活動のご案内



『Jepun Sari(ジュプンサリ)』さんのイベント
Jepun Di Warung(ジュプン・デ・ワルン)のお知らせ

●日時 :4月11日(火)11時〜21時
●場所: Jepun Sari & RUANG
  鳥取県 米子市 彦名町18-5

お店のホームページ。
Jepun sari &RUANG さん
ないちゃーれきおーず、19時からの夜LIVEに出していただく予定です♫

…………………………

『おくたにくらぶ 茶和 tea Live』

●日時 :4月22日(土)15時〜17時
●場所:カフェダイニング茶和(さわ)
  鳥取県 米子市 両三柳 58-3

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

大神島の生活史が出版されるそうで。

ねこばす氏・ちきんくん・海月も訪れたことのある、沖縄県宮古島市の大神島。

(関連記事こちら→ねこばす氏、沖縄初上陸記。⑦大神島を目指す。

沖縄県宮古島市大神島
  (大神島ホームページよりお借りしました)


「祈り」の歴史や文化が詳細に記録された「生活誌」が出版されると、
琉球新報 のニュースで知りました。

 
琉球新報 1/29(日) 8:30配信より転載
   ↓


沖縄県宮古島市の小規模離島、大神島の自治会が島の歴史や伝統文化などを記録した生活誌「ウプシ」を出版した。
高齢化により現在の世帯数は15、人口は約30人しかおらず、存続の危機にひんしている大神島で初の生活誌だ。
島内外の人たちが島の将来を案じ、足かけ5年を費やして長老から聞き取り調査を実施した。
これまで内容がほとんど知られていなかった秘祭・祖神祭(ウヤガン)の様子などが記されている。

 28日、大神島離島振興コミュニティーセンターで出版祝賀会が開かれ、島内外から約50人が集まった。
大神自治会の久貝愛子会長は「立派な記念誌ができて感謝でいっぱいだ。後輩へ伝えていきたい」と語った。

 大神島は宮古島の北東約4キロに位置する。
宮古島周辺離島の中で唯一、架橋されておらず、島尻港からの定期船が生活の足だ。
ウヤガンなどの祭祀(さいし)に代表される「祈りの島」としても知られる。
人が住み始めて約200年とされる島は、秘祭があるため外部の研究者による調査を拒んできた。島の歴史の継承は住民間の口承が中心だった。

 生活誌にはウヤガンの様子が詳細に記されているほか、神事の際に歌われるアーグ(神歌)の「うふぷなかの歌」が初めて活字で記されている。

 「ウプシ」は島の言葉で大岩のこと。
港の防波堤横にあり、大神島へ船で渡る際の目印となっていた。島で最高齢の狩俣英吉さん(91)は「本物のウプシみたいに、島の目印になるように大切にしないといけない」と顔をほころばせた。



すごいです!
こりゃーぜひ入手しないと!


早速、問い合わせました。


申し込み多数なのか、只今再版準備中とか。

来月半ばには手に入りそうですよ。


ワクワクがとまりません。


ヒコーキ大嫌いのねこばす氏を柱からひっぺがして米子→那覇便に突っ込んだのは、2014年9月のこと。


宮古島本島の島尻漁港から大神漁港まで、フェリーで15分でした。

大神島へ2

あれにみえるが大神島。

大神島を目指す


島の案内図。

大神島3


大神島は神様がいらっしゃる島。

今でも、無断で入ってはいけない場所が数多く存在し、島の人々の大切な信仰の場です。


観光客も、島のルールを守らなくてはなりません。


半日ほどで回れる島ですが、
島の神祭行事の日は立ち入り禁止なので、
事前の問い合わせが必要です。


いたるところ聖域なので
失礼になるのではと、あんまり写真は撮っていませんが、
ここでも猫さんには会えましたよ!

日陰で涼む猫さん


海岸沿いの道は日影がありませんから、帽子とお水は必携ですね。

海岸沿いを歩く


島には、港に食堂・民宿を兼ねた「おぷゆう食堂」さんがありますから、そこでクールダウンすることができます。
かき氷、美味しかった!


島の一番高い場所、遠見台までの急勾配な階段を上りました。

大神島の一番高い場所へ向かいます

途中にウガンジュ(拝所)がありますので、失礼のないように。

360度宮古ブルー

頂上では大神島全体を360度ぐるっと眺められ、
その先には海と空と風があるだけ。


当時の海月は体力がなかったので、じっくり全部を見ることができませんでした。


生活史が届いたら、再度訪島してみたいけど、
ヒコーキ嫌いのねこばす氏が、那覇⇔宮古島便に乗ることを承諾するかどうかが
再上陸計画のキモですね!
関連記事
スポンサーサイト

舞への誘い

那覇の街を歩いていて発見した猫さん。

お店のショーウインドウに


今にも足にまとわりついてくるような愛くるしさです。

いらっしゃいませ猫さん


こっちは本物。
兄弟でしょうか。

こっちは本物


那覇に行くと毎回足を運ぶのが、首里城。


中国皇帝の使者『冊封使(さっぽうし)』を歓迎するという意味で歓会門(かんかいもん)と名づけられた
魔よけのシーサーさんにご挨拶です。

歓迎ありがとう

魔除けのお役目があるそうですが、
「おっぽをちぎれるほど振って歓迎していますよ!」的な表情なんですけど。


首里城公園、見どころ満載で、一日居ちゃうことになるので、
毎回見学はせず、イベントの時間に合わせて行くことも。

首里城正殿

華やかな衣裳や優美な舞などが間近で楽しめるイベント、『舞への誘い』。


1日3回、毎週4日(水・金・土・日)と祝日に

無料区域の下之御庭(しちゃぬうなー)で開催され、

各回、30分程度。

観覧無料。


出演団体とその日の演目4つの内容は、毎回違います。


首里城公園のホームページに、演目詳細が載ってました。



 〈四つ竹〉
ゆつだき

南国沖縄の美を象徴する花笠をかぶり、紅型衣装、手には四つ竹を打ち鳴らしながら踊る祝儀舞踊。
群舞で踊ることによってさらに華麗な美の世界をお見せします。


 〈かせかき〉
かしかき

古典女踊りの中でも、その心映えのやさしさと美しさから愛されている演目です。
綛を枠にまきつけていくときの手の動きと、それにつれて視線を移動させていく所作との調和が難しいとされています。
古典女七踊りの一つです。


 〈上い口説〉
ぬぶいくどぅち

薩摩侵入後、その支配下に置かれることになった琉球王国には大きな変化が起きました。
この上り口説は
薩摩上りの時、首里の観音堂で航海の無事を願い、道中の風景をたくみに描写しつつ、
港での別れ、そして、開聞岳を見ながら薩摩の山川港に入港するまでの旅の模様をいきいきと描いたものです。


 〈むんじゅる〉
むんじゅる

(解説が載っていませんでしたので、琉球舞踊用語 Weblio辞書より)。
  ↓
裾短めの芭蕉布を右肩袖抜きにして裸足で踊る雑踊り。
前半は農村の乙女の恋する思いがしっとりと表現され、後半は軽快な音楽にのせて展開される。
‘むんじゅる’とは麦の芯で作った笠のことを表す。音楽のくみあわせや小道具の扱いなど、全体が素朴で清楚な感じを抱かせる舞踊である。
明治28年頃、仲毛芝居で創作された。


 〈鳩間節〉
鳩間節

この踊りの原曲は、八重山鳩間島の民謡「鳩間中森」を、伊良波優が八重山巡業で聞いて、曲のよさ、歌詞の美しさにほれこんで、曲を早弾きにつくりなおし、振りに日本舞踊を入れ込むなど、心躍る二才芸に仕上げました。



あっという間の30分です。

御挨拶


観客は、外国の方が圧倒的に多いです。


琉球舞踊の魅力を存分に堪能できる、チョーおすすめのイベントご案内でございました。
関連記事

そろそろジュールクニチーの準備です。

沖縄の行事は旧暦で行う行事が多いので、沖縄のカレンダーのほとんどに旧暦が入っています。


カレンダーやスケジュール帳が発売された時を狙って沖縄に行くのは難しくて、たいていは通販なのですが、
今年のは、ちゃんと選んで買いましたよ。


今年の旧正月は1月28日。


海月は、新暦に続いて旧暦のお正月を大々的にお祝いすることはありませんが、
もうすぐやってくる旧暦1月16日、ジュールクニチーは、
大切なイベントデーです。


ジュールクニチーは、グソー (あの世) のお正月。


1月1日から15日までが、現世のお正月で、
松飾りが取れたところで、生きている人のお正月行事が終わりです。


沖縄や八重山では、それまではお墓参りはしないのだそうで、
翌16日に、祖先さまに後生 (グソー)で お正月を祝ってもらいましょう、ということのようです。


お店のチラシも、ジュールクニチー一色に。

チラシはジュールクニチー一色に

ご予約承ります。
取りに行けるならばそうしたい(笑)


今年は、2月12日がジュールクニチーになります。


ぢい(夫)が他界してはじめてのジュールクニチーに、お祝いの仕方を教わり、
以来欠かしたことのない、沖縄ごっこ。


2012年には、与那国の友人のおうちの神棚から、一緒にお祝いさせていただきました。


こちらのお宅の祖先様に混じって、
ぢい用のウチカビとお重。
 ↓
夫用に特別コーナー

夫用のお重一式


海月が持っているバーナーで、
夕方までお線香を絶やさないように。

バーナーと海月

お線香1日炊きます

こんなふうに、花弁が開くように燃えるのは、グソーの方々が喜んでおられる証なんだそうで。

見事に開いたお花


夕方、ウチカビ・泡盛・ご馳走を送って、
みんなでウサンデー(お下がりをいただく)するのです。


ウチカビってのは、焼いてグソーに送るお金のこと。

台湾なんかでも、まだこの風習残ってるそうですね。


沖縄行くと必ず補充して、準備しておきます。

沖縄でしか入手できない

右隣は、沖縄のスーパーとかで売ってるビニール袋。

内地ではビニール袋の大きさって大中小とかSML表示ですが、
沖縄・八重山では半斤~3斤まで、斤表示もあるのです。


初めて教えてもらったとき、ビックリだったから
お土産に買っちゃうけど、誰も要らんわね(笑)

でも、コレ、かなり丈夫なんですよ~。


ウチカビについては、
DEEokinawaさんの記事『大人の社会見学うちかびが出来るまで』がとっても面白いので、ご紹介いたします。
  ↓
【大人の社会見学】うちかびが出来るまで


ウチカビは20組が一束。

で、一組は5枚を重ねて一組にしたものが、20冊で一束です。

200円程度で売られていますが、あの世では2億ぐらいの価値があるそうで、
でも、一束2億なのか、1枚が2億なのか、
ハッキリわかりません。


どちらにしても、海月が手にしたことが無い額だってことには違いないですね。


こんなん買って、玄関先や仏壇前で燃やすのですが、
 ↓
ウチカビ焼き器

火事になることないのかな~。


与那国の友人宅では、
使わなくなった洗濯機のドラムを活用しておられましたね。

ナイス!

さあ送金だ





沖縄でお買い物していて楽しいのは、

こうやって珍しいものを思う存分大人買いできることと、もうひとつ。

たくさんの猫さんに出会えること。


歩いていると、あんなところに。

ん?

サボって商品の上で寝てる猫店員さん発見。

んんっ?


いいのか?そんな仕事ぶりで。

そこで正しいのか?


金物屋さんにも。

おや?ここにも


俺、売り物じゃにゃいっすから。

売り物なの?


沖縄バンザイです。


関連記事

夫の月命日は、楽しく賑やかに過ごしております。

山口県、うたちゃんさんのお店でひとめぼれゲットしたヒヅミ峠舎さんの器。
(1月29日訂正。すみません、山口県のお店なのに、なぜかさっきまで広島と書いておりました💦)


春には、個展がありますのよ。
  ↓
うたちゃんさんのお店で、ヒヅミ峠舎さんの個展が開かれますの 


可愛くて軽くて、愛用させていただいております。


亡夫のお供えのごはんがね、
絵に描いたようにまん丸く素敵に盛れちゃって。

ホラ!

まんまるこっこ


お供えごはんのお手本のようでございましょう?

しかも、夫のお腹とおんなじカーブがすてき。

同じフォルム


いっつも玄米ばっかりで、
たまには白いごはんよこせ―!って、思ってんのかな。


だけどね、
かなり贅沢三昧しているんですよ!


ある月の月命日なんか、『もう嫌だってほどハンバーガーを食べてみようじゃないか』っていう企画をいたしまして
カラオケボックスに、ねこばす氏が買ってきてくれたハンバーガー10個、チキンクリスプ10個を持ってなだれ込む。


これ、なんと、1個100円なんですって


亡夫、ぢいの分が、これ。

ぢいのプレート

ハンバーガー、フライドチキン、サラダに山菜の煮物。


あったかくておいしいうちに、戴かなくちゃね。


ホットなものを、よりホットに。
マリーシャープスのレッドハバネロソースをがんがんかけて

タバスコどばどばかけて

くわっちーさびら(いただきまーす)。

大口で、あむぅ!

あむぅ!

はー。

髪の毛全部抜け落ちそうな、頭皮からの発汗ですが

海月の元バンド、『てーげーなんくるないさーず』の安里屋明さんは、
「え?これ、辛い?」なんてって、
ドリンクがわりにイケそうな勢い。


みんなで美味しく沢山いただいたけど、
さすがにバーガー20個は無理でしょう。


翌日。

ねこばす氏が優雅にナイフとフォークでお食事しておられたので、なんだろなと思ったら

マクドパンケーキ分解

パンケーキとハンバーグに分解して
おされな雰囲気を満喫。


どんなに買っても
買い過ぎることはないみたいですね、ハンバーガー。


今度はいつの月命日に開催します?
大人のハンバーガー暴走パーティー。

関連記事

山陰を誇れる、まーさむん(美味しいもの)。

骨まで冷えた日のこと、お仕事を早めに切り上げたので
アラ汁であったまろうと、回転寿司『大漁丸』本店さんへ行きました。


あらっ。
看板がリニューアルして、こんなことに。

sushi-go-round.jpg

sushi-go-round。

「日本語」「ロシア語」・「英語」・「韓国語」・「台湾語」・「中国語」・「フランス語」の7ヶ国語タッチパネル対応の大漁丸さん、 
ますますグローバルな感じになりましたね。


入店して気づく。
今日は雪だから、お魚入ってないんじゃないの?


あ。でもけっこうあるある。

とど?

とどってなんだろう。

ボラの親分だそうでした。
ボラよりねっとりしてますね。


モサエビはありませんでしたが
代わりに注文したあかえびさん、さりげなく一匹オマケつき。

いっぴきオマケ?

板前さん、ありがとーございます。


真コチに真さばに海タナゴ。


シマアジ、金のお皿が眩しすぎて、うまく写せません。

燦然と金のお皿


本日のお会計、二人で2500円と、ちょっとお高めなのは
みなとさかい店さんのあら汁が毎日95円のところ、
本店さんは190円だから。


んでも、二杯ずつ計四杯に
鯛のタイ(エラ付近の骨さんのこと)六匹入ってるんですよ!


見慣れた鯛の骨はありませんタレブ―でしたが、

形が三パターンだから、少なくとも三種類のお魚が入ってるってことカンサムニダ。

三人三様

ハラショー(素晴らしいアルヨ)。

すみません、大漁丸さんのタッチパネルはきちんとした各国語です。






翌日、モサエビが食べられなくて残念だったねこばす氏が、
一パック買って持ってきてくれましたよ。

あったら買うのがモサエビ

おいしそーに撮れなかったけど、このピーコックグリーンの卵が、とってもキレイなのです。

卵たっぷり

モサエビセット


安来市の金鳳酒造の金鳳、開けちゃった。

このコマーシャルソングが抜群によろしいのですよ。
 

 
 峰の気高さ 裾野の広さ 男心を燃やす山 
 米の命の 旨さを生かし 男心を燃やす酒 
 山は大山 お酒は金鳳



う、うっとり。


日本っていいな。
山陰っていいな。
関連記事

寒の入りは、島球さんに行こう!

旧暦12月8日は、沖縄では、ムーチーの日。


内地では、「寒の入り」「小寒の日」といい、
2017年は1月5日でした。



漢字では鬼餅と書くムーチーの由来は、こちらのblogさんがわかりやすいです!
 ↓
横浜のtoshiの、琉球民話研究ブログ


「鬼餅」は、邪気を払うのと、子供や家族の健康を祈るために作ってお供えします。


餅粉を、そのまま白いお餅や、白砂糖、黒砂糖や、紅芋などを混ぜて味をつけたお餅を作って、
カーサで餅を包んだ後は、鍋で蒸してできあがりだそう。


月桃(サンニン)の葉(カーサー)で包み、とってもいい香りです。


カーサである月桃の葉で包むのでカーサムーチーとも言われていて、
ムーチーの粉は業務スーパーに売ってますが、
月桃は手に入らないんですよね。


今年も、ムーチーいただかなくちゃ!ってことで、
1月5日は、松江市でのお仕事のあと、新年のご挨拶を兼ねて、
島球さん(沖縄酒家 島球)に伺いました。


おっと、残念。
月桃の葉の発注が間にあわなかったとのことで
代わりに、以前、与那国島でふるまわれたムーチーの写真を。

かりゆしかりゆし♪

これは、月桃ではなく久場の葉を使ってあるのですが。

手を汚さずにいただく方法は、
葉っぱからムーチーを剥がさず、
ムーチーを表にしてくるっと結びます。

できた。
これでパクリです。

なかなか技術を要します(笑) 美味しいんだけど…



さて、今日は何をいただきましょう。

全酒造取り揃え

春雨ゴールドのお湯割りと
ターンム(田芋)の煮物の素揚げ。

ターンム素揚げと春雨ゴールドお湯割り

からす3兄弟は
島豆腐に、塩辛がのってます。

からす3兄弟

わたがらす(カツオの内臓)・すくがらす(アイゴの稚魚)・いかすみの塩辛。


スクちゃん、可愛くて大好き

ちんまり。


大根とソーキのお汁と、もずくの天ぷらをいただきました。


こりゃー、お酒足りないよ!

菊の露古酒お湯割り、大根とそーきのお汁


マスターお勧めの、菊の露の古酒をお湯割りで。


ゴーヤーちゃんぷるーは、苦味がしっかりして胃にやさしいお味。

ゴーヤー


ムーチーなくても、大満足の島球さんなのです!





そして、後日の島球さんのFacebookに案内が出てました!


「今年もムーチーたくさん出来ましたよ*\(^o^)/*
餅粉で練ったお餅を、香り豊かな月桃の葉に包んで蒸しあげて作るムーチー♪
沖縄では、家族の健康や長寿を願って、1番寒い時に食べます。子供の年の数だけ紐で繋げて軒下や大黒柱に吊るす「提げムーチー」は好きに取って食べて良いそうです(^^)ウラヤマシイナ〜♪♪
沖縄出身の方!沖縄ツウの方!興味のある方はどなたでも!!デザート、お土産に、プレゼントにいかがでしょうか(*^o^*)♪♪¥380です(*^^*)
今年は黒糖味ですょ〜♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪」




わー。
またまた行かないとー♪

でも、海月が歳の数だけ買ったら、
…2万円(イエ、子供ではありませんから必要なし)。


ムーチー、1個だけいただいて、
残りの予算で沖縄行っちゃおうかな~
関連記事

「しまくとぅば」や宝。

ホテルでテレビを観ていたら、

あっ。
沖縄喜劇の女王、仲田幸子さんだ!

沖縄喜劇の女王


沖縄県民でこの方を知らない人はいないと云われる、喜劇の女王。

知名度ナンバーワン

幸子さん主宰の劇団「でいご座」の舞台だけでなく
コマーシャルやチラシや、至る所でお顔を拝見しますが

那覇市の繁華街にある民謡居酒屋『仲田幸子芸能館』では、
本物にお会いすることができちゃいますー

ここに来れば会える♡

でーじうれしい記念写真





かつて沖縄が琉球王国だった時代には、
琉球諸語(しまくとぅば・うちなーぐち)が使われていました。

しまくとぅば・うちなーぐちとは、沖縄の島々で受け継がれてきた、それぞれの地域の方言のことです。


沖縄本島でも、
南部、那覇、首里、中部、北部とエリアによっても違ううちなーぐちがあるのですが、

明治の廃藩置県以降に皇民化教育が行われ、
戦後、「標準語励行運動」が実施されたことで
伝統的なうちなーぐちは衰退してしまいました。


奄美語・国頭語・沖縄語・宮古語・八重山語・与那国語は、
2009年に、ユネスコは『危機に瀕する言語』に認定。


日常生活でも、おじィやおばァがいれば、
その家族周辺では会話が成立するんだけれど

核家族化で、若者と年配の人との接する機会が減っちゃって、
うちなーぐちを話すことどころか、
聞くことも少なくなっているのだそうです。


とっても残念。


ジモティがそんな状態なのに、
海月のような、旅行でしか沖縄に訪れない人間にとっては
うちなーぐちはとっても難易度が高い言葉でして、
生で聞くことができる機会を狙っておりましゅ。


沖縄に着いたら、まず、
伝統芸能である組踊、琉歌、
琉球民謡や島唄などのイベントのチラシを物色。


これは参加しなくっちゃ(笑)
  ↓
うちなーぐちラジオ体操のご案内


おおっ。
今回の日程、『那覇市ぶんかテンブス館』でのうちなー芝居公演にばっちり重なりました!

やった!うちなー芝居だ!

ヤッター。


第一部は琉球舞踊なのですが、
開始に間に合わず、
途中から。


第二部。
うちなー芝居 『廓(くるわ)の一夜』。

仮病を使って遊郭に行ってしまった御旦那さんと、追いかける妻、そして遊女とのやりとりを描く、ドタバタ喜劇です。


もちろん、やりとりはほぼ全部がうちなーぐちなので、
単語と場の雰囲気で
流れや笑い処が分かる程度。


なんとね、BGMは録音の音源ではなく、生の地謡なんですよ。
舞台の進行を観ながら唱三線が入ります。

これも楽しみでしてね。


うちなーぐちには、現代仮名遣いで書き表せない発音もあって
音声にすると全く意味が変わってしまう場合があるからチョー難解です。


うちなーぐち辞典を開いてみると、
たとえば、

「いー」 → 絵
「いー」 → 胃
「いー」 → 良い
「いー」 → はい、うん
「いぃーいぃー」 → いいえ

「やー」 → 呼びかけの、ねえ、ほら
「やー」   → 家
「ぃやー」  → あなた、君。
「いやー」 → 胎盤。


…。
わからんわっ ヽ(`Д´)ノ


聞いたからと言って
しゃべれるようになろうはずもなく。


でも、こうやって、うちなーぐちのヒアリングをしつつ、

海月の偽物うちなーぐちでも、
いつか、ウチナーンチュに、「沖縄長いね?(沖縄に長く暮らしているの?)」と言ってもらえるくらいになれたらいいのになあと、
身の程知らずな野望を抱いとります。
関連記事

誕生日ケーキと七草粥。

1月7日は七草粥をお供えしました。


フリーズドライの七草に、
スズナ(蕪)とスズシロ(大根)増量です。

七草粥とみそ漬け卵

山口でいただいた新米に

お江戸の味噌漬け玉子と
義母が日帰り旅行で買ってきてくれたウニとしいたけの佃煮。

ねこばす氏お母さんの梅干しと
実家母からの赤板に長芋。


七草と、炒め煮用のお揚げしか買ってないデス(笑)


お粥、一合半も炊いたのに(ゴハンで言ったら3~4合)、ねこばす氏に持ってったら完食でした。

胃を休める余裕のない七日でございました。





先日は、義弟のお誕生会でして。


甥の披露宴をおこなった『ホテルハーベストイン米子』さんのレストラン特製の
こーんなスペシャルなケーキでお祝いです。

2017ケーキ


わんこ二匹のモデルは
夫婦が可愛がっているこの子達。
  ↓
azuyama

この写真が使われたはずはないのに
…激似(笑)。

そっくし


恒例の撮影会。

撮影会

ケーキを写すカメラマンに
ケーキを写すカメラマンを写すカメラマンに
ケーキを写すカメラマンを写すカメラマンを写すカメラマン。


ローソクは差してませんが

そんでも、

"はっぴ ばーすでー とぅー ゆー"の後は
この表情がお約束。

ローソク吹いてる真似


義弟、おめでとう!


お誕生会、一緒にお祝いできてhappyでした!


甘みを抑えたふんわりケーキ
大人のお楽しみです。


ホワイトチョコでできた、あの手描きのわんこプレートは、
大事に保管するそうですよ!


家宝にして
毎年のケーキに載っけると素敵だへん?
関連記事

お土産写真あれこれ、大公開。

ありがたいことに、よく、お土産を頂戴します。


ぢいが好きなものばっかしで、
お供えコーナーは、いつも豪華。


信州の美味しいもの尽くしとかね。
信州おみやげ


亡夫、かわいいもの好きなので
猫さんチョコボール

猫さんや海の動物たちに
大喜びしているに違いない。

水族館

おっ。
くらげも混ざってますね!


和歌山のお土産の
パンダ焼きと、のど越しトローリな、にごり梅酒。
パンダちゃん

ぢいの恒例月命日パーティーを引き立ててくれました。
28年5月の月命日に


珍しい台湾のお菓子たち。
台湾から

台湾のひとって歯が丈夫らしく
このキャラメル、めちゃくちゃ噛みごたえあります!


タフィーなんか、こんなでっかいし。
でかいタフィー

ほおばれないから、
ナイフでギコギコスライスしていただきましたわ。


東京のメロンパン
東京お土産

練習のあとのCD鑑賞タイムに。

練習のあとで


沖縄からパイナップル。
painappuru.jpg

本日の『3種のチーズピザ』のトッピングあれこれは
中粒納豆・ザワークラウト・実家母の里芋の煮っ転がしペースト・パイナップルでーす。


三次ワイン。
お猪口でワイン

爽やか酸味が、
納豆とトマトのみぞれ和えにも、ねぎとお揚げの卵とじにも、生ハムにも
バッチリでした


そして、お江戸に住む友人がくれた味噌漬け卵。
縁起物だっ

開ける機会を狙っていた日本酒、
いよいよ出番が来たかな~


海月はたくさんの方に餌付けしていただいて、
今日も元気です。

関連記事

毎年、ぢいのおばさんから可愛らしい干支ぐるみをいただきます。

今年のお正月も、ぢい(亡夫)のおばさんから縁起ものが届きました。


岐阜在住の、義母の兄嫁さんは、
毎年、干支の編みぐるみを送ってくださる。


右麻痺で手が動かないんだけど、

息子さん特製の、釘を打ちつけた板と左手で、
器用に編み物をされるらしいのです。


ひとつは、嫁ぎ先の鏡餅の隣に。

ひとつは、義妹宅の床の間に。


海月の分は、デイケアに連れてって、ご利用者の皆さんに愛でていただくことにしております。


海月ひとりが可愛がるより、なるべく沢山の方に見てほしいし、
利き手が動かなくても、こんなことできるんだ、って、力をもらってほしいから。


報告メールをもらいました。



「今年もカワイイ子ちゃんをありがとうございますm(_ _)m
ピヨピヨ、ちゃんとドアの前でご利用者をお出迎えしてくれていました
過去の子たちもとってあって、作品展ではガラスケースに鎮座していました
おばさまにもお礼をお伝え下さいませ
ありがとうございました」


2017干支piyo

2017年おめでとう

わーい。
良かった。


11年目、我が家の歴代干支ぐるみさん大集合の図は、こんな感じです。

歴代の干支ぐるみ


いよいよ来年の戌で全員揃います。


楽しみですね。





そして、今夜は富山のお土産で乾杯。


赤巻きかまぼこと、
郷土料理の昆布じめ刺し身をいただいたので。

富山名物

どちらも、海月も亡夫ぢいも大好物ですが、
カジキは『さす』って呼ぶんですね!


ねこばす氏が蕎麦をもらったとのことで、
持ち寄りパーティーとなりました。

さす堪能

メインの昆布じめ刺し身、ヘタクソに切っちゃったから、
小さい写真でごまかしましょう。


赤巻きかまぼこは、フライパンで焼いて黒コショウを少し振って
熱いうちにいただきます。


ハッ!
シマッタ。

うれしすぎて、
写真撮る前にウッカリ食べちゃった (゚д゚lll)
関連記事

ショート君と、湯島三線リペア店。

カマカ風ウクレレのウクちゃんが
ないちゃーれきおーずに仲間入りしたのは、2014年3月のこと。

マイフェアれーれー

購入時には
弦高が高すぎて、
ウクレレ初挑戦の海月がポロンポロンつま弾くだけなら問題ないんだけど、
ねこばす氏が激しくジャカジャカ弾くには、音がイマイチだった。


「もうひとつコンサートモデルを買うかな~」と思案したねこばす氏。

ギターリペアでピカイチの湯島さんにウクちゃんを預けたら、
湯島さん、即、形成手術。


ウクちゃん、グレードUPして別人になりました。


あまりの変貌振りに、
ウクちゃん改め、
ヘップバーンの映画『マイフェアレディ』に因んで、マイフェアレーレーと呼んでいるんだけど。





そしてまた。


ねこばす氏、初代の強化張り三線一丁だけでは間に合わなくなってきたので、
沖縄にて中古三線を買い求めた。


二丁のうち一丁は屋良三線店さんでお家元に作り直していただいたが、
残る一丁は、棹と胴の接続部がぐすくて調弦が決まらないので

マイフェアレーレー同様、
湯島さんとこに入院。


三線も、安定の音質に生まれ変わって退院してまいりましたよ。


どれどれ。

リペア三線

弾いているうちに、
こなれてよく響くようになってきました。

おー。鳴る鳴る

リペアに出すまで気付かなかったのですが
なんと、所持している三線に比べて、棹が一センチほど短い!?


右の三線ですよ。

比べると

ホラネッ。

寸足らず


見たことないけど、姫三線ってやつでしょうか。


三線はフレットがないから、
弾いていて寸詰まり感がありますね。


アルトリコーダーを吹いていて、ソプラノリコーダーに持ち替えた感じといいましょうか。

普段17弦箏なのに、13弦箏を担当した感じといいましょうか。


日頃、どんぶり飯なのに、
お茶碗を渡されて戸惑う感じといいましょうか。


慣れるのにちょこっと時間がかかりますが、
なかなかカワイイやつです。

ショート君と名付けました。


鳴るようになるまではまだ暫く弾きほぐさないといけませんね。


それにしても、三線メンテナンスが地元でお願いできるのはかなり助かります。


湯島さん、『三線リペア』 の看板出してもいいへん?
関連記事

えびちゃん。

海老ちゃん愛好家のブロガーさん各位、残酷な写真をごめんなさい。


この記事をアップするのは、お正月の今しかチャンスがないと思いました。


海月はモサエビ(ドロエビ)が好きです。


ねこばす氏から、ノドグロとモサエビを買っちゃったよーんと連絡があり、
練習のあとは、海産物パーティー。


ノドグロ、頭が落としてあるねえ。

ちびちゃんだけど沢山

塩焼きに

生で塩焼きにしました。


モサエビ、実はねこばす氏は初めてだそうでして。


そんなら、余さず堪能しないと。


身はお刺身にしました。

尾っぽも外しているので、
こんなグロい盛り付けですみません。

めちゃ甘。
モサエビお刺身

薄くて卵がいっぱいついた殻は素揚げに。

美味しい部分
   ↓
サクサクに揚がりました。

殻は素揚げに


ビールが進みますにゃ。

旬の海産物

シーズンには安く出ているので、
ねこばす氏、モサエビを発見するたびに、
うれしげにスキップと鼻唄で買ってくるようになりました。


抱卵個体でない場合は、塩焼きで頭から、もしゃもしゃバリバリ。

これまた塩焼きで


またあるときは、ダブル海老ちゃんで。

にら玉・ゴーヤー佃煮と

赤エビの殻は堅いから、焼いてお味噌汁のおだしにしました。


海月、風邪をひかないのは、
馬鹿だからだけでなくて

掃除機のようになんでもいただけちゃうからでしょうか。
関連記事

Cafe&Bar BIS COTTO (ビスコット)さんでライブさせていただきました。

Cafe&Bar BIS COTTOさん、ありがとございました。


BIS COTTOマスターとパーカス横パパは、先日、イチローさんのライブに出演されたばかり。

イチローさんライブ

向かって左のイチローさんから並んで、

地元メンバーは

ボ―カルがBIS COTTOマスター
ドラムス 横パパ
ベース えーさくちゃん
ギター 湯島さん。

という、秀逸な組み合わせ。


普段バラバラに活動しているミュージシャンさんの
この素晴らしいチームが編成されるときには、

海月、何を置いても駆けつけたいのでした。




さて、ないちゃーれきおーずの耐久ライブ。

ビスコットさんありがとございました

お天気悪いのに
お越しくださったお客様方、ありがとうございました。


終了後、
観に来てくださった長持ち唄の先生に呑みに誘っていただき、
海月、コッテリ絞られて再起不能。


チョー楽しかったあとの自分への失望感で、失意の日々を送っとりましたが、


年末に先生からのお電話で

「この間はたのしかったねー。
えっ?私、なんか言った?何も覚えてない。酔っぱらいの言うことなんか忘れなさい」


先生、ゆるい…


てなわけで、やっと録画を確認する勇気が出たので、
遅くなりましたがライブの報告でございます。

豊年

うむかじ

海月はいつも通り、当日朝から緊張のためハイテンションで、
リハーサル途中にしてエネルギー切れ。

お客様のほうが耐久性に優れておられましたね!


ねこばす氏に「パドックで出走前から汗ダラダラかいて泡が出とるお馬さん状態だがな」と呆れられ。


ハイ、申し訳ないっす


菩薩様&ぢいを見上げて、無事に終了に漕ぎつけることを仏頼み。

お約束の菩薩様&ぢい

この紫の光、海月の付き添いのちきんくんにしか写せないから、
亡夫ってことになっとりますのよ。


東の渡 あーりのとう


語るのが大好きなねこばす氏。

語る

今回、海月が息絶え絶えで温存モードだったから
「邪魔されずに思う御分話せてよかったよ!」

そら、よござんしたね。


それぞれ初挑戦の曲は

ねこばす氏は多良間ションカネー。

多良間しょんかねー

海月は、富原ナークニー。

富原初演奏

これ、パーカス横パパが入ると、楽しすぎてトランス状態に(笑)


SAGAさん特製カリンバ『SAGAスぺ』に
今回、初使用の壺太鼓『はくしょん大魔王』

オーシャンドラムは海の中の柄だから『生簀』

楽器いろいろ

ティンフルートの名前は、素っ気なく『笛』。

かーちぱい

沖縄と関係ない楽器多いのが、ないちゃーれきおーずです。


パーカス横パパ、今回はジェンベだけしか写ってませんね。

満月


体力的に無理な曲はとばし、
定番曲を無事に済ませ、


赤山

ひやみかち節


お約束アンコールも頂いたりなどして

ありがと-


楽しい夜でした。


パーカス横パパとねこばす氏と一緒に
唄に色を差していくのは、とっても面白い。


それを気に入って「うちでライブやりない」と言ってくださる方がいて下さって

それを聴きに来てくださるお客様がいて。


海月は、ねこばす氏とパーカス横パパがとっても自慢です。


だから、二人の音楽を見せびらかしたいんだけど、
海月が足を引っ張っちゃって


今年の目標、決まりました。

「パドックで出走前から汗ダラダラかいて泡が出とるお馬さん状態からの脱却」


む、無理かなー。

関連記事

2017年 謹んで初春のお慶びを申し上げます。

いっぺー いい そーぐゎち でーびる たい。

新年ご挨拶


メカに疎い海月、
写真にこの一文を書き入れる方法を、
延々と試行錯誤しておりましたもんで、

♬スタートダッシュで出遅れる~♬ 状態です。


年賀状も大晦日の明け方にようやく投函いたしました。
いつ届くのかな~。


相変わらずユルめの ないちゃーれきおーずです。


年末には旧友とも再会し、
楽しいひと時を過ごしました。

友人との再会を祝い

選べる地酒セットは
日置桜・瑞泉・鷹勇。


御届け物用にお味見するのに、ちょうどいいですね。

どれも美味しゅうございましたす。


寒くなってから、
海月がクラゲらしく 湯船で熟睡する季節でありまして

朝、すがすがしいけど、ふやけてます。


そんなわけで、更新が遅れているのにもかかわらず

いつもご訪問いただき
感謝感激でございます。


酉年に空高く飛翔することはありませんが、
bird_yanbarukuina.png
ヤンバルクイナのように
空を仰ぎながら


幸せを見逃さず

一歩ずつゆっくり歩いて進む一年でありたいと思います。


本年も、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

関連記事

| ホーム |


 ホーム