活動のご案内

『おくたにくらぶ 茶和 tea Live』 part2

●日時 :5月20日(土)15時〜17時

●場所:カフェダイニング茶和(さわ)
  鳥取県 米子市 両三柳 58-3

ないちゃーれきおーず、また出していただくことになり、ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーー

2017年7月14日(金曜日)
ないちゃーれきおーず、カフェビスコットさんで演奏させていただく予定です。開始時間、夜。

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

今更ながら、1年前の宮島の浜下りの思い出、後半。

今年は、今日、3月30日が旧暦3月3日にあたるので、
沖縄の行事『浜下り』をしたいなーと思って、昨年の記事を読み返そうとしたら、
なんと、前半しか見当たりません。


どうやら、これをアップした後、きれいサッパリと忘れておった模様でございます。
  ↓
宮島でサニツ(浜下り)をしよう!前半。


いやー。
すっかりボケボケですなあ、海月。


てなわけで、今更ですが、後半仕上げてしまいましょーね。





せっかく広島に来ているんだから、厳島神社でみそぎをしたいと思い、宮島へ向かいました。

宮島フェリー

ねこばす氏、かつて、お仕事でしょっちゅう広島に来ていたくせに、
宮島は行ったことないそうで。

なんでフェリーの乗船券買うのか理解できず 「えっ。宮島って島なの?」

…笑。


宮島に到着しました。

着岸します


ねこばす氏、観光客さんと鹿さんと愛知県警さん(G7の前日だったから)が溢れていることにびっくりこ。

つぶらな瞳

以前訪問したときは、オーバーの裾をむしゃむしゃやられましたが、

今はお腹空いてないみたいね。

日向ぼっこ

愛知の方々

鹿さんは住民だけど、
県警さんはいつもはおられないだはずよ。


ヘリコプター厳重警戒中につき。

警戒中

満潮時には、本殿・大鳥居がまるで海の上に浮かんでいるようですが、
完全に潮が引くと、大鳥居の下まで歩いて行けるんですね。


こちら大鳥居。


大鳥居が水面に映って、竜宮城への入り口みたいでした。

2つの鳥居

夜明けとか夕焼けとか、幻想的なんだろうなあ。


海月、こちら側から厳島神社を拝観するのは初めてなので、ワクワクします。

初めての鳥居から見た厳島神社


何やら、穴こがいっぱいありますよ。

お魚、顔ださないかな

覗いてたら、お魚と目が合い、びっくりしたのか引っ込んじゃいました。


海の中なのに

ここが水深350cmにもなるなんてね。


こんなしてじゃぶじゃぶ遊んでいるうちに、
みるみるうちに潮が満ち始めましたよ。

満ち潮開始

干潮から次の干潮まで、
満潮から次の満潮までの周期は
だいたい12時間25分ぐらい。


干満25分ずつで、毎日50分ずつずれていく計算になるわけですが
滞在中に、潮位0cmを体験できて、でーじラッキーでした。


亡夫ぢいやねこばす氏と潜りに行っていた時代には、
潮汐早見表、毎月買ってたなあ。


このあと、お好み焼きいただいたり水族館にも行ったのですが、
それはまたの機会に。

さようなら宮島


今年の浜下りのご報告については、
なるべく早いうちに!

関連記事
スポンサーサイト

<< ないちゃーれきおーず、『おくたにくらぶ 茶和 tea Live』に参加させていただきます。 | ホーム | 幸せな発見があった日。 >>


 ホーム