活動のご案内

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!

ーーーーーーーーーー
『おくたにくらぶ 茶和 tea Live』 part3
6月17日(土)18時半~
カフェダイニング茶和(さわ)
鳥取県 米子市 両三柳 58-3 ーーーーーーーーーーーーー
『カフェビスコットさんライブ』
2017年7月14日(金曜日)
20時
ーーーーーーーーーーーーー
『世界の料理とビールの音楽祭2017』
2017年7月23日(日)
12:00 - 21:00 UTC+09
カラコロ工房
〒690-0887 島根県 松江市殿町43
ーーーーーーーーーーーーー
がいな祭『元町音楽祭』
2017年7月29日(土)
元町サンロード内、パティオ広場

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

くわーっちー、うさぎるうさぎる。

元職場の雇用主さまの月命日。
お墓の場所がわからなくてお参りできないから、いつもと違う御供えをと思い、九州フェア。
九州フェア

・くらつーくんが九州沖縄物産展で買ってきてくれた、くまもん焼きそば
・熊本のトマト
・にゃんこちゃんにお土産に頂いて、大事にしまっていたカラシ高菜で、納豆玄米チャーハン
・鹿児島の麦焼酎『麦灯』

故雇用主さま、ささ、ドーゾ。
くらつーくんも、ぢいも海月も、大変お世話になりました


そして、この日は、ミスタハルサー夫妻とお母さんが丹精込めて育てた艶やかな夏野菜をバンナイ頂戴しました。
宝石
ういぐゎウマウマ

ピーマンとナーシビとウイグヮ。

ピカピカ。
いい匂ーい。

いそいそと、雇用主さまと菩薩さま&ぢいにうさぎます。


早速ウサンデーして、まずはウイグヮとピーマンをそのままポリポリ。

やっぱし丸かじりがサイコーです。
ナーシビは、まずは一本糠漬けに。


今日はねこばす氏が三種混合浅漬けを作って、菩薩さま&ぢいにうさぎてくれました。
ミスタハルサーのお野菜うさぎる

餅海苔をかけてもま~さんど~。
里の母がくれた梅漬けウイスキーがクイクイ進みます(笑)


ミスタハルサー、海月を育ててくださっている皆さん、いっぺーにふぇーでーびたん。
関連記事
スポンサーサイト

谷茶前の~浜に~♪

ねこばす氏がお仕事をしに来るついでに、するるを買ってきてくれました。


実は昨日、カッパ寿司のメニューにするるの唐揚げを発見したのであります。

なんくるの持ち曲、『谷茶前』に登場する、するる(きびなご)です。

ヤッター。
地元でするるが食べられるなんて。
だって今までは、出雲駅前の『南来酒菜バンブー』まで、高速で1時間以上かけて行かないと食べられなかったんだもん。


てなわけで、ねこばす氏、なんと10皿分70匹を買うてきてくれはりましてん。
するるの大群

平日は、16時までならランチタイムで、1皿7匹で90円也。


揚げたてに藻塩と餅海苔を粉にしてかけていただきます。
でーじま~さんど~

あっという間に70匹は消えてなくなりました。御万人うち揃いてぃ、かっぱ寿司にイスズミソ~レ~(お急ぎくださぁい)



谷茶前ぬ浜に
スルルン小が寄ててぃんどうヘイ
スルルン小が寄てていんどうヘイ
ナンチャマシマシ
リアン小ソイソイ リアン小約束

スルルン小やあらん
大和ミジュンどやんてぃんどうヘイ
大和ミジュンどやんてぃんどうヘイ
* 繰り返し

兄達やうり取いが
姉達やかみてうり売いがヘイ
姉達やかみてうり売いがヘイ
* 繰り返し

うり売てぬ後ぬ
姉達が匂いぬしゅらさへイ
姉達が匂いぬしゅらさヘイ
* 繰り返し

あぬ森に登て
互に思い語らヘイ
互に思い語らヘイ
* 繰り返し


「スルル」は、ニシン科の小魚「キビナゴ」のこと。
「大和ミズン(ミジュン)」は、イワシとの解説や、沖縄県・鹿児島県奄美大島あたりに分布しているニシン科の小魚「ミズン」だとあったりして、イマイチよくわかりません。

新婚旅行で耳にした、「よい品をいつも安く」をモットーの沖縄のディスカウント店『ビッグ1』のテーマソングが、谷茶前の替え歌。もともとは、それにハマって沖縄音楽の道へ(笑)。

きっかけに全く深みがなくて、わっさいびーん
関連記事

6月23日は沖縄慰霊の日。

今日はぢいの月命日でもあり、慰霊の日。


1945年4月1日にアメリカ軍の沖縄本島上陸によって本格的に開始された沖縄戦は、第32軍司令官牛島満大将(当時は中将)をはじめとする司令部が自決した日をもって組織的戦闘が終結したとされています。

第二次世界大戦で多くの尊い生命や文化的遺産を失つた冷厳な歴史的事実を厳粛に受けとめ、戦争による惨禍が再び起こることのないよう、人類普遍の願いである恒久の平和を希求するとともに戦没者の霊を慰める日。

司令部が壊滅してもそれを知らされなかった兵士たちは抵抗を続けたから、戦闘はその後も続いたんだけど。

だから、降伏文書への調印が行なわれた9月7日が「市民平和の日」に定められているそうです。


ぢいの好きなお抹茶を点てて、黙とうを捧げます。
和風に見えても何かが違う 慰霊の日だし…

仏事には不可欠なイメージのレモンケーキと、あまがしに、はったい粉を豆乳と小麦粉で練って茹でたお団子を入れたぜんざいを添えました。


今月はお泊まりで贅沢三昧をしたから、夜も飲みに行かず、穏やかに過ごしましょうね。


それでも、ねこばす氏がお仕事帰りに、ケンタッキーに連れて行ってくれ、ぢい好物のフライドチキンとコールスローをドライブスルーで購入。

日曜日だし、河原では少年野球の試合があって、橋は車も自転車も沢山。
自分の運転では立ち往生のところでした。


冷蔵庫に有るものでクワッチー。
やっぱり一貫性がない

義母の巨大たまんむうが丸ごと入ったスープを、ねこばす氏が作ってくれました。

そして、般若心経てぃさーじで作ったありがたーい木綿豆腐で、スクガラス豆腐。
どっしりしているから、スクガラスとの相性抜群。

もう、物産展の時に島豆腐をまとめ買いしなくても大丈夫(笑)
関連記事

琉球染織勉強会。

ちきんくんからの情報で、日本海新聞社で開催中の琉球染織の展示会を観に行く。

行ってみたら、羽織袴にブレスレットのにーにーが受付に。
和装につけ爪でラメ入りファンデーションのねーねーが案内してくださる。
あい?

実は着物屋さん主催の展示会で、奥では着物を売っていたのでした。


紅型や、芭蕉布、花織、上布、ミンサーなどの古いコレクションを堪能。ねこばす氏着たそう 芭蕉布

琉球に養蚕技術も伝来していたことを知らなかったわたし、絹の織物もあってビックリ。

歴史好きのねこばす氏も、貿易ルートの解説を読んで夢中。


土砂降りの中の野良仕事帰りで、長靴にぢいのでかでかジャンパーのわたし・くたくたTシャツにすね毛丸出しのハーフパンツにつっかけのねこばす氏は、あでやかな雰囲気にあまりにもそぐわず、積極的に反物を勧められることなく、じっくりお勉強できました(笑)


うちなーヂラーの染めの先生が、ハイサイおじさん・新安里屋ユンタ・島唄・唐船ドーイを弾いておられ、初めて見る色合いの御紋ティーガにも鼻息荒く貼りつく海月。
弾いてみる?と勧められ、辞退したねこばす氏。
あとで、「しまった あんまー形見の一番着物を弾くべきだった」と悔やんでた(笑)。


すごく面白かったよー。
ちきんくん、いい情報ありがとう。
関連記事

おさかな天国

今日はなんくるの練習でした。

練習場の湯島自動車に、ねこばす運転手と共にオイル交換に行ったら、夕べ釣ってきたというメバルちゃんが10尾。

練習を待たずして、早速お昼ご飯の準備です。

湯島さんにオイル交換してもらう間に、めばちゃん1尾で炊き込みご飯。
ねこばす氏が、5尾を煮付けに。

オイル交換が終わると、湯島さんがご飯の味付けと特製ドレッシングサラダを担当してくれました。
三人でのお昼ご飯は久しぶり。
美味しい楽しい時間です。

4尾もらって帰り、2尾は実家へ。
残りの2尾を背開きの塩焼きにして、菩薩さま&ぢいにうさぎました。
めばちゃん背開き定食

釣りも大好きだったぢい。

オジー氏のあじくんや、湯島さんのめばちゃんの釣果報告を見て、グソーでの修行が上の空かも(笑)
関連記事

米子市音楽祭「かんダーリ」

ねこバスやいびーん。

米子市音楽祭『JAZZ』を観てきましたぜ。
出演は。

鳥大JAZZ研究会(どうやら、本人達は医学部ってのがアピールポイントらしい)
1.jpg



JANKS
2.jpg



JAZZ Minority
3.jpg
選曲は、メジャーなギタリストのメジャーな曲でした。
ピアノが上手。
ヴォーカルがなかなか頑張ってましたでした。



Just Friends
4.jpg

これまた、ヴォーカルがなかなかに上手。



TWICE
5.jpg

上手でしたよ。
ギターのヴォリューム・ペダルってがあの時代のフュージョンですかね。


Honey B Horns
6.jpg


レインボー・ジャズ・オーケストラ
7.jpg


JAZZは、(かんダーリ)な人が多いですね、ぜんぶではいけど。
関連記事

恩人『なにわ一水』さま。

初めての『なにわ一水』さんには2008年に『雲の一』に、翌2009年は『雲の二』のお部屋に泊まりました。

来年もまた行こうねと計画していたから、ぢいがグソーに行って初めての結婚記念日、供養がてらに一名で申し込みをしたら、二名からしか予約出来ないと知り、二名で申し込む。

二人分の食事をお食事処で時間内に戴くのは不可能なので、本当なら出来ない部屋食を無理矢理お願いして、朝ごはんは無しで。

おかげで、部屋から一歩も出ることなく過ごしました。
マイ別荘のような懐かしさ ぢいも満足げ

お風呂には写真を連れ込み、二人分のお食事を延々と戴きながら、二人で八重山ツアーに参加したときやライブの記録DVDの等身大のぢいに触れては号泣。
まさに飲んだくれ状態でございました(笑)

一緒にDVDを観る

チェックインの時に「夫は急に来れなくなっちゃって」と言ったら、従業員の方々がすごく心配してくださるもんで、しかも、宿泊費は一人分で清算してくださったもんで、嘘を突き通せず、良心の呵責に耐えかねて、アンケート用紙に真相を白状。

おもてなしの心遣いへの感謝に併せて、「思い出にすがらなくても生きていけるようになるまで、来年の今日も同じように過ごさせていただけますか」とあつかましいお願いも。


そしたら、後日、なんと山内支配人さまから、お手紙とお悔やみが届いてしまいました。
「またのご予約の折には一名様で承りますので、ご遠慮なくお申し付け下さいませ。
またのご来館を従業員一同お待ちいたしております。」

またまた号泣ー。
手紙を何度も読み返す。


てなわけで、暖かい思いやりのお言葉に頼って、翌年からも、毎年同じ形で過ごさせていただいておりました。

翌年は、二人で泊まっているのと同じように、鍵も二つ。
結婚記念日だから、スパークリングワインとフルーツのデザートがこれまた二人分。

スパークリングワインだよーん 2年目は向月庵3種盛り
お部屋食は特注おべんと こんなだから
夜食に残しても 食べきれません

燗酒のお猪口もちゃんと二つ。

お泊まりセットまで、夫婦二人分という気配りに、頭が下がります。
デザート3種×2 やっぱりさくらんぼ

毎年、支配人さまからがわざわざ確認のお電話までくださる心遣い。

でも、昨年で三年目。そろそろ、特別な配慮をしていただくには甘えすぎ。
それに、このお宿の隅々まで行き渡った心遣いをみんなに教えたい。

てなわけで、今年はちきんくんをお誘いしたわけです。

すごーく喜んでくれたことが、なにわ一水さんの身内のように嬉しいわたし。
今回、大好きなちきんくんと喜びを分かち合えて、きっとぢいも大満足。

本当によい時間を過ごせました
関連記事

結婚記念日。

結婚記念日6月17日は、毎年前日からお泊まりの日と決めています。

二人とも、松江しんじ湖温泉の特上のお宿『なにわ一水』がお気に入りで、ぢいが事故で他界するまでの二年間は続けてお世話になりました。

だもんで、その後、ぢいがコンパクトサイズになっても毎年同じお部屋『雲の一』を指定。

湖と部屋風呂 檜風呂

今年はちきんくんを誘ったので、菩薩さま&ぢいと四人で贅沢三昧です。


ちきんくんは「かりゆし着てこようかと迷ったけど、ヒヨコがいいかと思って」、と黄色のお洋服(笑)
さすが、我が家の外飼いペットの自覚充分。

まずは、ちきんくんもわたしも大のお気に入りの和菓子屋さん『向月庵』のビワでWelcome。
びわをついばむヒヨコ。 ひよこも湯けむり美人。

そして、お夕食までに一回目のお風呂です。
ぢいがちきんくんのヌードにウホウホで修行の妨げになっちゃイカンのですが、きっと菩薩さまが制御して下さるでしょう。
湯けむり美人の写真もパチリ。


お食事は別の個室、『なにわ亭』にて。
ちきんくんが写真を撮ってみると、菩薩さま&ぢいはやっぱり一緒。
夫はエアコン好き。
暑がりのぢい、いつも冷蔵庫やエアコンのそばに居るみたい。


次々運ばれるくわっちー。
記念写真は撮りたいし、美味しいうちに早く戴きたいしで、大わらわ。

ワイン、前菜、白バ貝黄味酢掛け 御造里五種、和牛陶板焼、蜆ふわふわ真丈 のどぐろ煮つけ、甘鯛蓮根蒸し銀あん、燗酒 飛魚茶漬け、鮑と烏賊と海老の酒盗焼 デザートのなにわ5種盛り
毎年担当してくださる中居さんの、残った白ご飯おにぎりの心遣いにも大感謝です。


ちきんくん付き添いのおかげで、初めて大浴場にも挑戦。

まーすサイダーで二次会 わーい、おにぎりだぁい

お部屋に戻ってからの宴会。菩薩さま&ぢいを、わたしが写すとわたしのラッキーカラーに。
あ、それとも、もしかして、生前大好きだったメロンソーダが飲みたい?(笑)

お部屋にもちゃんといる。 わたしが写すとラッキーカラーに。


深夜の石灯篭の灯りでのお風呂。

しじみ捕り漁の舟を眺めながらの朝風呂。
部屋風呂から眺める蜆漁 朝ごはんがっつり
ごはんのお供の品数が半端なく多い朝食にも挑みますが、さすがに完食ならず。


売店で、何故か紅型の手作り小物が並んでいるのを、記念に購入して、竜宮城で過ごす二日間が終了しました。

ちきんくんは、14時前から職場でひと仕事があったので、余裕をみて現地で解散。
あとから、写メとメールが届きました。

「大切な結婚記念日お泊まりに私も誘っていただきありがとうございました

お料理、お風呂、雰囲気、風景、スタッフ、二次会どれをとっても大大大満足
何度も言っていますが、本当に贅沢ないい時間を過ごさせていただきました」


わたしたちも、ペット同伴できてとても楽しかったよ、ちきんくん。
本当にありがとう。

『なにわ一水』さん、サイコーです
関連記事

グングヮチグニチ(五月五日)。

6月13日は旧暦の5月5日。
あまがしを食べました。

この辺では、端午の節句には、ちまきを食べたり、菖蒲を茅で束ねた菖蒲風呂に入りますが、海月のうちなんちゅバイブル『御願ハンドブック』によると、

「グングヮチグニチ(五月五日)は、うちなーの菖蒲の節句。
気温が上がり、体調も壊しやすいことから、家族の健康と安全を祈願し、『あまがし』という小豆と押し麦を黒砂糖で味付けたぜんざい風のお菓子を、ヒヌカンと仏壇にお供えし、菖蒲の葉をスプーン代りにして食べる。
菖蒲は、葉の形が剣に似ていて、においも強いことから、邪気払いの効果がある。
男の子には、『尚武(武事を尊ぶ)』に通じるものとして、特に与えられた」

とのことでございます。


レトルトのあまがしは、押し麦と金時豆でトロリとしていて、ぜんざいにぴったし。


ご仏壇へのお供えは小豆のパウンドケーキと、オーツ麦のクッキーで内地風に。


菩薩さま&ぢいとわたしは、ねこばす氏とくらつー君を巻き込んで、替え玉・サラダ・ご飯・かき氷お代わり自由のラーメン屋さん『七福』に集合。
堂々とあまがしを持って乗り込み、ぜんざいにして証拠写真まで撮るという暴挙に及びました。
なめこおろし?いえいえ、ぜんざいです

ねこばす氏が常連さんで、「いつものですね」と言われるくらいの顔なじみだから、小市民のわたしにも達成できちゃいました。
菖蒲の葉っぱのスプーンじゃないけど、どうせゴッコだからいーのいーの

みんな、ちゅふぁーら。満足、満足。

中山間地の我が家でさえ27℃もあるこの暑さ。
皆さまも、お体には十分気をつけてくださいね~。
関連記事

久々に、なんくる練習参加をはたしました

7月20日(土)のラフズでのライブに向けて、初練習がありました。


今回は、美童波月ちゃんとミスタハルサーが出演できず。

いつもならベースと三線とボーカル担当のオジー氏がパーカッションを受け持つので、ねこばす氏も賛助出演。海月と一緒に三線です。
ゴーヤ&パパイヤチームのウクレレ小松氏も出演予定。


そして、ロス・レガリートスの歌姫グループがボーカルを務めて下さることに。

彼女達は、ゴスペルや他のバンドでも歌ってる猛者。
なんくるでも、以前から何かと協力してくれる助っ人(定着メンバーより実力派なのに)だから、心強ーい


今回の練習は、鍵盤氏とエレキギター氏はお休みだったから、歌姫達のキーと、曲の尺の確認。音源をかけながら、さらりと流します。

ねこばす氏は、なんくる初期の頃にギターで参加していたけど、三線では初。
音源を聴きながら弾いて音を拾う練習法派ではない為、みんなの雰囲気に合わせて全体像を掴みます。


ぢいやミスタハルサーの代わりは無理だけど、カホンと島太鼓、海月にもちょんぼしだけできるようになれば、オジー氏ボーカルの曲を再開できるのになあ。

怠けてて、わっさいびーん
関連記事

7月のイベントのご案内でございますです。

 2013年7月7日(日) 
米子市音楽祭ファイナルコンサート Potential of JAZZ~ジャズの可能性~】
  開演14:00~
[会場]米子市文化ホールのメインホール
      米子市末広町293
      TEL:0859-35-4171
 [出演]松本茜、太田朱美、横田誓哉、大西瑞香、レインボージャズオーケストラ 他
[料金]一般1,000円・高校生以下500円
   

 2013年7月7日(日) 
・カラコロ・アンデスさん 
 『蓮池の上での演奏会』
 •場所:米子市淀江古代の丘公園
 •時間:夕方の夕涼み
 

 201年7月13日(土) 
・ゴーヤー娘&パパイヤおじさん ライブ
   毎年7月~9月の金・土曜のカフェレストあぷりこ(0859-48-0707)のビヤホールが、今年も始まりますよ~。
あっり、カンパーイ


 2013年7月20日(土)
なうい洋一ライブツアー2012-2013「一番やりたかった事をやってみよう」米子場所

  米子ラフズにて開催。
  時間:Open 17:00 / Start 17:30
  チケット:1500円+1ドリンク500円

 「米子納涼まつり」として、ビールを飲みながら、出演者のちょっと怖い話&音楽を楽しみましょう♪
   
▽出演
  1、筆島将太
  2、て~げ~なんくるないさーず 
  3、小迫竜也
  4、なうい洋一
  5、アヒルパンチ
  6、シローズ
 ※て~げ~なんくるないさーずには、ねこばす氏も登場!乞うご期待 

▽会場
・鳥取・LIVE HOUSE 米子 AZTiC laughs
・鳥取県米子市道笑町1-3 BMEビル1階
・TEL:0859-22-0727  
関連記事

ボランティアフェスティバルに参加。演奏ではなく、フリマだけど(笑)

盛大ッス。
人口わずか三千人、2km四方のちっちゃい地域での福祉行事。

フリマ好きのぢいが、ひのがわ音楽祭でも毎年企画していたけど、ぢいが他界してからは初めての出店。
ねこばす氏に手伝ってもらいました。


社会福祉協議会と地域の実行委員会の人達が協力しあって作るイベントで、今年で11回になるんだとか。
施設内はかなり広く、デイサービスセンターともつながっているみたい。
2階には立派な式典会場。
大きなステージ。

…。もしかして、ステージイベント出演者で申し込むべきだった?


6年住んでいるけど、巣の住人は自治会とは無関係なので、接点は全くありませんでした。
月に一回のポスティングや、ボランティアの海岸清掃で見た顔があるくらい。
職員以外は、老人クラブ連合会や、子育てサークルのママが大半のようです。


前日は13時半から会場全体の設営で、テントを張ったり、施設内の家具類を移動したり、テーブルや椅子並べです。
それが終われば、あとは各自持ち場の準備をして自由に解散。

フリマる。 フリマる2

とりあえず、こんな感じに品物を並べ終わり、安心して16時に巣に帰宅。

今日が8時半集合。10時開会式。

その前に、健康体操サークルの「花は咲く」のダンス披露。壁際で一緒に踊っちゃう。
続いて、健康体操サークルの方々の指導で、輪になって村民歌で踊る。

見れば、村民でないねこばす氏も、高齢者に手をとってもらって、楽しげにやってるやってるー。

あい、防災無線で毎日流れてるのは、この曲だったわけ?


出店は10時半~13時半。

協議会の中でサークル活動をしている方々、いきいきクラブや、障害があって作業所に通う方、出演団体の子供達やご家族が覗いていってくれます。


持ち場を離れられないから、他の部屋の様子は良くわからないけど、赤十字奉仕団の食べ物ブースもたくさんあったみたいで、いい匂いがしてました。

ゲームやクイズ、ビンゴ大会に、立派なステージでは演奏や郷土芸能発表など、かなりの大掛かりな企画にビックリ。

外のテントからは「ベエエェ~」と鳴く声。
牧場が協力しているミニ動物園に、ヒージャーもいるのかな
ねこばす氏、「シルー?」とそわそわ。


と、与那国からメール。


「昨日、台風が発生しましたね。こちらでは、1週間前からアリンコ注意報(普段以上にアリが出没し、あらゆる場所から水を運んでいく現象)が発令され、いよいよ台風シーズン到来かと待ち構えておりました。
今回の台風3号、名前はヤギ台風といいます。くーちゃんねーねーとねこばす氏が喜ぶと思ったので、報告いたしました。
私としては、更に愛称をつけてシルー台風と呼んだ方がいいのでは?と思っています。(笑)」


おおっ、ナイスタイミングの話題やっさー。


午後から二階で出し物が始まると、お客様がいなくなるから、ほかのお店を物色。

与那国でお世話になった大好きなねーねーが、スヌーピーが好きだはずだから、ブランケットをゲット(シマッタ、ねーねーは暑がりだった…)。

ねこばす氏は、深紅に黒のガイコツ模様のネクタイを買い、アロハの衿はボタンを外したまま、生首に締めて、澄まし顔で座ってます。それ、生命保険の勧誘とかにイケるへん? 
オールディーズバンドのロス・レガリートスの赤いスーツには地味だけど(笑)

茶色の壁にベージュの椅子、本人も茶色で服もベージュで溶け込んでいたから、漸く存在が明瞭になったところで、まもなく閉店。


14時閉会のあと、みんなでお片付け。

リハビリ台を運ぶのに手が足りず「ピゥッ」と指笛を鳴らすと即座にねこばす氏がやってくる。
「あと1人~。」
今度はねこばす氏が、「ピゥゥ。」と指笛(笑)
職員らしいにーにーが来てくれたけど、それに反応したのか?

おいとまのご挨拶のとき、責任者のアマノさんが「売れました?」と心配そうに声をかけてくださった。
それでも、食器が16客くらい、日用品が3つ、衣類が10着くらい、Qooのバックが20くらいは捌け、なんだかんだで、とりあえず、ねこばす氏に天下一品のラーメンをおごれるくらいの売り上げはありました。
誰かが活用してくれるならうれしいから、Qooグッズをおまけでつけました。可愛がってね~。


与那国の国際かじき釣り大会とかで、友人達はヒージャー汁やヤシガニ汁を売ってたみたいだけど、フリマはしないのかなあ。
するなら、残りを送りたいけど、子供が少ない島だから、ジュニアサイズのわたしの服とかじゃ、だめかなあ。


じーまーみー豆腐を作るのにミキサーをゲットしようと狙っておりましたが、売ってなくて、代わりに陶芸クラブのお刺身皿セットを買っちゃいました。
ねこばす氏が菩薩さま&ぢいにうさぎる玉子焼きをのっけるのにジョートー。
もうコレステロールは気にしない
生前、妻から「タマゴは1日一個!」と厳しく強いられていたわが夫、卵三つ使ってあるよ。
怒らないから、しっかりうさがみそーれ。
関連記事

かじきの中身、また逢う日まで…(ToT)/~~~

昨年の2月、ジュールクニチーの与那国訪問の際に、友人から贈っていただいて、大事に大事に大事に大事に、残しておいた、最後のカジキの中身をとうとう料理しました。


荷物を開封したら、ジュールクニチーのウサイの残りと共に、こんなにたくさんのお宝が!
一緒に旅行したちきんくんと山分けし、後日、盛大にパーリーも行いました。
くわっちー、こんなに! 最初の与那国パーリー


食べやすく切って茹でてからパックに詰めて冷凍して商品化された状態のカジキの中身は、いつも売っているわけではなく、与那国の空港の漁協の売店に時たま出るのを、友人がチェックしてはキープしておいてくれたもの。

お魚好きのわたしにはタマラナイ


解凍して、島酒と下味をつけて炒めておいてから、さらに半分ずつ冷凍しておいて、ニラと合わせてイリチーにしてはちょびちょび戴いておりました。
しかし、一年以上残していたので、美味しいうちにと、盛大に調理してみましたーっ。
カジキの中身パーリー

・定番のニラとのイリチー
・初顔合わせ?コールラビの茎と葉っぱで、黒胡椒のソテー
・季節限定ふーちーばーとのイリチー

コールラビ意外にイケます。

もしかして、セロリとか炒めてもいいかも。
ふーちーばーは、個性が強すぎて、カジキの中身が押され気味。


毎年、7月くらいには与那国国際カジキ釣り大会が3日間あります。

なんくるのオジーフジーとポリカイン湯島さん、船買って釣ってきてくんないかなー。
関連記事

わーい 二合瓶ッ

二合瓶仲間が増えました


近所のマルイで泡盛フェアをやっているのを発見。
泡盛三昧2合瓶 先輩2合瓶

三合はフツーに見かけるけど、地元で二合瓶を見たのは初めて

二合瓶は、菩薩さま&ぢいのお供えにぴったしサイズなので、以前、厳選して『うーとーとー』と与那国の『舞富名』を買って帰り、舞富名は泡盛洗浄に使ってしまっていたから、つい嬉しくて全種類大人買い。
どなんもあったけど、残念ながら三合瓶でした。

どれも30度あるから、こーれーぐーすもハブ酒(←これは作りません)も作れるよ~ん(笑)。
生とうがらしの季節になったら、島とうがらしでなくても試してみよーっと
関連記事

2013,6,2  はあつ祭行って参りました。

お天気は暑くも寒くもなく。出店は沢山あるのに、脱水対策にペットボトルのお茶までが配られました。

ゴーヤー娘&パパイヤおじさんの演奏時間をめがけて行ったから、午前中の出し物は終了していました。
ゴーヤ&パパイヤ
曲目は、
 涙そうそう
 童神
 島人ぬ宝
 島唄
 はいさい叔父さん

皆堂々として、心臓に剛毛が生えた逸材揃い(笑)
今回がデビューの新人さんも混じってるなんて見えないよー

ウクレレのソロも効いてます

人数多いのに、パーカッションはカホンひとつだから、塾長のおじーフジーの手は真っ赤。

毎年7月~9月の金・土曜にあるカフェレストあぷりこのビヤホールでは、7/13、 8/3、 8/17、 9/7 がゴーヤー&パパイヤのライブ。
て~げ~なんくるないさーずのライブも8/31にあるみたいですよ。
ご予約はお早めに


そして、いつものげんきなフレンズさんの演奏のあと、なんと男性のインドネシア舞踊を初めて観賞
インドネシア舞踊 スぺシウム光線 紅白の幕がちょっと残念
カラコロのジョニーさん、こんどは是非この衣装で一緒に記念写真とってくみそ~れ~

関連記事

| ホーム |


 ホーム