プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

仲良しなshさんとSEさんの、この素晴らしき世界。

先日、聴きに行ったライブハウスでのこと。


海月がお世話になっているshさんが歌われた
ルイ・アームストロングの『What A Wonderful World』



日本語の題名が、「この素晴らしき世界」。


海月はジーンとして聴いていたのですが


ライブ終了後、
腰が抜けるようなお話を聞きました。




shさん 「実は内緒っけど昨日退院したばかりなの」

ねこばす氏・海月 「え゛っ」

shさん 「この間、カテーテルの手術でね」

ねこばす氏・海月 「え゛え゛っ」


以前から前兆はあって
その日、この苦しさはマズイぞと思われたらしい


お店を経営しているshさん、たくさんの従業員を放って病院に駆け込むわけにいかず
友であり重役のSEさんにSOSを発信した。


SEさんから戻ってきた返事は、「9時半まで帰れない。それまで凌げ」。

ねこばす氏・海月 「え゛え゛え゛ ーっ」


shさん、言われるままに、強靭な精神力とわずかな幸運で何とかしのぎ


SEさんにお店を託した後、脂汗タラタラの状態で救急外来に電話したところ


大病院救命救急センター受付 「緊急ですか 緊急なら救急車で来るはずでしょう」とかの押し問答で一向にらちが明かず


軽症の患者が多いと重症患者の受入れに支障が生じるから、
救急車搬送が前提なのでしょうが


自分で症状が言える状態とはいえ一刻を争う状況に、
shさんを労災病院に搬送することにしたSEさん。


それからは早かった


労災病院では車椅子が待ち受けていて
そのまま手術室へ


病院側としては、家族に連絡をと言われるけど、

shさんのおうちには年老いたお母さん。


自立している娘さんも、深夜の呼び出しに即駆けつけるのは無理だろうって


そこにSEさんがすました顔で「わたしが家族です」と男前な発言

shさん、「ちょっと待てお前は他人だろう」


そんな何だかんだのうちに手術開始となりました。


部分麻酔だから

オペのやりとりが全て耳に入るのでチョー不安なshさん。


怖くて顔をそむけたその先には
手術の進行状況を克明に映し出すモニターが。


わああ。

気を紛らわせるところがない。


shさん、肝ワサーワサです。


足の付け根にある動脈(って言われたと思う)からカテーテルを入れるんですが

挿入するカテーテルのサイズで
オペスタッフの意見が合わない様子


太すぎだよとかちょっと細いんじゃないかなとか


shさん泣きたい気持ちで

お願いします丁度いいヤツにしてください


*******************


とにかくそんな感じで無事に危機を脱したshさん。

そのまま入院でございます。


面会に来たSEさんが、まだ安静中のshさんを散歩に連れ出し、勧めたのはタバコ。

ねこばす氏・海月 「え゛え゛え゛ え゛ーっ」


ヘビースモーカーのshさんですが、
病み上がりの体では一口吸ってクラクラ。


shさんにチラリと目をやり、SEさん 「まだ具合悪そうだな」


当たり前ですっ o(`ω´ )o

せっかく広げた血管をまた収縮させてどうする


そんな中で、shさん、執刀医のマスクの奥の瞳に思い当たる節が。


そうだ、いつもランチを食べに来られる、あのお客様だ!


命の恩人が自分のお店の常連さんだと気付いたshさん。


退院したあと、早速、従業員にドクター来店の情報を問い合わせてみたところ


お店の女の子 「ああ、あの方ね、来られましたよ~(o^-^o) サラダも残さず食べられました」


って、お前等、俺の命の恩人だぞ。もっとサービスしとけっ ヽ(`ω´*)ノ 彡☆





そんなわけで、今日のライブ、
バンドメンバーさんも、内情を知ってるライブハウスのスタッフさんもハラハラだったらしい


頼むよ
冗談で胸に手を当てて「ウウッ」なんてしないでよ

その場で救急車呼んじゃうよって


それをお客さんに悟られないようにしながら


力が抜けるところは抜いたりしてましたとは言っても


もー
そんな状態でライブするなんて

予後が悪くなったら大変ですよ


皆さん体を大切にしてくださーい




『What A Wonderful World』 の和訳を検索したら見つかりましたよ




緑豊かな木々と美しい赤色のバラ

それらは 私と君の為に 咲いているように思える

そして 心の中で思うんだよ

なんて素晴らしい世界なんだろうって


どこまでも続く青い空と白い雲

明るく祝福された昼間 暗く神聖な夜

そして 心の中で思うんだよ

なんて素晴らしい世界なんだろうって


空に とてもきれいな虹が架かる

行き交う人々の顔にもね

友人たちが「元気か?」って握手をするんだ

でも 彼らは本当は「愛してる」って伝えてる

赤ん坊たちが元気に泣いている 彼らが成長するのを見守るんだ

彼らは 私よりもずっと多くのことを学ぶだろう

そして 心の中で思うんだよ

なんて素晴らしい世界なんだろうって

そう 心の中で思うんだよ

なんて素晴らしい世界なんだろうって

       (スタジオウェブリさんより拝借)


少し歌詞を替えて歌われたそうですが


大変な日々があるからこそ

何気ない日常の一秒一秒が輝いていることに気づくのかもしれませんね


後日shさんにお会いしたら、術後禁煙続行中だそうで
お肌ぴかぴかで以前より若々しくなっておられましたよ。


今をかみしめながら生きているんだって。

なんて素晴らしい世界なんだろうって。


生きててくださってありがとうshさん、
そして
SEさんとの水魚の交わりが生涯続きますように、

な出来事でした~。


メデタシ。
スポンサーサイト

1月7日。

1月7日。

島根県安来市(やすぎし)の清水寺に出掛けてまいりました。


清水寺hpによりますと


きよみずさん1

清水寺は1420年余前、用明天皇2年(西暦587年)山城国の住人、尊隆上人によって開かれた。

開創当寺の宗派は不明であるが、
承和14年11月 比叡山の慈覚大師円仁、唐留学の帰路当山に立ち寄られ、
秘密大潅頂光明真言(今日の諷誦法要)の秘法と精進料理(現在の清水精進料理、清水羊羹の元)を伝習される。

これを機に天台宗となり比叡山延暦寺を本山とする。

以後天台密教を修法する祈祷寺として今日に至る。



なのですと。


五万坪もある境内には、
国や県の重要文化財がいっぱいあるんだそうです。


海月の嫁ぎ先では
こちらで一家全員の厄除けをしていただくのが年中行事。


元旦に出かけた義父母が、海月の分もしてもらってくれているので

海月は、毎年、ねこばす氏と湯島さんに渡している、カードタイプの身代わりお守りを入手する目的で
やってまいりました~。


ねこばす氏、これでお守りが3枚溜まり

「ヤッター
困ったときに投げたら
これで3回助かるだはず」って

本当の三枚のお札はこれ

お守り、使い方違うだはず。
(たけさん、お問い合わせのたけさんの「だはず」及び「だへん」の使い方の件、パーフェクトだはず)




3が日過ぎたのに、
まだ初詣の人でごった返していますよ。


お天気いいから
ちょっと歩いてみましょうね。


総欅造の三重塔は、島根県指定文化財。
三重塔

合成写真のような

ねこばす氏が写した三重塔。

狛犬さん入れたら
なんか、合成写真みたいになっちゃった(笑)


登閣できるそうですが、
今日は閉まっていたので外観だけ。


「海月、この先の展望台に行ったことがあると思います」って言った途端、

札うち順路図 - コピー


あっ。
ねこばす氏がもうあんなに小さくなっているっ

もうあんなところに


道々、こんなところに?って感じで
ポストがあちこちに。

ぽすと?


どうやら、札打ちコースになっていて、
それぞれのお地蔵さまの納札箱だったんですね。

納札箱でした


さっき検索してみたら、



三重の塔裏から一番が始まり、山道を歩き展望台に向けて登ります。(四番から十三番まで山中鹿之助の槍砥ぎ石に向かう分かれ道があります。)

展望台に出ると見晴らしも良く、天気の良い日には中海から大山まで一望でき、一休憩と言ったところです。

展望台からは、二十七番から三十二番まで次は仁王門に向かっての下り坂です。
今では車輌通行止めにしてありますが、昔は乗用車でも通れた比較的広い道です。

仁王門からは境内に入り、根本堂裏手の鐘つき堂横に最後の三十三番のお地蔵様があります。



ですって。


展望台へ

誰も歩いていない展望台への道は
あちこち掘り返されていて

イノシシさんがドングリでも探していたのか

遭遇してしまった場合
闘う気満々で登った海月であります 
(○`□´○) エイエイオー!!


道を間違え、『山中鹿之助の槍砥ぎ石」方面に迷い込んで

尾根の手前で引き返したので

ねこばす氏よりかなり遅れて展望台で再会。


ねこばす氏も
ご無事で何よりでございます。


中海、米子市、日吉津村の王子製紙、見えますよ見えますよ。

米子市も日吉津村も



いつもお邪魔しているブログ『素の暮らし 』さんで読みたてほやほやの情報ですが、


尼子氏と毛利氏が中国地方の覇権を争っていた戦国時代には

敵が近づくと
内海の中海に入る所にある関所、美保関で烽火が上がり、

安来の十神山城で繋いで、

尼子の居城月山に情報が行ったのですって。


なるほど、こういう位置関係だったのか~。


やー。
イノシシと闘わずにここまで登れて

ヨカッタ!!


線香花火みたいな枝と鳥さん

空も風も、気持ちいーい。


展望台から仁王門への下り坂で
札打ちをされている方がおられました。


その時は何も思いませんでしたが

たぶん、身内にご不幸があった方なのでしょうね。
(札打ちは、葬儀の後、故人の戒名をお札に書き、観音地蔵に貼って回るという風習です。1回だけの地域もあれば、四十九日まで7日ごとに7回歩く地域もあります)

展望台から仁王門へ


仁王門から境内に戻り

いくつか並んでいるお土産物屋さんの
『黒田千年堂』さんでお土産を購入したら

清水羊羹とお抹茶でもてなしてくださいました。

黒田千年堂

羊羹は、名前の通り、もともとは唐の国の羊肉のあつもので

平安時代、天台第三祖慈覚大師円仁が遣唐の帰途に伝えたのが

やがて時を経て

精進料理になったときに、羊の肉の代わりに小豆を使うようになり

黒田千年堂さんの祖先さんが
瑞光山清水寺より清水羊羹製造の 門外不出の極伝を授けられて

清水羊羹の元祖となったと。


面白いお話が聴けて、すごくよかったです!!




さあ、帰りましょう。


お腹が減ったけど
目的のお蕎麦屋さんがお休みで

境港までやってきました。


あっ。
とんどさん。
とんどさん

とんど行列の町内渡御、何十年ぶりに見たかなあ。

獅子もいるんですが
交差点なので写せませんでした。

とんどさん2

お囃子にのせて
神輿が地域内を練り歩きます。

とんどさんとねこばす氏の鼻
手前のは、とんどさんではなく
運転しているねこばす氏の鼻ですネ。




今年初の回転ずし大漁丸さんで
今年初のあら汁。

アラ3種

どうやら、ぶりと銀バトウと金目鯛っぽいですね。

バトウの磯臭さが最高!


二杯ずついただきました~。


七日ですからね

もちろん、七草粥もお供えしましたよ。

七草粥
 (七草粥・千枚漬け・寒天根菜スープ・しそ昆布と七草ちぎり揚げ・京都土産の八つ橋・バナナオーレ)

今年一年の無病息災を願って。

ま、亡夫ぢいは、
もう病気知らずですけどね ( *´艸`)

お正月のワクワクのあれこれ。

アパートに帰ると、まるでさっきまで暖房が入っていたかのようにホカホカなのは、
ぢいが暖めて待ってくれているのでしょうか。

あけましておめでとうございます
(お鏡餅の飾りが、孫六さんが準備されたのと同じのでした。へへ♪)


ご褒美に、お供えたんまり。
初お供え


こちら、お正月恒例となっている、姪っ子作の干支の色紙。

2018年は戌2

この、足先がちょこんとちっちゃい感じ、姪っ子ん家の柴犬あずきにそっくりです。

じーちゃんばーちゃん(海月の義父母)が、毎年一年間、大切に玄関に飾りますのよ。


そして、これまた恒例、
ぢいのおばさんから干支の編みぐるみが届きました。

2018年は戌

海月嫁ぎ先母の兄嫁さんは、
右麻痺なのに、釘を打ちつけた板と左手で器用に編み物をされ、
毎年、岐阜から干支の編みぐるみを送ってくださるのです。


利き手が動かなくても、こんなことできるんだ、って、力をもらう方がおられるかもしれないから
毎年、介護老人保健施設のデイケアに届けて飾っていただくことにしています。


今年は更に、
縁起が良いものをもうひとつ発見。


元旦の夕方5時、
パソコンを開いてふと気づいたら
このblogの訪問者様カウンターが
ポッキリな数字になっておりました!

2018年元旦17時の出来事

ビックリ。

こんな偶然って、とってもラッキーな気がします。


覗いてくださる方々、
いつも、本当に有難うございます




今夜は、ねこばす氏ん家でおせちで新年会。


YouTubeを検索してみたら
なんと、元旦に放映された琉球放送『新春民謡紅白歌合戦』がすでにUPされておりましたーッ


仲田幸子芸能館に行けば必ず会える、
喜劇の女王仲田幸子さんと孫のまさえさん。
仲田幸子さんとまさえさん

仲田幸子さんからはいつも元気をいただきます。
今も現役で、デージうれしい


奄美のヨイスラ節、大好きです。
絶対歌えないけどね。
中 孝介さん


一番手前が、海月憧れの山里ユキさん。
山里ユキさん

ヒット曲『遊び仲風』を特訓中ですが
完成するのはいつになるやら。


元ちゃんさん

かなさんどーは、て~げ~なんくるないさーずの持ち曲でした。
懐かしい!!


琉球放送の新春民謡紅白歌合戦の公開録画にとっても行きたくて
12月の予定を入れないようにして
毎日ホームページをチェックしていたのですが、

2017年12月15日(金)の収録が発表になったのが、11月20日。


さすがにそのころには、もうあれこれとスケジュールが詰まってしまい

元旦に沖縄に行かない限りは観られないのかと
泣く泣く断念したのですが

まさか、こんなに早くYouTubeで観られるなんて!!


「県外や海外のうちなーんちゅに、ふるさとのニュースや話題を お届けする ヨシオバー2」さんのチャンネルで

ほかにも、沖縄テレビの『新春に寿ぐ』なんかもupされていて

ねこばす氏も海月も夢中。


生身のぢいが居るといいなあと思うことの多い、毎年のお正月ですが

今年は、おかげさまで、
とっても元気です!!

バリエステ後半、「男達のビューティーな休日。」 

ジュプンサリさんの12月2~4日のイベント、 『Tsu・Ku・Ru★Pasar』()。


タイトルの『Tsu・Ku・Ru(ツ・ク・ル)★Pasar(市場)』には

 『モノをツクル』

 『関係をツクル』

 『正しい身体をツクル』

 『美をツクル』

というテーマが表されていのだそうです。


最終日の内容は

・ ボールエクササイズ
・ オーストラリアが発祥のフリスボールというスイーツ作り
・ ジュプン サリ<お家で簡単横着フェイスマッサージ>
・ お昼ご飯は魯肉飯(ルーローハン)


恥ずかしがり屋さんのねこばす氏は「俺は遠慮しとくよ~」としり込みしてましたが、
奥谷君が、「休みだから僕も行ってみようかな」って。


奥谷君の前向きな姿に感化され
当日朝にはそこそこ乗り気になっていたねこばす氏であります。


さあ、ジュプンさんに出かけましょう!!


まずは、長谷川先生による『JSAボールエクササイズ』の体験で
正しい身体をツクりましょう。


全員、ひしゃげたボールを2個ずつ持たされました。


このボールを内股に挟んで立ったり
お尻の下に敷いて寝そべることで

姿勢のゆがみをとって
骨を正しい場所にもっていくのですと。


定員5名。

左から
 ね → ねこばす氏
 お → 奥谷君
 く → 海月
であります。

ボールエクササイズ
(ジュプンさんFacebookより拝借)


「身体には200個の関節があります。
 関節は関節包という袋に包まれ、
その袋の内面から分泌される液体が関節面のすべりを良くしている。

 筋力で関節を無理やり動かして鍛えても効果はあまり出ません。

関節面同士の動きをなめらかにするエクササイズで、
首・肩・腰・股関節・膝などの痛みを改善しましょ~。」


なるほどなるほど~。


どんな姿勢がまっすぐなのかを覚えたら、
家でも継続できそうですよ。


終わった後は、身体が軽くなった気がしました。


これも、海月母とかにも、いいんじゃなのかな!!




さあ、続きましてっ

待機中

✨ お家で簡単横着フェイスマッサージ ✨ の待機中の図であります。


奥谷君、30代の頃はお化粧のノリもよくて
  ↓
ボーダー6

あっ。
奥谷君は、聖飢魔Ⅱコピーバンドしてましてね。

ボーダー7
(右から二番目は、亡夫ぢいね♡)

ボーダー1
(当時のペイント担当だった、
にゃんこちゃん、ちきんくん、海月達と一緒に。)




やっぱ、お肌は大事よね!

ビューティーなオッサンを目指さないとっ。


オーナーのtaeさんは、すらりとしたナチュラル美人。


どーやったらそんなふうでいられるのか秘訣を伝授していただくべく、
美をツクルのコーナーに、張り切って参加いたしました~。


横着マッサージ
(ジュプンさんFacebookより拝借)

肘をついて、
手のひらに顔を乗せた重みを利用して
首、肩、顔、頭皮のマッサージ。


しわは年齢と共に刻まれるもので

自然で美しいから、あっても構わない。


そして、お肌の透明感は、ちょっとのコツで保てます。


子供ちゃんから目が離せないママとか
家事に追われて、自分のために時間を使うなんて大変だけど

とっても簡単で短時間だったら、
自分でも普段からできるんじゃないのかな。


横着マッサージで、
美容液や化粧水の入りが断然かわりますよ。

だって!!


どーよ。
小顔効果出てます

おおっ。

奧谷君、トウメイカン、ちょっと戻ったへん?✨


「はいるってどこに何が?」って
オーナーのお話の意味すら理解できていなかったねこばす氏でさえ

まなじりキリリ

顎のあたりのフェイスライン、ちょっとすっきりしたへん?




すっかりビューティーになったところで
さあ、お昼ご飯にいたしましょう。

ツーリンさんのご飯


ダンス、デザインなどの分野でも大活躍のビューティーなツーリンさんの
本日のごはんは

魯肉飯(ルーローハン)。

ルーロー飯とルイボスティー

豚肉を刻んで煮込んだ肉そぼろをご飯にかける、台湾のローカル飯だそうです。


八角の香りがいいんですが、

実山椒か黒コショウみたいな黒い粒も利いていて、
とっても美味しくて、パクパクいただきましたー


台湾出身のツーリン (張 楚靈/Chuling Chang)さんの
このエスニックごはんが、
実は一番の目的だったりしますのよ。


こちらは、奥谷君が注文したバリコピ。
バリコピ

コーヒー豆を粉にしてカップに入れ、そのままお湯を注ぐので
カップの下の方は大量のコーヒーの粉が沈んでます。


小説にでてくるヤツ、これか~


初挑戦だらけのビューティーな休日のシメは

奥谷君のこのポーズで。

決めのポーズ


ねこばす氏も、

「俺、見えない位トウメイになれるかな」って

透明の意味、ちょっと違う。


オーナーのお話の意味、
やっぱり理解できてない

ナチュラルビューティーおバカな
ねこばす氏でありました~

バリエステ前半「母の誕生日」。そして、後半もあるでよ。

海月の母は9月生まれです。


今年の誕生日には、
バリエステ、『ジュプンサリ』さん(ジュプンサリさんHP)のバリニーズ体験をプレゼントしようと思いつきました。


✨エステっ✨。


今まではまったく接点のないオサレ空間でしたが、

4月にこちらでライブさせていただいたときに、とっても居心地が良かったから、
(お世話になった時のライブ記事コチラ→ないちゃーれきおーず、ジュプン・サリさんで演奏させていただきました。


オサレな照明

オサレなカウチ

海月母も、きっと気に入るに違いないと、

ライブ終了時から
ひそかに策をめぐらしていたのでありました。




「エステに行くざますよ」なんて正面から言ったら、
海月母、きっとしり込みするだろうから

「女のコに人気があるお店に行くの、勇気ないから、一緒についていって~」って連れだした
誘拐犯、海月。( ̄ー ̄)ニヤリ


母、当然、最初は「エーッ」って言ってましたが、


カウンセリングを受け、
いろんな施術とコースの説明も受け

そしたら
母、なんと、
自ら、『トラディショナルバリオイルマッサージ』のコースから

 「疲れた部分をピックアップ!
 ハーフボディコース 60分/7,000円(税別)(フットバスorシャワー付)
 ①背中・脚裏面 ②脚両面 ③背中・腕・デコルテのいずれかをお選び下さい。」

ってヤツをチョイスいたしましたですよ。


肝が据わっておるな!!


海月も、エステなんて知らないから
内心、かなり興味津々です。


母、眠れないことと背中・腰・足の痛みに悩んでいるってことで

『トラディショナル バリニーズ』の説明を読みましたら



 ロングストロークで手の掌と指を使い、強すぎず、弱すぎず、日本人好みのいた気持ちいいトリートメントです。

 リラクゼーション効果はかなり高く、五感に訴えかけるバリニーズマッサージはリンパの流れや血液の循環を良くし、筋肉疲労の回復や緊張した自律神経のバランスを整えます。

 ガムランのしらべのように、ゆっくり・・・穏やかに・・・



だって。

よさそうじゃん!!


いつも体中ガッチガチの母、

指圧やらマッサージやらお灸やら
いろいろ試してますが

なかなか継続して通えるところがないのですよ。




マッサージは一時間のコースなんですが

まずは、ハーブやシロップが入ったルイボスティーをいただいてリラックス。

施術前のリラックスtea

そのあと、シャワー浴びて
アジアンテイスト香るガウンに身を包み
奥のお部屋に通される母。


行ってらっさーい。

オサレなガウン姿の母




たっぷり一時間のマッサージを受け

母が出てまいりました。


どうやら、驚きの体験だったようです。


まだ夢見心地な表情で

「すごいわ~
リズミカルで手が吸い付くみたいで
プロはさすがだわ~
かかとなんか、最高に気持ちよかったのよ」とかって


そらヨカッタ!!


マッサージは1時間でも
カウンセリングや身支度含めると
3時間近くお邪魔していたんじゃないのかな。


完全予約制で、
心の底からリラックスできる空間で
自分にご褒美のひととき。


指圧とか、
気持ちよくても、楽になるのは一時的なもので
すぐにまた あちこち「イタタタ!」な状態に戻るのですが、

今回は、
数日経っても「まだ効いとるよ~ん♪」って上機嫌。


ジュプンサリさん、すごいです~




そして。

そのジュプンサリさんで、12月2~4日にイベントがあり

ねこばす氏と海月は
美味しい青椒肉絲丼のランチ目的で伺ったのですが

青椒肉絲丼


どうやら、
参加型のイベントでいろんなプログラムがあるようです。


なんか、ワクワクだへん?


ってことで、

後半、体験報告に続きます~

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ