活動のご案内



『Jepun Sari(ジュプンサリ)』さんのイベント
Jepun Di Warung(ジュプン・デ・ワルン)のお知らせ

●日時 :4月11日(火)11時〜21時

●場所: Jepun Sari & RUANG
     米子市彦名町18-5

お店のホームページ。
  ↓
Jepun sari &RUANG さん

ないちゃーれきおーず、19時からの夜LIVEに出していただく予定です♫

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

いつか三人でないちゃーれきおーずが完全に始動する日を、なんとなーく目論んでおるわけであります。

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

荒神神楽(こうじんかぐら)を観に行ったときのこと。

だいぶん前のことですが、
海月の嫁ぎ先地方の神楽、『荒神神楽』を、義父と観に行きました。

さがりかや


鳥取県日野郡でもっとも古いと言われる、下蚊屋荒神神楽(さがりかや こうじん かぐら)保存会さんの神楽です。
  ↓
下蚊屋の荒神神楽


隣町、江尾の山村防災センターでの公演に、二人で向かいまーす。
わくわく。


神楽は毎年行われているのですが、
今年は申年で、例年は舞われることのない『猿田彦大神の舞』が、特別に舞われましたよ。


え?
ってことは、12年に1度なのかな?


開始直は遠慮があって、『猿田彦大神の舞』の写メ撮りませんでしたが。

もったいないことしたにゃ。


猿田彦大神は、天狗のような鼻の高い赤い面に白い髪と髭。
両手に扇子を持って、力強い舞いを披露。

後半は扇子から太刀に持ち替えます。


Facebookには、
『太刀で東西南北と中央を斬り祓います。
神事舞であり邪魔外道を斬り祓う勇壮な舞です。』
との説明がありました。


続いて、オロチ退治の八重垣能(やえがきのう)。


オロチ退治は、石見神楽で見慣れた演目ですが、取り上げ方が全然違うのね!





まず、
素戔嗚命(スサノオノミコト)の舞。


素戔嗚命、自己紹介して舞い始めます。


衣装は鳥取県で一番古いってことでしたが、古びているようには見えず、絢爛豪華。
袖の鯛鯛や背中の龍が、とっても見事でした。

素戔嗚尊

背中には龍





続いて、足名槌(アシナヅチ)・手名槌(テナヅチ)の二人が現れます。


二人の年寄りは娘、奇稲田姫(クシナダヒメ)が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)という化け物に食べられてしまうので嘆いていましたが、
スサノオノミコトが、オロチを退治する代わりにクシナダヒメを娶ることに。

祝、ご結婚!でございます。


『八雲立つ 出雲八重垣 夫婦(つま)隠(ご)みに 八重垣つくる その八重垣を』という三十一文字の神歌を詠み聞かせ、祝言となりました~。


備中神楽では『嘆きの舞』っていうらしいけど、
老夫婦の会話がなんともおとぼけだし、足名槌がスサノオに説明する間、手名槌ばあちゃんは居眠りしたりして、ほほえましいです。

あんまり、困った感がありませんのですけんど(笑)





そして目玉は、酒造りの舞、
『きなやん、まっちゃん』。


松尾明神と木名玉明神(キナタマミョウジン)の酒造りのシーンです。


二人の神様の軽妙なやりとりがウリだそうで、面白おかしいトークで会場は笑いの渦。
「出雲から来るのに、伯備線に乗ったはいいが、防災センターが、まー、田舎なんで、えっと探いて」とか、


あと、きなやんとまっちゃんの唄自慢ね。

二人ともいい声で、
草津音頭に、水森かおりのご当地ソングに、
コマーシャルソングやnowな話題で場を和ませます。


お客さんが席を立つと、
「あ、奥さん、もしかして、わしんとき帰る?帰らんよね?また戻って来てよ」

笑。


そんなこんなで、ようやくお酒を造り始めますが、仕事にかかると速い速い。


出来上がったお酒の味見をして、ちょっと首をひねる。
「岩泉(ご当地の地酒です)より、ちょっとおちるなあ」


庶民の娯楽感満載の演目でした。





さあ、オロチ退治の幕。


オロチの目が赤く光ってるの、LEDかな?

目が光ります

神話では十握(とつか)の剣で戦いますが、神楽では日本刀でした。

オロチ退治1

おいしいお酒をたっぷり飲んで、ぐでんぐでんのヤマタノオロチですが、獰猛です。

オロチ退治3

オロチ退治4

首が獲られました。
やったあー。

成敗



またまた初めて観る演目。

あっ。猿田彦大神がまた登場です。

猿田彦 - コピー

猿田彦退治1

猿田彦退治4


帰って義母に聞いたら「そりゃ、猿田彦退治じゃないか?」って言ってたけど、なんで退治されるのか、よくわかりません。





トリの演目は、大国主命の餅投げ。


Facebookには、「国譲りの神楽の一場面で、出雲大社の祭神である大国主命が打ち出の小槌を持って舞い、竈巡り(かまどめぐり)をして豊作と無病息災を祈り、万宝袋から福の種を蒔くというありがたい神楽」とありましたです。

舞


お餅を撒いてお福分け。

お福分け - コピー

みんなに行き渡るように、飴ちゃん配り。
そーれ。

皆さんご準備を

それ~ - コピー


はい、そちらさんにも、
ほーれ。

そちらさんにも

ホーレ - コピー


こうして、二時間休みなしの舞台が終了しました。


見どころ満載で楽しかったです。


荒神神楽は、地元の高等学校に創立された郷土芸能部でも継承されてます。

農閑期の娯楽が少なかった時代に生まれた郷土芸能、
年を経ても若者が受け継いでいくのは、うれしいですね~

関連記事
スポンサーサイト

<< ちょっとへこたれております。秋だから? | ホーム | 練習 >>


 ホーム