活動のご案内

『おくたにくらぶ 茶和 tea Live』 part2

●日時 :5月20日(土)15時〜17時

●場所:カフェダイニング茶和(さわ)
  鳥取県 米子市 両三柳 58-3

ないちゃーれきおーず、また出していただくことになり、ありがとうございます!
ーーーーーーーーーーーーー

2017年7月14日(金曜日)
ないちゃーれきおーず、カフェビスコットさんで演奏させていただく予定です。開始時間、夜。

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

想定外にスペシャルラッキーな沖縄。

11月12日の吉栄会創立85周年記念公演を満喫し、

吉栄会さん

なぜか集合写真や打ち上げにまで混じらせていただく流れとなり、
「恐縮至極でございます」的立ち位置の、ないちゃーれきおーず。


お家元に、そろそろおいとまを…のご挨拶をいたしましたら、

「あんたら、いつまで居るの?
明後日帰る?
んじゃ、明日、いらっしゃい」


どひゃー。

お家元、休まれなくてよろしいので?


実は、ねこばす氏が今年新たに購入した中古三線、
いまいち音が好みでないので、
お家元に作り直しをお願いしていて、
この公演後からとりかかられるとばかり思っていたのですが、

「あの三線、もうできてるからさー」


またまた、どひゃー。

まじっすか。


わーい。
堂々と参上する理由がでけました。


翌日。
ルンルンなねこばす氏と海月は、高速バスで宜野座に向かいます。

着いた。


お家元、昨日まで連日ご多忙だったはずですが、
こんな立派な三線になりました~

じゃん!亀さん小

棹の根元に亀さんが付いているので、「かーみぐゎー(かめちゃん)三線」と呼んでます。


裏は響きが良いように


低音域から高音域まで鳴らないところなし!
詰まりの無い、気持ちのよい音に生まれ変わって
ねこばす氏、大喜びぃ


海月も、せっかくだから、早速その三線で、おけいこさせていただきました。


富原(とんばら)ナークニー、3回目のお稽古。


フレーズがなかなか覚えられないのですが、
この曲、原作の富原盛勇さんのリズムと節回しをベースにして
自分らしいアレンジを加えて良いらしいんです。


お家元演奏のCDと、頂いた楽譜とはちょっと違うし、
今回演奏された出演者さんの富原ナークニーも、
アレンジが加えてありました。


それにしても。

お家元の手元を拝見しても、
どうしても真似ができない。


爪(バチ)の扱いがひじょーに独特なんです。


この爪さばきで、
あの、柔軟な抑揚がついた淀みない流れと、
リズミカルなくびれ感が生まれるんか!

でーじカッコイイっす!


お家元 「かなしく弾くってわかる?」


沖縄の『かなしい』は、愛おしいってこと。

甘く、いつくしんで弾きなさいという意味なんだろう。


おんなじ曲でも、お家元が弾くと、タンゴみたいなうねりが生まれる。

あんなして弾けるといーなー。


屋良先生、家元なのに、形式にだわらない流派らしい。

ねこばす氏に
「あんた、ギター弾くんだから、ギターのテクニックをどんどん取り入れたらいいわけさ~」


三線は、毛遊び(もうあしび。原っぱでの婚活ダンパみたいな感じ)で技術を競って発展したもの。

演奏技術を継承したり、
即興や掛け合いをしながら新しい民謡が生まれていった。


弾き方自慢の男性はモテモテってわけでして。


お家元 「ただね、弾いてるとね、みんなカップルになっていなくなっちゃうわけ。
だから、目をつけた女の子はよ、着物の裾を踏んでおいて、弾いている間も逃がさないのね」


笑。


ご近所さんが届けてこられた 出来立てのサーターアンダーギーをご馳走になりながら
お稽古の前にあんだーぎー

揚げたてあんだーぎー

そんなゆんたく(おしゃべり)したり
緊張まみれで、普段のないちゃーれきおーずの持ち曲を聴いていただいたり

あっという間の二時間半。


吉栄会会員のみなさん、
内地の方はスカイプでお稽古をうけ、
沖縄在住のお弟子さんは、毎週通っておられるそうな。


海月は滅多に訪沖できないから、スカイプに関心あるけど

サーターアンダギーは画面から出てこんからね。


帰ってから、パソコンを開くと、ついつい沖縄本島の賃貸情報を検索してしまう海月なのでありました。



関連記事
スポンサーサイト

<< うたちゃんさん訪ねて900キロ(もちろん往復+寄り道で)。 | ホーム | 可愛いものたちとの生活。 >>


 ホーム