FC2ブログ

活動のご案内 兼 覚え書き

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!    (11月12日更新)


ーーーーーーーーーー
2018年12月07日(金曜日)
キャリーリー弓ヶ浜公園店
『CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHT』

場所:鳥取県米子市両三柳3192−2
TEL:0859-30-0355

 20:00~ ないちゃーれきおーず
 21:00~ レネ・グラス さん 

駐車場無料
入場無料
ライブを聞きながら、オーダーお願いいたします。

ーーーーーーーーーー
2018年12月08日(土曜日)

『琉球ナイト』
@cafe あっぷる

場所:出雲市浜町北砂子868-3
(浜山公園左出口すぐ)
TEL:0853-24-8763 080-5613-6428

open 19:00 
start 19:30
チャージ1,000円
要ドリンクオーダーでございます

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

日南町民のねこばす氏は、元々、1950年代~1960年代のアメリカンポップスのバンド『ロスレガリートス』に所属しており、
2013年、地元、日南町での音楽祭に出演しようと思いつくが、メンバーの都合がつかず断念。
小心者であるためピン出演には勇気が足りず、
カホンをミスタ・ハルサに、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、
ねこばす氏はパーカッショニストの横パパも仲間に引き入れ
紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

サングァチサンニチ(3月3日)浜下り。今年は皆生(かいけ)海岸に行きました。

3月30日(木)のことです。


この日は旧暦の3月3日サングァチサンニチにあたるので、
浜下りにでかけました。

ひな祭りに相当する沖縄の年中行事、「浜下り(はまうり)」。

奄美大島、徳之島、沖縄本島ではハマウリ、ハマオリ。
宮古諸島ではサニツ。
八重山諸島ではサニズというそうで。

浜に下りて手足を海水にひたして身を清めます。


ある娘さんが、人間に化けたアカマター(赤斑の蛇)の子供を宿し、
海に飛び込んで身を清めて、子供を流したという昔話が由来だそうで


ナイチャーでおばァの海月には
無縁なお話なんですけど。


やっぱ、毎年のお楽しみイベントですし。


旧暦の3月3日は
干満の差が最も大きい大潮になり、干潮時には沖まで遠浅になるから
魚貝類や海草を採って一日遊ぶのですが、


宮古島の八重干瀬(ヤビジ)なんか、
春から夏にかけての大潮の低潮時には島のようになる、広い礁があって
幻の大陸として観光名所にもなってますよね。


宮古島にある池間島の北に位置し、
南北約17km、東西約6.5kmにわたって広がるサンゴ礁群、八重干瀬(ヤビジ)。

一度は行ってみたいなあ。


皆生海岸

さて、皆生(かいけ)海岸は、
海月が向かった時刻は、ほぼ満潮のようでしたね。


山陰の3月ですから、
水着の上にフリース着てますが
当然、鳥肌立ってます。


寒っ。


でも、晴れ間が広がってきて、気持ちいい。


海月式のみそぎは

海にお酒を注いでお供えした後、
先日いただいた『フレシネ・コルドン・ネグロ・カヴァ・ブリュット・セレクシオン』の登場です!

カバ。これだね!

…長い名前、苦手だから、
「黒帯カバさん」でいいへん?


じゃん。

青空へ乾杯


やっぱ、いつもの業務スーパーの¥348だかのスパークリングと違って、
まーさっさー(おいしーねー)。

しゅわしゅわー。


波を被って濡れたパンツが乾くまで
宴会といきますか。


肴も、おされに輸入物でやんすよ。

インドネシアの『ミックスド ルーツ ポテトチップス』。

つまみのポテトチップス

サツマイモ、紅芋、タロイモの3種類のお芋さんなので、
カラフルですね。

3色ポテチ

がぶかぶ。
ばりばり。
あはははー


ハイテンショーン。

ごちそうさまでした。

ひっく。


※飲酒後の遊泳における事故が後を絶たちません。
注意事項を守って海水浴を楽しみましょう!

アルコールは平衡感覚や運動神経系の機能を低下させますからね。


浜遊び

実母お手製肉まんにかぶりつくの図。


「今年は皆生で浜下りしよう」と思ったのは
皆生温泉の温泉旅館のblogにこんなことが書いてあるのを発見したからで。

  ↓

あまり知られていませんが、
皆生温泉には古来から「ヨミガエリ」の地としての伝説があります。
「その昔、出雲の稲佐(いなさ)の浜から泡となって流れ出た魂たちが、海岸に流れ着き、新しい身体と心がよみがえり皆、生まれ変わったことから、当地を〝皆生〟と呼ぶようになった」



ええ、全く知らなかったので、びっくりです!


皆生の波打ち際に水鳥さんが大勢浮いていることにも、びっくりです!

水鳥海水浴


更に読み進む。



古代出雲神話に出てくる国引きの際に、東の綱とされたのがこの弓ケ浜。
その昔は「夜見(ヨミ)が浜」と言われていました。
砂州が陸続きになる前は島であったとされ、『出雲国風土記』には「夜見嶋」と出ています。
そしてこの夜見の地名は「米子市夜見町」として現在まで残っています。

また、稲佐の浜から島根半島を通って美保湾までは対馬海流が流れています。
浜から海流に乗ると夜見が浜へ流れ着くというのは、しごく自然な現象です。

魂が泡となって流れ着き、「夜見」の地で生まれ変わる、
つまりこの地で「ヨミガエリ」、皆(ミナ)生まれかわったという伝承は地理的にも頷けます。

ヨミの意味は語源由来辞典によれば、(現在では古代中国思想の『死者が行く地下の世界を指す「地下の泉」の意味で「黄泉(こうせん)」の字義が使われていますが)日本では大和言葉の「ヨミ」を「ヨモツクニ(よみのくにの意」と言いました。
「ヨモ(よみ)」の語源には、「ヨミ(夜見)」から夜見る夢の意味があったり、「ヤミ(闇)」の意味があります。また「ヨモ(四方)」の意味や「ヤマ(山)」など諸説あると言われてます。
あの世が地下にあるとするならば「黄泉」の字義が妥当ですが、「古事記」では雷神が登場し、地上にある世界のように評されていることから、「山」の説も考えられます。つまり「火の神岳大山の方角にある場所」をヨミと言い、それに夜見の文字があてられたのではないでしょうか。



なるほどなるほど~。

稲佐の浜は、出雲大社の西方1kmにある海岸ですが、
海月、前世は出雲人だったと聞かされていて


今の生を、
この弓ヶ浜にゆらゆら流れ着いて受けていることや、
亡夫ぢいがわたしに『くらげ』と名付けた理由として

なんとなく、自分のルーツを発見したような気分になっています。


これからも、ちょくちょく来てみようかな。皆生海岸。
関連記事
スポンサーサイト

<< ライブ日程(4月11日までトップ記事になります) | ホーム | 練習事情と、新しい仲間 『ンゴニ』 >>


 ホーム