活動のご案内

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!

ーーーーーーーーーー
奥谷企画 茶和 8月 tea Live
 
<日時>2017年8月20日(日)
18:30スタート
<場所>カフェダイニング茶和
(鳥取県 米子市 両三柳 58-3)
ないちゃーれきおーず、張り切って前座務めさせていただきます!

ーーーーーーーーーー
奥谷企画 茶和 9月 tea Live
 
<日時>2017年9月17日(日)
スタート時間は後日決定でございます。
<場所>カフェダイニング茶和
(鳥取県 米子市 両三柳 58-3)
ないちゃーれきおーず、今回も前座務めさせていただきます!

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

自治会の親睦会で皆生温泉に行きました。

年に1回、年度終わりに開催される班の親睦会。


今年は、2月26日。

皆生温泉のつるや旅館さん(皆生温泉老舗温泉旅館皆生つるや)で行われました。

皆生つるやさん

みんなで班会費の積み立てをしていて、
一年に一回、しっかり交流を温めましょうということで
自治会の皆さんとの接点が少ない海月やねこばす氏は
このチャンスを楽しみにしているのです。


お迎えのバスに乗ってしゅっぱつー。


つるやさん、老舗ですが、海月は初めて。


大広間にはお膳が用意してありまして

皆生温泉つるやさん

本日、2世帯欠席、
23世帯24名が出席という高率な集まり具合に、団結力の強さを感じますです。

23世帯24名参加


2年間フル稼働だった班長さんご夫妻も、任期はあと1カ月。

大変お世話になりました。

4月からの新役員さんの紹介があり
さあ、宴会の始まりです。

班長挨拶、乾杯の発声、新年度役員就任あいさつはこちらへどうぞ


海月のお隣は、公民館掃除で海月の顔を覚えて下さっていた方だったので、
「向うの右から順にAさん、Bさん、Ⅽさんとこの奥さん、Dさんとこの奥さん…」ってな感じで
とっても親切に教えてくださいますが、
席順替わったら、
すんません、わからんくなりました


日頃なかなかいただくチャンスがない松葉ガニから挑みます。

蟹さんぎっしりの半身


写真では見えませんが
足の下には胴体の身も半身あって、
どれも身がぎっしり。
ほじりだしたらお皿がてんこ盛りになってびっくりしました。

白ご飯をお願いして、
アツアツご飯にのっけてハフハフ。

やー。
おいしーねー。


郷土料理ののこめし

これ、うちのほうでは大山の形だから『いただき』って呼んでますが、

正式名称は『ののこめし』なのね。

大山

ののこめしハーフサイズ

お米とかやくを混ぜてお揚げに詰めて、調味液で炊く郷土料理です。

分量が難しくて
破れたり芯ができたりするのに

さすが本職さん、美味しいですね。

こんな由来だったのー

袢纏に似ているからなんて、なんか可愛くて、いただきって呼ぶより好きかなあ。


お料理は、
天ぷらやら茶わん蒸しやら、次々出してくださったと思うのですが


食べるのが遅い海月は、
松葉ガニの後は鯛の兜煮に夢中で、
あとはみんな、よそ様へスライド(笑)。

鯛の兜煮

満足です。


昨年は、始めにまず会議があったこともあり、あっという間だったのですが、
今回は時間がたっぷり。


女将さんから、
送りのバスはどんなに遅くなってもいいから
お風呂をどうぞと勧めていただき、

お食事が終わった後、ほぼ全員がお風呂も堪能されたようです。

皆生つるやさんホームページより
 (こちらはホームページで活躍中の女湯の美女さんです)


皆生温泉は、「皆、生きる」と書きますが、

ホームページを読んでいて、新たな発見がありました。



その昔、出雲の稲佐の浜から泡となって流れた魂たちが海岸に流れ着き、
新しい身体と心が蘇生(よみがえる=黄泉の国から帰る)されて
皆、生まれ変わったと云われています。
このことから、当地を「皆生」と呼ぶようになったのだと。



へええ。そうだったのかー。


小さい時から入っていたから何も思わなかったけど、
身近であればあるほど、いろんな発見がありますね。


今年の3月30日の浜下りは
皆生海岸がいいかなあ。


美味しいお料理をいただき、

ご近所さん方がカラオケではしゃぐ普段は知らない一面を拝見し、

保湿効果の高い温泉でぽっかぽか。

ロビーでコーヒーサービスもあったりなんかして、


贅沢な親睦の夜を過ごさせていただきました。
関連記事
スポンサーサイト

<< とっても可愛い、夏泊神社。 | ホーム | 月命日お食事会 兼 新年会。 >>


 ホーム