活動のご案内 兼 覚え書き

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!


ーーーーーーーーーー
2018年6月1日(金曜日)
キャリーリー弓ヶ浜公園店
『CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHT』

場所:鳥取県米子市両三柳3192−2
TEL:0859-30-0355

 20:00~ ないちゃーれきおーず
 21:00~ SIESTA with URA

テーブル大小、ソファー席、お座敷もあります。
駐車場無料
入場無料
ライブを聞きながら、オーダーお願いいたします。

ーーーーーーーーーー
2018年6月15日(金曜日)
ビスコットライブ
場所 : Cafe&Bar BIS COTTO(カフェバー ビスコット)
 鳥取県米子市道笑町1‐3BMEビルM2
  (米子 AZTiC ラフズの中二階)
 TEL 0859-31-2535
  19時オープン
  20時スタート

ーーーーーーーーーー
2018年7月22日(日)
伯耆古代の丘ロマンコンサート
時間・出演団体の詳細未定 
場所;伯耆古代の丘公園 蓮池ステージ(米子市淀江町福岡1529)
入園料310円が必要です       
駐車場は公園入り口にあります(どんぐり館とゆめ温泉からもお散歩コースで行けますけどね)。
ハスの開花時期は、早朝開園されてますよー。
・問合せ先: 伯耆古代の丘公園管理事務所(0859-56-6817)

ーーーーーーーーーー
 2018年7月28日(土)
元町通り商店街 『まちなか音楽祭』
15:00~21:00ぐらいまでだと思います。
場所:米子市 元町通り商店街 『元町パティオ』(イベント広場)

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ショート君と、湯島三線リペア店。

カマカ風ウクレレのウクちゃんが
ないちゃーれきおーずに仲間入りしたのは、2014年3月のこと。

マイフェアれーれー

購入時には
弦高が高すぎて、
ウクレレ初挑戦の海月がポロンポロンつま弾くだけなら問題ないんだけど、
ねこばす氏が激しくジャカジャカ弾くには、音がイマイチだった。


「もうひとつコンサートモデルを買うかな~」と思案したねこばす氏。

ギターリペアでピカイチの湯島さんにウクちゃんを預けたら、
湯島さん、即、形成手術。


ウクちゃん、グレードUPして別人になりました。


あまりの変貌振りに、
ウクちゃん改め、
ヘップバーンの映画『マイフェアレディ』に因んで、マイフェアレーレーと呼んでいるんだけど。





そしてまた。


ねこばす氏、初代の強化張り三線一丁だけでは間に合わなくなってきたので、
沖縄にて中古三線を買い求めた。


二丁のうち一丁は屋良三線店さんでお家元に作り直していただいたが、
残る一丁は、棹と胴の接続部がぐすくて調弦が決まらないので

マイフェアレーレー同様、
湯島さんとこに入院。


三線も、安定の音質に生まれ変わって退院してまいりましたよ。


どれどれ。

リペア三線

弾いているうちに、
こなれてよく響くようになってきました。

おー。鳴る鳴る

リペアに出すまで気付かなかったのですが
なんと、所持している三線に比べて、棹が一センチほど短い!?


右の三線ですよ。

比べると

ホラネッ。

寸足らず


見たことないけど、姫三線ってやつでしょうか。


三線はフレットがないから、
弾いていて寸詰まり感がありますね。


アルトリコーダーを吹いていて、ソプラノリコーダーに持ち替えた感じといいましょうか。

普段17弦箏なのに、13弦箏を担当した感じといいましょうか。


日頃、どんぶり飯なのに、
お茶碗を渡されて戸惑う感じといいましょうか。


慣れるのにちょこっと時間がかかりますが、
なかなかカワイイやつです。

ショート君と名付けました。


鳴るようになるまではまだ暫く弾きほぐさないといけませんね。


それにしても、三線メンテナンスが地元でお願いできるのはかなり助かります。


湯島さん、『三線リペア』 の看板出してもいいへん?
関連記事
スポンサーサイト

<< 毎年、ぢいのおばさんから可愛らしい干支ぐるみをいただきます。 | ホーム | えびちゃん。 >>


 ホーム