってなわけで、毎年やってるシーミーごっこでありました。


今回は、家族の通院日が重なっていたので、
いつものウサイ(お重)は作らず、
通院終了後に、オードブルを買って帰ろうと、あらかじめ、嫁ぎ先と相談しておりましたです。


せっかく、与那国で本格ウサイ(行事用お重)体験をさせていただいた海月ではありますが、
  ↓
どなんでのウサイ講習記事、こちらです

ま、いろんなパターンで、要はご先祖様やぢいが喜んでくれたらいいや、ってことで(笑)。


朝食絶食だったから、
診察終了後に、まずは、くるくる寿司でブランチ。

同時に、仏壇にお供えする分も、
厳選して詰めました~

お寿司いろいろ


焼き立てパンやお総菜をオードブルにしたら、
なかなかのクワッチー(御馳走)ぶりじゃーん。

2016清明


お菓子やフルーツも沢山用意して。

ワクワクのお菓子たち

2016清明記念撮影


お墓用には、ちっちゃいおべんと、作りました。

ウチカビを焼いて送るとき、泡盛やクワッチーも一緒に届けるの。

お墓準備


さあ、送りますよー。

お待ちかね送金タイム

嫁ぎ先母、ウチカビを、一枚ずつ空にかざしては
 「テツ(ぢいの名前)、ご先祖さんを頼んだぞ!
次はお盆まで送らないから、しっかり貯金しておくように!」
って、お説教してました。

テツ、送るぞー


笑。


母、強し。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ