活動のご案内

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!

ーーーーーーーーーー
『おくたにくらぶ 茶和 tea Live』 part3
6月17日(土)18時半~
カフェダイニング茶和(さわ)
鳥取県 米子市 両三柳 58-3 ーーーーーーーーーーーーー
『カフェビスコットさんライブ』
2017年7月14日(金曜日)
20時
ーーーーーーーーーーーーー
『世界の料理とビールの音楽祭2017』
2017年7月23日(日)
12:00 - 21:00 UTC+09
カラコロ工房
〒690-0887 島根県 松江市殿町43
ーーーーーーーーーーーーー
がいな祭『元町音楽祭』
2017年7月29日(土)
元町サンロード内、パティオ広場

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

広島・沖縄物産展 みっしり三絃②

広島で滞在したホテルの無料朝食のバイキング、
これがなかなかのご馳走でして。


ホテルホームページの画像、拝借しました。
広島 朝食バイキング1

2広島 朝食バイキング

広島 朝食バイキング3

品数多くて
おかず数種が毎日違うし
卵料理も、日替わりで、
ゆで卵・スクランブルエッグ・だし巻き・オムレツなど。

ホテルのモーニングサービス

海月のお気に入りは、
サラダ用のブロッコリとコーンをマグカップに入れて
熱いポタージュスープを注ぐ。

これ、毎朝いただきました。


エネルギー満タンで、福屋さんの沖縄物産展に向かいます。


駅前も地下道もお店の中も、
どこもかしこも、背番号と名前がついた赤い服の人だらけ!


広島で追っ手を撒くなら
カープのユニフォーム着るに限るなぁ。

…1枚買っておこうかな。





二日目はお家元と1対1、
時々ねこばす氏が参戦して1対2の無料体験。


脳みそ沸騰の体験曲リストはコチラ。
   ↓
 屋慶名(やけな)クヮーディーサー
 果報節(くゎふーぶし)
 鳩間節
 通い船
 白保節(しらふぶし)
 谷茶前節(たんちゃめー)
 かいされー
 海ヤカラ
 ナークニー 

海月 「ぬーん…???」

難しすぎて、本日も訳わからずです。


三絃の基本の調弦である本調子は、
まず「ド」の音を決めて、
相対的な音程が「ド・ファ・ド」とかになるんですけど、

曲によって二揚げ「ド・ソ・ド」とか三下げ「ド・ファ・シb」なんてのがあります。


おんなじ曲でも、
譜面によって本調子だったり三下げだったり二揚げだったりがあるから

どの譜面を選ぶかって時点ですでに挫折してしまう海月は
今まで、すべてCD聴いて
本調子で音をとって、勝手にそれっぽくアレンジするだけでした。


んだもんで、
二揚げの「ド・ソ・ド」なんてのになると、
もう完全にお手上げでして

なんせ、見当をつけた場所を指で押さえると、想像と一音ずつ違う高さの音が出てしまうわけで


そんな混乱の中で教わり始めた二揚げの『浜千鳥』。

煮詰まって気を失いそうになっていたら、


手前の草木染ブースの方がスイッと登場して
琉舞を舞ってくださいました。


ひゃー。


三絃もいいけど、
こんな間近で琉球舞踊ですよ!


こちらも早速体験するべし。

琉舞レクチャー

奥のわしたショップの店員さんも
持ち場で体験中。
 ↓
持ち場でウズウズの店員さん

くるりと回ったら

わっ。
いつの間にか生徒が増殖している?

生徒が増えた?

お向かいの海音笛工房さんの笛も加わって、
カチャーシーも。

三絃あり笛あり

きゃあーっ。
沖縄行くより沖縄してるぅー。


物産展パラダイスにて
海月、吸収したいことが多すぎて
鼻息が荒い荒い。




お家元が休憩の間、お店の留守番させていただいたり


お稽古体験の方が来られた時には、

ねこばす氏&海月 「お邪魔にならないように今日はこれで失礼させていただこうかと…」

お家元 「もう帰るの?ごはん食べ終わったら、また来なさいよ」


ええっ。いいんすか?


そんなわけで、お昼ご飯をいただきに、近くの天○一品に行きました。


天○一品、米子にもあるんですけど

広島市には6店舗あって、
お店によって味が違うって聞いたから


ねこばす氏は広島滞在中、3店舗行ったらしいですよ。

ま、毎日3食ラーメンでもいいっていう人だからね。





さて、再び福屋さんに戻り、
閉店時間の8時まで
みっしり体験です。


ねこばす氏は、いろんな三絃弾き三昧。


どれをとってもいい音色なのですが、
材や皮の張りでこんなに違うのかと夢中の様子ですよ!


弾いていると鳴りが良くなってくるから
おんなじ三線でもどんどん音色が変わって面白いらしい。


そして、
屋良お家元の奏法は、
見るほどに惚れ惚れで。


譜面には表記されてない音が、曲の随所に含まれていて
「今、何が起こりました?」って感じ。


リズムにうねりがあって、

笹舟に例えると、

渓流を下りながらくるくる回ったり、
岩に接岸して一瞬止まったり、
段差を急に落ちたり

よどみをゆったり進みながらも
常に流れているようで


あー、もう、めちゃくちゃカッコイイ 。


ピアノでは表現できない、西洋音楽の音階にはない音がたくさんで、

義務教育の音楽の時間に習った音階やリズムの感覚を
根底から覆す難しさですよ。


海月は、屋良さんの三線の太棹が好きでして、

一般の三線と比べて幅が広い分、
絃を押さえる左手で、複雑な指遣いができます。

真ん中の絃を右か左に押し上げると、1音の上げ下げが絶妙な間合いで挿入できたりなんかして


もー、目から鱗が落ちるって、このことだわ。


いいなー。
屋良三線。


いつか買えるように、
頑張って働かなくちゃ!




とりあえずは、爪を作っていただきましたよ。

おにゅー爪。


重たい爪のほうが深くていい音色が出るのですって。


ねこばす氏がウッカリ手を滑らせて
足に刺さるんじゃないかと少し心配ですが、

海月、1日も早くおニュー爪に慣れて、
味わい深い音創りを目指すぞォ!




福屋さんの閉店の音楽に紛れて帰るとき、

物産展の方々に「おつかれさまー」と声をかけられ、
恥ずかしさのあまり小走りでエレベーターのドアにぶつかった二日目でございました。

関連記事
スポンサーサイト

<< 広島・沖縄物産展 みっしり三絃③ | ホーム | 広島・沖縄物産展 みっしり三絃① >>


 ホーム