活動のご案内 兼 覚え書き

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!

ーーーーーーーーーー

奥谷企画 茶和 11月 tea Live  
<日時>2017年11月19日(日)
15:00スタート
<場所>カフェダイニング茶和
(鳥取県 米子市 両三柳 58-3)
ないちゃーれきおーず、張り切って前座務めさせていただきます!

ーーーーーーーーーー
12月08日(金)        
社会福祉協議会日吉津村デイサービスセンターさん クリスマス会         

ーーーーーーーーーー
12月25日(月)
介護老人保健施設あやめデイケアさん クリスマス会

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

舞への誘い

那覇の街を歩いていて発見した猫さん。

お店のショーウインドウに


今にも足にまとわりついてくるような愛くるしさです。

いらっしゃいませ猫さん


こっちは本物。
兄弟でしょうか。

こっちは本物


那覇に行くと毎回足を運ぶのが、首里城。


中国皇帝の使者『冊封使(さっぽうし)』を歓迎するという意味で歓会門(かんかいもん)と名づけられた
魔よけのシーサーさんにご挨拶です。

歓迎ありがとう

魔除けのお役目があるそうですが、
「おっぽをちぎれるほど振って歓迎していますよ!」的な表情なんですけど。


首里城公園、見どころ満載で、一日居ちゃうことになるので、
毎回見学はせず、イベントの時間に合わせて行くことも。

首里城正殿

華やかな衣裳や優美な舞などが間近で楽しめるイベント、『舞への誘い』。


1日3回、毎週4日(水・金・土・日)と祝日に

無料区域の下之御庭(しちゃぬうなー)で開催され、

各回、30分程度。

観覧無料。


出演団体とその日の演目4つの内容は、毎回違います。


首里城公園のホームページに、演目詳細が載ってました。



 〈四つ竹〉
ゆつだき

南国沖縄の美を象徴する花笠をかぶり、紅型衣装、手には四つ竹を打ち鳴らしながら踊る祝儀舞踊。
群舞で踊ることによってさらに華麗な美の世界をお見せします。


 〈かせかき〉
かしかき

古典女踊りの中でも、その心映えのやさしさと美しさから愛されている演目です。
綛を枠にまきつけていくときの手の動きと、それにつれて視線を移動させていく所作との調和が難しいとされています。
古典女七踊りの一つです。


 〈上い口説〉
ぬぶいくどぅち

薩摩侵入後、その支配下に置かれることになった琉球王国には大きな変化が起きました。
この上り口説は
薩摩上りの時、首里の観音堂で航海の無事を願い、道中の風景をたくみに描写しつつ、
港での別れ、そして、開聞岳を見ながら薩摩の山川港に入港するまでの旅の模様をいきいきと描いたものです。


 〈むんじゅる〉
むんじゅる

(解説が載っていませんでしたので、琉球舞踊用語 Weblio辞書より)。
  ↓
裾短めの芭蕉布を右肩袖抜きにして裸足で踊る雑踊り。
前半は農村の乙女の恋する思いがしっとりと表現され、後半は軽快な音楽にのせて展開される。
‘むんじゅる’とは麦の芯で作った笠のことを表す。音楽のくみあわせや小道具の扱いなど、全体が素朴で清楚な感じを抱かせる舞踊である。
明治28年頃、仲毛芝居で創作された。


 〈鳩間節〉
鳩間節

この踊りの原曲は、八重山鳩間島の民謡「鳩間中森」を、伊良波優が八重山巡業で聞いて、曲のよさ、歌詞の美しさにほれこんで、曲を早弾きにつくりなおし、振りに日本舞踊を入れ込むなど、心躍る二才芸に仕上げました。



あっという間の30分です。

御挨拶


観客は、外国の方が圧倒的に多いです。


琉球舞踊の魅力を存分に堪能できる、チョーおすすめのイベントご案内でございました。
関連記事
スポンサーサイト

<< 大神島の生活史が出版されるそうで。 | ホーム | そろそろジュールクニチーの準備です。 >>


 ホーム