活動のご案内 兼 覚え書き

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!


ーーーーーーーーーー
2018年6月1日(金曜日)
キャリーリー弓ヶ浜公園店
『CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHT』

場所:鳥取県米子市両三柳3192−2
TEL:0859-30-0355

 20:00~ ないちゃーれきおーず
 21:00~ SIESTA with URA

テーブル大小、ソファー席、お座敷もあります。
駐車場無料
入場無料
ライブを聞きながら、オーダーお願いいたします。

ーーーーーーーーーー
2018年6月15日(金曜日)
ビスコットライブ
場所 : Cafe&Bar BIS COTTO(カフェバー ビスコット)
 鳥取県米子市道笑町1‐3BMEビルM2
  (米子 AZTiC ラフズの中二階)
 TEL 0859-31-2535
  19時オープン
  20時スタート

ーーーーーーーーーー
2018年7月22日(日)
伯耆古代の丘ロマンコンサート
時間・出演団体の詳細未定 
場所;伯耆古代の丘公園 蓮池ステージ(米子市淀江町福岡1529)
入園料310円が必要です       
駐車場は公園入り口にあります(どんぐり館とゆめ温泉からもお散歩コースで行けますけどね)。
ハスの開花時期は、早朝開園されてますよー。
・問合せ先: 伯耆古代の丘公園管理事務所(0859-56-6817)

ーーーーーーーーーー
 2018年7月28日(土)
元町通り商店街 『まちなか音楽祭』
15:00~21:00ぐらいまでだと思います。
場所:米子市 元町通り商店街 『元町パティオ』(イベント広場)

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ちょっとへこたれております。秋だから?

できることはとっても少ないのですが。


その少ない中から、できることを見つけるのが自分の生きるかたちだと思って、いろいろ考えてはチャレンジしてました。


閉じ籠ってはいけないと思い、
友人たちに支えてもらってライブに出たり
家族の行事には可能な限り参加したり(あとでダウンするけど)
自分に合った仕事をみつけたり


でも、人生、そんな甘い考えではダメなんですね。

「人中が怖いようじゃ、いつまでたってもダメだ。
無理にでも引っ張りだす」と家族から言われましてね。


凹みました。


そうかー。

出来ることを増やすより、
出来ないことを克服しないと、評価はしてもらえないもんだなと思いましたです。


夫が、生きていたらやりたかったであろうことを実行するために退職し、
その後、体調を崩して、自宅療養に入るという残念な経過に。


またダウンして迷惑をかけないように、自分なりに、施行錯誤・コントロールしてきたつもりでしたが、

家族が考える社会復帰とは、わたしの在り方は隔たりがあるようで、


家族の幸せを考えた場合に
自分がどんな立ち位置にいるのが望ましいのか、

1年1年と変化する流れの中にある今、自分の生きる道を見直す時期かなと考えています。

ぢい&海月


晩年は夫と旅をしながら草の露と果てるのが憧れでした。


関連記事
スポンサーサイト

<< おいしいものを食べて元気を出そう!だって秋だもの。 | ホーム | 荒神神楽(こうじんかぐら)を観に行ったときのこと。 >>


 ホーム