活動のご案内 兼 覚え書き

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!


ーーーーーーーーーー
2018年6月1日(金曜日)
キャリーリー弓ヶ浜公園店
『CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHT』

場所:鳥取県米子市両三柳3192−2
TEL:0859-30-0355

 20:00~ ないちゃーれきおーず
 21:00~ SIESTA with URA

テーブル大小、ソファー席、お座敷もあります。
駐車場無料
入場無料
ライブを聞きながら、オーダーお願いいたします。

ーーーーーーーーーー
2018年6月15日(金曜日)
ビスコットライブ
場所 : Cafe&Bar BIS COTTO(カフェバー ビスコット)
 鳥取県米子市道笑町1‐3BMEビルM2
  (米子 AZTiC ラフズの中二階)
 TEL 0859-31-2535
  19時オープン
  20時スタート

ーーーーーーーーーー
2018年7月22日(日)
伯耆古代の丘ロマンコンサート
時間・出演団体の詳細未定 
場所;伯耆古代の丘公園 蓮池ステージ(米子市淀江町福岡1529)
入園料310円が必要です       
駐車場は公園入り口にあります(どんぐり館とゆめ温泉からもお散歩コースで行けますけどね)。
ハスの開花時期は、早朝開園されてますよー。
・問合せ先: 伯耆古代の丘公園管理事務所(0859-56-6817)

ーーーーーーーーーー
 2018年7月28日(土)
元町通り商店街 『まちなか音楽祭』
15:00~21:00ぐらいまでだと思います。
場所:米子市 元町通り商店街 『元町パティオ』(イベント広場)

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

お盆2016。

ノウゼンカズラが咲くと、お盆が近づいたなと、気忙しい心持ちになります。

のうぜんかずら

ウチのモデルさん出演中。

花と花


ぢいは七回忌も終わったし、海月、今年は、お盆のお仕事引き受けました。


最近、季節労働にて、沖縄行きの経費を積み立てておりますのよ。

お野菜が高くなるお盆、出荷のお仕事が稼ぎどきなのです。



家族の死という現実に、真っ向から向き合う季節。


仏壇のぢいを眺めるのは、未だにちょっと厳しいので、
海月、毎年、この時期は気力不足で、ぱったり倒れたりしておりましたが。


正直なところ、『お盆にお仕事』は悲しさが紛れるので、救われた気がしますですにゃ。


15日の夕日、うまく写せなかったけど、
巨大なヨード卵の黄身みたいでした。

夕日を見ながら帰路へ


お墓は、
3日間我が家で過ごされた祖先様方が気持ちよく戻れるように、
きれいに掃き清めてありました。


仏壇の牛さん馬さんも向きを変えて帰り支度。

送り団子もバッチリ。

仏壇帰り支度


なんもせんヨメで、すんませーん。


今夜はもう、深夜の送り火まで、することはないから、
『坂上忍の好きか嫌いか言う時間』というテレビ番組と、リオオリンピックのシンクロナイズドスイミングを観て過ごします。


0時前。

出発されるみなさまへのお持ち帰り品、準備。

さあ、ぼちぼち出発


いつの間にか、結構な雨降りになっていたのですが、送金時刻10分前にちゃーんと止み。


お線香の香りに乗せて、ウチカビや御馳走を焼いて送りましょう。


嫁ぎ先母と二人で用水路で送ってたら、ぢいの姪っ子が、私たちのファイヤー!を見つけて、出てきてくれました。


姪っ子ちゃん、ウチカビ送金、初体験です。


「ばーちゃんがお金送るって、何のことかと思ったけど、これだったのかあ」

沖縄だけじゃなくって、台湾や中国でも、今もガッポリ送ってあげてるらしいよーん。


ねこばす氏も、お父さんが亡くなってから、ウチカビ送金が習慣になってるけど、
今年からは、お母さんの分も。

沢山燃やしてあげたのかな。


あちこちのおうちでも、ひっそりと影が出てきては、送り火が始まって、
ろうそくやお線香らしき灯りがぽっちりと見えます。


みんな、お土産いっぱいもらって、喜んでくださったかな。


…お見送りしなかったら、帰らずに、ずっと滞在してくれるのかな。
関連記事
スポンサーサイト

<< 手術中のギターとウミウシわんこ | ホーム | 7月23日、て~げ~なんくるないさーずで城園ハイツ夏まつりを楽しませていただきました。 >>


 ホーム