プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

海月がすくすく育つ訳。

方々忙しく飛び回っている姪っ子が
こんなお土産を買ってきてくれるのですが。

竹輪&キムチ

見るからにお酒の友。


運転があるから、嫁ぎ先では一滴も飲まないのに

「海月おばちゃんはのん兵衛だ」って、どうして知っているのでしょう。

いやーん。
うふふ。困ったわ。




ギターの調律であちこち出張する湯島さんからいただいた、
駿河湾土産の桜えびせんべいは、

亡夫ぢいが
両手に持って
カシカシかじるのが似合うサイズ。

駿河湾のお土産


にゃんこちゃんがサビキで釣った、
こーんな可愛いマメアジちゃんの大群を貰ったときは、

揚げ焼きにして、数日楽しみましたね。

豆鯵揚げ焼き


湯島さんから、
釣ったお魚をいただくって言ったら


大抵は、
アジとかメバルとかボッカとか
セイゴとかスズキあたりですが


いつだったかなんか
まぐろなんて貰って、

ねこばす氏とまぐろパーティー。

まぐろ入刀中


海月、まぐろなんて高級魚、
ツナ缶ぐらいしか買ったことがありませんから

お箸を持つ手が震えるわ。

大量のまぐろ


まずはお刺身でいただき

続いて
とろろ芋、海苔、ワカメをトッピングして
マグロのっけごはんにしてみました。

トッピング自在

やー。
美味しかったデス、まぐろ。


カツオのたたきと間違えてませんかってほどの
こんな豪快な量を

一度にいただくなんて、


多分、一生で、
これが最初で最後ですわね。




そして、くらつーくんからの熊本お土産が、山盛り。

九州お土産

この他にも『からし蓮根』があったけど、

それは、いただいたその場で早速切って
あまりの美味しさに写真撮るの忘れてたから

借り物のお写真、添付。

辛子レンコン




ちきんくんチョイスの
ゴンチャロフの和酒チョコボンボン!


キレイだから、だいぶん長ーくお供えしていたけど、

お酒なチョコ
 (↑ ちきんくんみたいなヒヨコも入っている!)


夫がいただいたものは 妻のもの。


てか、お酒が入っているあたり
海月のおなかに消えることを見越してのお供えですのね (=゚ω゚)ノ~♪




海月は、40年ぐらい前に食べた豚まんを、今でも思い出すのですが


当時、高級な感じの中華のファミリーレストランさんがあって、

何かの会合の際には、
そちらのお料理の大皿が
出前でよく利用されていました。


そのお店の豚まんが、

もちもちと弾力がある、ニシッとした皮で
あんも、ガシガシと弾力があり


一個が一度には食べきれない
ずっしり豚まんだったです。


百貨店の横浜中華街物産展とかに行くと
美味しそうな中華まんがずらっと並んでいるけど、


買ってお味見してみたのは
みんなふわふわで

あんな豚まんは、もう売ってないのかなあって。


イオンの火曜市で以前売っていた
これはお気に入りで 

豚さん饅頭
 (撮った写真見つからず、よそ様からの拝借画像)


並べて楽しみたいのもあって
よく買ってましたけどね。


そんなふうに
豚まん愛をたぎらせていたら


兄が「これならお前の気に入るんちゃうか」って買って帰ってきてくれましたの。


ほう。
『551蓬莱の豚饅』?

ホウライ


開けてみたら


おおっ。
にっしり、どっしり。

この重量感を求めていたんだぜっ。

ホウライずっしり。


関西では
こんなん食べられるのですか~。


すごいぞ、関西。


これからは、関西行ったら、お土産はこれですかね。


普段は、実母が作ってくれる中華まんを食べているのですが

大きさも形も、中身の具も様々でして。


それにしても、
この量はどうだ。

大小さまざま


お供えされた亡夫ぢいもビックリの
「なんじゃこりゃあ。」的な量。

肉まんの山


そして、亡夫ぢいもビックリのこのでかさ。

でかすぎだよーん。

なんじゃこりゃあ。


一個が一度には食べきれないという点に関しては
思い出の豚まんと一緒ですわね


ねこばす氏んとこに持って行って、
はんぶんこします。


この日は、ねこばす氏は、すでに焼きそばをつくっておられたので
炭水化物パーティーとなりました。

炭水化物3種


今回はあんが少な目で丁度良かった。


実母、たまに、
パイみたいにあんがどっさり詰まった
キャベツ級重量のメガ中華まんを作っていることもあって


豚まん、1個で1年分ぐらいは食べたかもしれないって気になります
スポンサーサイト

粕汁パーティー三夜。

でっかい大根いただきました。
おでぶな大根


ホントにデカいんで、ちょっと遊んでみました。
ダイコンさんいらしゃい


ねこばす氏は大根おろしを毎日食べたい人だから
毎日大根おろし

ちりめんじゃこや花がつおや、いろんなトッピングで、
一食当たりのご飯は2合。
大根おろしと鯖の醤油漬けと牡蠣酒蒸し


そしたら、
先日、こんな酒粕をいただいて。
赤岩酒造のかめ蒸し酒粕

岡山県赤磐市の赤磐酒造さんの酒粕だって。

おいしそうだねえ。


手に入りにくい、珍しいものだそうです。


ねこばす氏、今まで、酒粕はあんまり好きじゃないと言っていたのですが

まあちょっと、
粕汁召し上がってみて下さいよ。
1日目

里芋と、カブと大根と人参とお揚げをたっぷり入れて。


「あれっ?これ美味しい」と言うので


更に、粕汁、二日目。
半額フグ握りと

イオン駐車場での車中練習のあと、
お魚屋さんで半額の握りなんかも買っちゃって
贅沢に。


お大根、白ネギ、白菜、お揚げを入れました。


お揚げ最高。

お揚げがあれば、お肉もお魚も必要なーし。


「美味しいねーッ

粕汁が苦手だったねこばす氏ですが

粕汁の美味しさに開眼したようです。


大人になったねえ、リーダー。


更に更に 翌日は

義母と買い物中、
鮮魚コーナーの鯖寿司と、お刺身の切れ端を集めたパックに目が釘付けの海月。


買ってもらっちゃったです


てなわけで、今夜も 持ち寄りご飯。
おさしみのしっぽと


ねこばす氏、粕汁が好きになりすぎて
今日は自分で作って待ち構えてましたよ。

27センチの鍋にたっぷり、多分5リットル弱。

美味しかったデス!


海月は2杯戴きましたが、

ねこばす氏、鍋いっぱいを完食ですよ。


胃袋、絶対、どっかの異次元空間に繋がってますよね

クシティ(パクチー)の季節

毎年、春と秋にワサワサ採れるクシティ。

わさわさ。


クシティは、パクチーの与那国方言です。

初めていただいたのが与那国だったから、
そう呼んでます。(過去記事コチラ→与那国ごはん


嫁ぎ先母に種を持ってって「育ててください♡」ってお願いしたら
花が咲いて種が落ちて、
以来、もう、生える生える。


すっごい沢山もらって帰るんだけど、
好きな人が周りにいなくて
ひとりで ひたすらもしゃもしゃ食べることに。


むほー。くさいくさい♪
クシティ深呼吸


おかずのいちばんおっきなお皿がクシティという状態。

クシティが主役


大皿 独り占めです。

羨ましがってくれる人、誰もおらんのですが。

へへへ。


シーチキンサラダのクシティだけでなく、
お味噌汁の玉ねぎもキャベツも、プチトマトも、みんな嫁ぎ先産。

プチトマトとクシティとキャベツと玉ねぎ自家製


キウイもユリ根もサツマイモも自家製。

クシティのサラダにしか使わないけど、青じそドレッシング常備です。

クシティツナサラダ


ねこばす氏にクシティ届けると、トムヤムクン作ってもらえるんですが
自分の分にはあんまりクシティ入れないんですよ。

トムヤムクン


パクチー、最近やけに流行っているみたいで
ドレッシングや、スナック菓子やチョコまで出てますね。

にしては、みんな嫌がるの、なんでだ?


与那国でいただいたキムチ鍋を作りたいんだけど
誰も一緒に食べてくれる人がいないから


仕方なく、ピザトーストにクシティ&サルサソース載せ。
  ↓
クシティピザトースト


あと、納豆に混ぜたり
カップヌードルに入れたり
サンドイッチに挟んだり。


幸せな あおむしさんの生活を体験中です。

信州の郷土食、いただきました。

長野県のお土産に、もっちもちの縄文おやきをいただきまして。

縄文おやき


なんと、七種類もあったので

1個ずつ蒸かして、
大事にちびちびいただいてます。


割ってみるまで中身がわからないのも楽しーい
(印がついていて、どれが何か聞いたけど忘れました)


南瓜。 
かぼちゃ
 
しっかり塩味と、お味噌の風味で
ホクホク南瓜の甘味が一層UP~。


これはなんだろう? 
お野菜たくさん。

五目?
いろんな食材がごろんごろん

中華風な感じのコッテリ味付けが
食べごたえあり


野沢菜漬けの炒め煮。 
野沢菜

これが定番の具材ですよね


アッツアツのりんごも暖まります。 
りんご


小豆。 
あずき

甘ジョッパイ粒あんは、
塩あん好きの海月にはピッタリ。


お茄子と切り干し大根。 
茄子と切り干し大根

お茄子はもっちりトロリとして
切り干し大根はしゃくしゃくした食感がグッド


みんなそれぞれ美味しくいただきましたっ!


おなかいっぱいの幸せです。


ごちそうさまでした~




ぢい、こてつぱんさんの手打ち蕎麦を賞味する。

みなさんこんにちは。

海月の夫、ぢいと申しますです


海月の夫ですがなにか。


今回、わたしが主役なんで、
うちの海月に代わり、登場させていただきました。


先日、黒にゃーさん運輸から小包が届きましてね


なんと、いつもブログで交流させていただいているブロガーさん、こてつぱんさんが
ご自分で打たれたお蕎麦を
同じくバイク好きのわたしのお供えにって


お蕎麦と写真集


バイク乗りこてつぱんさんのブログ、こちらです。
  ↓
ちるPANだいアリー


沖縄や北海道や、いろんなところをバイクで旅されたり、

蕎麦を打ち、旨い酒を呑む。


むうう。
かっこえーがな。
夫、唸る。


わたしも、うちの海月がもうちょっと小遣いくれれば
もっと男のロマンを追求したかったのですが、


あ、いや、これは海月には内緒ですよ


うちの海月、料理ヘタクソだから、
せっかくの蕎麦を上手にゆがけなかったら勿体無いと心配だったんですが


湿らせたキッチンペーパーとサランラップに
こんなふうに、1束ずつ丁寧に小分けにされたお蕎麦と

海月でもわかりやすい緻密な解説付き。

説明書に従って

蕎麦打ち4段の本格仕様なのに
ビギナーにも優しい安心セット。


一束、二人前ぐらいにみえますが
一人前だそうで
うれしいですね~


一束けっこう沢山

一束茹でて
無くなったら次の一束、って感じで
ゆっくりいただくことにしました。


流水で粗熱をとった状態。
いやもう香りが


ひとつかみでも、
器が小ぶりなので、大盛りに見える。


切り口とか実際にはもっときれいなんですが、
海月、写真撮るのもへたくそで申し訳ないです。


同じく蕎麦好きのねこばす氏に、そばつゆ・海苔・削り節を持ってこさせて

ねこばす氏のお母さんの秘蔵の遺作、葉ワサビ酢漬けとか

冷蔵庫からいろんなものを出して並べてみてましたよ


何が要るかな


さあ!
解説に従って、早速いただくべし。


1、そばの香りを楽しむ。

 ズズーって啜った瞬間思わず声が出ました
 「おおっこれが蕎麦の香りというものか」


2、そばのそのままを楽しむ

 海月が「えっ。こんなん初めてだー」って


3、そばをそばつゆだけで楽しむ。

 ねこばす氏が「俺、このそばつゆが最高においしいと思っとったけど、このお蕎麦にはそばつゆ必要ないわ」
 もうおどろきの美味しさです


4、そばをそばつゆ・薬味で楽しむ。

5、そばをそばつゆ・七味で楽しむ。

6、そばをそばつゆ・わさびで楽しむ。

7、そばをそばつゆ・そば湯で楽しむ。


大根おろしやわさびや

大根おろし、ネギ、わさび。


とろろそば

七味と、わたしが好きな山芋。
蕎麦湯でそばつゆを割って。


蕎麦湯釜揚げと冷水じめと


茹でたてを写す暇が無いので
わたしに供えてくれたあとの写真だから、少し延びてますが、


じっとしていられなくて。

ああっこんなところじゃまどろっこしいわ

テーブル席へ

降ろしてもらいました。


スーパーカブ乗りのねこばす氏も
しっぽがちぎれんばかりのたべっぷり。

やーもう止まらん 初めてのお蕎麦

カブ乗りのねこばす氏も あー美味しい


お蕎麦を茹でた蕎麦湯まで完食ですよ。

多分、合計5リットルは 行ったんじゃないのかな。



海月は、こてつぱんさんお勧めのそば焼酎の蕎麦湯割りに挑戦し、
焼酎の美味しさに目覚めたようです。


ヨッパライがハイテンション満面の笑みで。

こてつぱんさんありがとうございます

「もうビックリだよ!
海月、今まで、お蕎麦の味わい方を知らなかったんだね」って。


蕎麦粉は幌加内産で
蕎麦粉1400g中力粉100gで打った九割蕎麦以上だそうです。


いろんな薬味を少しずつ試しましたが

『流水で洗っただけのお蕎麦』と
『蕎麦湯で釜あげ』を
蕎麦湯割りのそば焼酎で味わう

この組み合わせが最高でした!


これからは
お蕎麦屋さんで注文するメニューも変わってきそうです。


ねこばす氏も

「こんなおいしい蕎麦を
自分で好きな時に好きなだけ食べられるなんて。
なんて素敵な人生なんだ。

俺も真剣に考えようかな。
おフランス製のヌードルメーカー購入を。」


…ふ。
こんなやつ、鼻でせせら笑ってくれるわ


こてつぱんさん、
手打ちそばのネット販売始められたらいいのになと思いました。


そしたら、
おフランスヌードルメーカーごときに無駄で見当はずれな期待なんかせず、

美味しいお蕎麦を全国の食べさせたい人に送ってあげられる!


こてつぱんさん、そんな計画をされることがあったら、
是非お知らせくださいね。


ほんとうに美味しいお蕎麦、ごちそうさまでした




美味しくいただいた至福の時間のあとは
こてつぱんさんの旅の写真で
琉球と蝦夷に思いを馳せる


お宝写真集


かっこえーなあ。


いいなあ


わたしも、またバイクに乗ろうかな


海月が「無理でしょ、きみのその短い足じゃ」って

夫、泣く。

うわああん 海月のバカヤロォォォォ-

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ