FC2ブログ

活動のご案内 兼 覚え書き

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!    (7月17日更新)


ーーーーーーーーーー
2019年7月27日(土)
元町通り商店街 『まちなか音楽祭』
 詳細は後日ご案内いたします。

ーーーーーーーーーー
2019年8月11日(日)
奥大山(おくだいせん)山の日ロックフェス2019

時間 10:00~17:00(ないちゃーれきおーずは1バンド目でーす♪)
場所 中国 鳥取県
  奥大山スキー場特設会場

ーーーーーーーーーー
2019年8月31日(土)
音楽天国アコースティックライブ

場所  〒683-0015 鳥取県米子市日原807 
(国道181号線沿い「岡田商店」「シンヤクドー」ならび)

時間 18時スタート
 3~4組出演予定
 チケット 500円
(ドリンク代別300円)

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

日南町民のねこばす氏は、元々、1950年代~1960年代のアメリカンポップスのバンド『ロスレガリートス』に所属しており、
2013年、地元、日南町での音楽祭に出演しようと思いつくが、メンバーの都合がつかず断念。
小心者であるためピン出演には勇気が足りず、
カホンをミスタ・ハルサに、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、
ねこばす氏はパーカッショニストの横パパも仲間に引き入れ
紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

(コメントは記事ごとの拍手ボタンからお願いします。 どうやら、こちらで書いてくださった分は、記事に所属せず、検索が効かなくなるようです。)

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

沖縄研修旅行④ 琉球楽器またよしさんと県立博物館

沖縄に行くと必ず覗いてしまう、『琉球楽器またよし』さん。

2018またよし三線1


三線の付属品が全て手作りなので
いつもこちらのお店でカラクイ、チル、ウマなどの必要物品を調達させていただくのですが


あれこれ面白くて興味をそそるものがありすぎ♪


今回は、

いつもならお店の奥の工房に居られる、三線工さん方が店内で作業されていて

作りかけの三線の胴みたいなんがいっぱいありました。

2018またよしさん胴がいっぱい


わー。面白いー。

写真撮ってもよいですか?


二代目店主さんが
「滅多に見られないからね。いいよ」だって!

お仕事のお邪魔にならないように
離れてパシャパシャ。
2018またよしさん皮張り5

2018またよしさん皮張り1


ニシキヘビの皮をのばしているところですかね。
2018またよしさん皮張り2


こんなして全て手作業なんですねえ。
2018またよしさん皮張り4


沖縄に住んでたら
毎日お邪魔して
完成までの全工程をみてみたいところであります♪




棹もいろいろ。

荒割きした木材は見本でしょうか。
棹になるひとたち


この、アフリカンブラックってやつが
いちばん堅いんですって。
いちばん堅い


お邪魔する度にいろいろお勉強させていただける
琉球楽器またよしさんなのでした。




さて、那覇市おもろまちにある沖縄県立博物館へ。
2018沖縄県立博物館


こちらも何度か訪れてますが
未だに全展示を見終われておりません。


入館する前から
野外常設展示とかあるし。

2018野外展示


これがリュウキュウコクタン(別名クルチ、八重山黒檀)だって!!
2018リュウキュウコクタン

三線の棹を取れるようになるまで育つには
何十年かかるんでしょうね。


葉っぱは厚くて丸っこい。
カキノキ科って聞いたから、柿の葉みたいに大きいのかと思っていました~
こんな葉っぱ


沖縄の伝統的な家屋。
沖縄の伝統的家屋


仏壇の有るお部屋が二番座になります。
2018ごめんください


沖縄のおうちは、基本、南向きで

東から床の間がある一番座、二番座、
その背面の裏座には炉があって西側にお台所を作ったんですと。


こちら、穀物を貯蔵する倉庫、高倉。

構造から、奄美式という建築らしい。
2018たかくら


こっから入れるのか~
ここから入れるっぽい

籾俵が60俵ぐらい入るそうです。




今回の観覧目的は
民俗部門展示 「沖縄の伝統とくらし」


イユウヤー(魚売り)の声の録音を聞きたかったのです。
2018いゆアチネー学習

2018ダキファーザ


沖縄県恩納村の海岸「谷茶前(たんちゃめ)」での漁を題材とした沖縄民謡『谷茶前節』を
ないちゃーれきおーずでも演奏し始めたのですが


以前、早田恵美さんという唄者さんが
この曲の合間におハヤシを入れておられたのがとっても楽しくて

ネーネーズさんのハヤシを取り入れているのだと教えてもらいました。


んで、パソコンで検索してハヤシ部分の歌詞は見つかったんですが

本物を聞いたことないのに人前で歌うのもどうかと思い


確か以前、ここのブースで録音が流れていたのを思い出し、
目的の場所へ直行。


ありましたありました。
2018イユアチネー3

2018イユアチネー6


魚売りの女性が頭の上に載せて売り歩いていたバーキというかご、

2018イユアチネー5


近年は金だらいだったんですね。

2018イユアチネー2

2018イユアチネー4


金だらいの下には
ガンシナというわっかを挟んで安定させる。
2018ガンシナ


あれっ?
これ、お盆に仏壇のスイカが載ってるの見たことある気がするけど…


糸満から約12キロ先の那覇まで歩き、

この天秤を使って1斤(600グラム)単位で売ったんですと。
2018ハカイ


魚売りの声、
繰り返し聞いて書き取りましたよ!

「イユ小(いゆぐゎ-) 買-ンチョーラニー(買いませんか)
 イユ小 買-ンチョーラニー
イチマンからぬ イマイユ小やいびーんどー (糸満からの鮮魚だよ)
イユ小 買-ンチョーロー(買ってちょうだいよ)」 


沖縄本島の南部、糸満のお魚売りと
恩納村にある谷茶浜では様子はちがうでしょうが、

それでも、当面はこの売り声を参考にしようと思っております。




とにかく広い県立博物館、一部屋だけでも1日がかりになるので

今日のところはこれくらいにして(これでも2時間)の帰り道に発見した
こんなポスターにも関心大。
金武家資料展


『金武家資料展』で、幻の三線「壱石」が見られるんですと。

金武(きん)家は首里の上級士族のお家柄で、琉球古典音楽の大家として知られているらしいです。


場所は
那覇市歴史博物館。

那覇市久茂地 デパートリウボウの4階です。


ホテルからは近いけど、
この期間内に沖縄に来るのは無理だなあ。


沖縄、まだまだ見たいもの、いっぱいなのでした~。

関連記事
スポンサーサイト

<< 沖縄研修旅行⑤ ビアガーデンに行ってみました | ホーム | 沖縄研修旅行③ 猫喫茶毛玉さん >>


 ホーム