活動のご案内

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!

ーーーーーーーーーー

音楽天国「祭」

日時:10月15日(日)        
 10:00〜18:30(時間訂正しました)  
会場:米子市文化ホール         
料金:無料ですが、整理券が必要ですので、当blogの拍手コメント欄にご一報くださいますか、もしくは   TEL 0859-21-1059(音楽天国さん) までお問合せ下さい         

ーーーーーーーーーー

CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHT

10月20日(金)
場所:キャリーリー弓ヶ浜公園店さん(米子市)
時間:
 20:00~ ないちゃーれきおーず
 21:00~ 三仏秋世さん 

テーブル大小,ソファー席,お座敷あり
駐車場無料
入場無料
ライブを聞きながら、オーダーお願いいたします。         

ーーーーーーーーーー

ないちゃーれきおーず、カフェビスコットさんライブ

2017年10月27日(金)
20時スタート
場所:Cafe&Bar BIS COTTO(カフェバー ビスコット)
鳥取県米子市道笑町1‐3BMEビルM2
(米子 AZTiC ラフズの中二階)
TEL 0859-31-2535

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

もうすぐ立春。

23日からの大雪で、嫁ぎ先は150cmぐらい積もっていたようなのですが、
昨日の雨で随分解けて。

お墓が顔を出しました。

雪解け間近

こんな大雪でも、息子のお墓までちゃんと道を開けてくれている義父母。

雪の中のお墓さん

おかげで、海月は楽をしてお墓参りができますの。

あったかいかも

なんか、雪があったらあったで、温かそうだにゃ。


夫他界後、7年と3カ月と一週間が経過し。


昨年ぐらいから、ようやく、告別式を回想することができるようになってきた海月です。


ほとんど記憶にのこってない数日間。

義妹を中心に、周りの方々が総力を尽くしてことに当たってくださったので、
海月はなーんにもせず、ただひたすら、残された時間、夫をながめておりました。

納棺1

いっぱい趣味があったから、何を持たせたらいいか、チョー悩む。

納棺2

愛車は納棺できないから、代わりにカタログ入れました。

楽器は、姪が絵を描いてくれたので、それを持たせましたよ。
ベースと、ドラムと、三線と。
みんなとの演奏の写真もね。

納棺3

あと、着替えのアロハが沢山要るでしょう。

海月も一緒に入りたいけど、定員オーバーだから、
代わりにQOOぬいぐるみが御供しますのよ。


予備遺影

お通夜に遺影が間に合わないから、
ライブの写真をとりあえず置いてみました~。

サイズ、ばっちしじゃん!


告別式の写真、沢山撮ってくださっていて、
ああ、こんな遠いところまで、こんなにたくさんの方が来てくださっていたのかと、改めてびっくり。


音楽仲間に、生演奏で送り出してもらうなんて、なんて贅沢でしょう。

音楽葬1

音楽葬2

音楽葬3


ほんとうにしあわせものの、ぢいと海月。

大切なたからもの、多すぎます。
関連記事
スポンサーサイト

<< ジョウビタキさんと千鳥に夫をおもう、ミボージン。 | ホーム | 大神島の生活史が出版されるそうで。 >>


 ホーム