活動のご案内



『Jepun Sari(ジュプンサリ)』さんのイベント
Jepun Di Warung(ジュプン・デ・ワルン)のお知らせ

●日時 :4月11日(火)11時〜21時

●場所: Jepun Sari & RUANG
     米子市彦名町18-5

お店のホームページ。
  ↓
Jepun sari &RUANG さん

ないちゃーれきおーず、19時からの夜LIVEに出していただく予定です♫

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

いつか三人でないちゃーれきおーずが完全に始動する日を、なんとなーく目論んでおるわけであります。

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

めばるちゃん、食卓へようこそ。

湯島さんから 「魚釣れたけん取りに来んか」 と連絡あり
ホイホイ伺う。


ねこばす氏が来ると、大喜びで暖をとるNOVA嬢。

きみに夢中さ


めばるちゃんいただきました。

釣りたてめばちゃん


オーブントースターに入るように、小さめのをチョイスしたけど

でっかいのなんか、こんなの。
このふたのサイズ、29cmあるんですよ。

フタは29cmです

全ぴき塩焼きで頂きました。

メバルちゃんロースト


皮がぎゅーんて縮んじゃいましたが

メバル塩焼き

身はプリップリで
皮がむっちむち。

肝も塩焼きでトローリあつあつ。


お約束の骨遊び。

胸ビレとエラのあたりにある縁起物、
鯛の鯛ならぬメバルのメバルです。

メバルちゃんのタイ

おさかなによってみんな形が違って、おもしろいね!


美味しく楽しくいただき、満足。


いつも新鮮なおさかな、
ありがとございます~
関連記事
スポンサーサイト

ホワイトデーをスル―しちゃいました。

美味しいものやカワイイものをいっぱいいただいて、
亡夫ぢいの前はいっつもにぎやか。

賑やかなぢいの住処


ね。
美味しそうなものいっぱい。

お供えこんなに


チョコに混じって、メザシとお線香ってのがいいよね。


そして、こんなかわいいキッチングッズのスポンジたちまで。
  ↓
キッチングッズ

腰掛け猫さんと、棒付きのお魚です。


大猫と小猫

こんなかわいいもの、使えないよ!


そして
妻にまで、お酒のプレゼント。

日本とスペインのスパークリング

この右の黒い瓶、『フレシネ コルドン』って書いてあるね。


…カヴァ?

那覇のアーケードのタコライス専門店で目にする
あの有名(?)な貼り紙、「冷えたカバ。有ります」のカバ?
 ↓
カバ。これだね!


きゃー。
おしゃれー。

もったいなくて飲めないよーん。


そして、今更ながらにハッと気づく。


チョコが多いのは、
もしかして、ぢい、バレンタインプレゼントもらったんだった?


海月、カレンダーを見て
「ありゃ。ホワイトデー、過ぎちゃった。」


…妻失格でございます。
関連記事

ないちゃーれきおーず、 4/11(火)Jepun Di Warung(ジュプン・デ・ワルン)に参加させていただきます。

ないちゃーれきおーずったら、
とってもお洒落な企画に声をかけていただきました。  


バリニーズマッサージとココロうるおう雑貨やインテリアのお店『Jepun Sari(ジュプンサリ)』さんの、
  ↓
~イベントのお知らせ~
4/11(火) Jepun Di Warung(ジュプン・デ・ワルン)~


お散歩がてらJepun sari &RUANGに出かけてみませんか~??

きっとワクワクするようなステキな出会いがあるはず!!

 ●日時 :4月11日 (火) 11時〜21時  (3/5更新)

 ●場所: Jepun Sari & RUANG
     米子市彦名町18-5


こちら、お店のホームページ。
  ↓
Jepun sari &RUANG さん

わー。
こんなおされなところに、伺っていいのか?ないちゃーれきおーず。


ご挨拶に伺ってみました。


こちらのお店ね。

ジュプンサリさん


ドキドキしながらドアを開けた途端、いい香りに包まれてウットリ。
天然成分のルームフレグランスのようですよ。


華奢なスタイルで美肌美人の店長さんが迎えて下さいました。


そっかー。
毎日エステしたら、あんななるんやー
(いや、もともとの素材も違うやろが)

落ち着く空間

ねこばす氏、エステコースメニュー物色中

「どれにしようかしらアタシ。」の図。

どれにしていただこうかしら


ウットリな空間でいただくルイボスティー。

ルイボスティータイム


はああ。
癒されますぅ。


カワイイ家具や雑貨がたくさんあります。


ジュプン・デ・ワルンは11時~21時の開催のようで

19時からの夜LIVEに、
ないちゃーれきおーず、出していただく予定なのです。


ひゃー。
ウレシイです。

こんなオッサン二人とおばァなのに。


こちら、お店のジュプン・デ・ワルンお知らせ記事。
随時更新されているようで、とってもわかりやすい。
  ↓
お知らせ(3月17日更新)


お手ごろマッサージに!?
RUANGさんの雑貨販売、店内商品が20%OFFに!?
おいしいものアレコレに!?
ヘナアートに!?

なんだか、でーじオサレなんですけどォ


近隣にお住まいの方、
ご遠方の方々も、

4月11日は、
ぜひ Jepun Sari & RUANGさんへ!


コチラ、【駐車場についてのご案内】。
 ※ ユニサン敷地内のクリーニング店前・お店の向かいの民家敷地・ホックさんには停めないでくださいね
 ●お店の向かいの空き地(畑の前)に止めて下さい。
 ●空き地がいっぱいの場合は150m市内の方面にあります、ユニサンさんの道路側駐車部分に止めて下さい。


ライブそっちのけで、
盛りだくさんなイベントに夢中になっちゃったらどうしよう~ Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


きっとワクワクするようなステキな出会いが
あるだはず!!

そうだはず!!

関連記事

村に唯一のコンビニができたのですが。

とうとう日吉津村にも24時間のコンビニがやってきましたーッ!

お待ちしてました


って言いましても、隣接の米子市のあちこちにはコンビニはたくさんあるのですが、

村内にできたということは、
今まで入手困難だった、村指定分別ごみ袋が、
24時間いつでも購入できるということ。


しかも、海月のアパートからは片道30分と、お散歩にぴったりの距離でして
早速、早朝散歩に行ってまいりました。


ところが。
あら、ゴミ袋…、
どこに置いてありますかね?


店員さんにお尋ねしましたらば、
 「オーナーから許可が下りなくて置いてません」

いつ頃からいただけるようになりますか?
 「見通しが立ちません」


だって、ほら。
生活のすべてが揃いますって書いてある…。
  ↓
生活のすべてが揃います


日吉津村は、
まわりをぐるりと取り囲む米子市とは、指定ゴミ袋が異なるのです。


役場のホームページを見ますと

・ 燃えるゴミはオレンジ色袋
 大  (45リットルサイズ) 1枚 50円
 小  (25リットルサイズ) 1枚 30円
 手提げ(15リットルサイズ) 1枚 20円

・燃えないゴミは透明袋
 30リットルサイズ 1枚 30円

・ 軟質プラスチック類と発泡スチロールは別々に青色袋
  45リットルサイズ 1枚 20円

● 販売方法
 各自治会、指定販売店で販売しています。(役場での販売は原則いたしません。)

● 指定販売店
店頭販売(営業時間中に販売)
 M自動車・I美容室・Y商店・Kプロパン


正直、とても不便です。


ゴミ分別に関しては、米子市よりも厳しいのに、
24時間ゴミ袋が買えないのです。


1200世帯3500人の村民、
共働きの家庭はいつ買うの?


村内のイオンにでさえ、
米子市の指定袋は売っているのに
日吉津村の指定袋は取り扱ってないのです。


ものすごーく違和感を感じるので
自販機を置いてほしいと、この3年ほど提案していますが、
なんだか、お店で取り扱うと各自治体に補助が出るとかの理由で、
全く改善がありませんでした。


そこへ、
やっとコンビニできた、ワーイと思ったら、
いちばん欲しいものがない。


ウキウキスキップのちょーハイテンションから
とぼとぼと足を引きずる、いつもの暗い通常モードに
シフトチェンジが極めて迅速だった、海月のある日の出来事でした。





関連記事

ライブ行き損ねたので、お写真眺めてます。

てーげーなんくるないさーずや、
ぢいが在籍していたしろーずやロスレガリートスとも交流の深い、

中部地区のバンド『バッドモーニング』さん。


鳥取県琴浦町にある散髪屋『たくわさんぱつや』さんがドラマーで
今でも、イベントあると誘っていただけてマス♡


米子市角盤町のハイ・ハイ・ピカドスさんで
3月4日にあったライブに行く予定だったのですが

海月、このとき、発熱ダウンにて無念の安静中…。


前回の演奏曲は、昔流行ったアメリカァなヒトタチでした。

海月、初めてバンドの生演奏というものを知った20代の頃に
返った気がいたしましたです~。


今回も、とっても楽しみだったのですが。


あっ。おさしん届きました。

バッドモーニングさん1

わーい。

バッドモーニングさん2バッドモーニングさん4

バッドモーニングさん3バッドモーニングさん5


ドラマーさんはいつも隠れがちなので、おっきい写真で。

ドラマーたくわさん

たくわさんかっちょいー。


行きたかったなー


行きたかったなー。
ぢいだけひとりで楽しんできたのかなー。

ギターソロ

今度こそですっ




関連記事

広島県の『福屋広島駅前店』さんで、5月に沖縄物産展あるらしいという情報が♡

昨年11月の吉栄会創立85周年記念公演DVDが届きましたーッ。

記念公演DVD

わー。
工工四(クンクンシー=楽譜)が一緒に入ってる。

ちんぷんかんぷん


試しに弾いてみますが、
相変わらずサッパリな海月。


みんな、こんな暗号、どうやって脳内変換しているの?


いいもん。

楽譜無視で
先輩方の手を見て音を拾う。





実はね、ウキウキな予定が決まったのです。

広島県の『福屋広島駅前店』さんで、5月に沖縄物産展があるそうで
屋良お家元が来られるのです!


わーい。

わーいわーい。


こりゃ、なんとしても楽譜の曲を耳コピして
ちょっとぐらいはできるようになって行かにゃいと!


以前、松江市の一畑百貨店物産展で教わった『富原ナークニー』は、

たまたま、
ライブ前日の練習で試しにパーカッション入ってもらったら
もー、でーじ楽しくて楽しくて

一回で終わるのが嫌なあまり、
スミマセン、本番でもさせていただきましたのが、これ。
 ↓



今度お家元にお会いできるまでには
もっとバッチリになっていたいなー。

関連記事

とっても可愛い、夏泊神社。

若いころは、鳥取県東部方面にも、時々ドライブに連れてってもらったりしていたのですが
こんなところにこんな素敵なお社があるなんて、全然知らなかった、

鳥取市青谷町青谷の、夏泊神社。

可愛い神社

つねまるさんのこちらの記事で初めて教えていただき

名工・川六の狛犬(1)夏泊神社のわんわんズ
名工・川六の狛犬(2)謎の肉まん、何だこれ?夏泊神社

もう、行きたくて行きたくて。鼻息


夏泊神社2


はうう。
ステキ。


夏泊神社3

通りすがりの者ですが、お邪魔いたします。

夏泊神社

この狛犬さんにお会いしたかったのです。

狛犬さんと


石なのに全然ゴツゴツ感がないですねえ。
ぺたんと倒した耳こ。
八重歯がチャームポイントでしょうか。


くるくるうずまきカールが
海風にも一筋も乱れておりませんのは
当たり前ですね


八重歯がすてき


そして、『肉まん』と書いてあった、とっても気になる、この丸こ。
何でしょう。

これね。

大事に持ってますね~

にくまん


狛犬さん目線の、神社前の夏泊港の様子。
  ↓
心落ち着く

150年、ずっとこの景色を見つめていたのですね。


束の間ですが、
一緒に眺められて満足しました。






鳥取までは、海岸沿いの道が続きます。


久しぶりに海辺も歩いて、気分リフレッシュ。


わーい
ワクワクするー。


今では、夜通し国道を往来する車に消されて、
全く聞こえなくなっちゃいましたが
波の轟きが子守歌だった時代もありました。


川には

海にそそぐ水底は砂鉄でいっぱい。

戦闘機とか、ここに降りたら発見されにくいのかな。

いや、丸見えではありますけどね。

砂鉄がいっぱい


砂浜のずっと奥には、
海月が大好きな磯の澄み切ったお水が見えますですが

遊んでいては帰れなくなるので
今回は断念して引き返します。

渡りません


砂浜の斜面をちょっと歩いただけで
心臓ドクドク。


立ち止まって休み、
ちょっと走っては、
はァはァ、ドクドク。


今年こそ泳ぎたいなーって思うけど
こりゃ、入水したら心臓麻痺で
間違いなく捜索隊が出ちゃうな


若い頃はいつも波間を漂っていた海月も
すっかりおばぁになりました。

関連記事

| ホーム |


 ホーム