活動のご案内

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!

ーーーーーーーーーー
『世界の料理とビールの音楽祭2017』
2017年7月23日(日)
12:00 - 21:00 UTC+09
カラコロ工房
〒690-0887 島根県 松江市殿町43
ーーーーーーーーーーーーー
がいな祭『元町音楽祭』
2017年7月29日(土)
元町サンロード内、パティオ広場

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

検索フォーム

ブロとも一覧

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

八重山民謡、月ぬ美しゃ(つきぬかいしゃ)。

九州北部での豪雨災害により
甚大な被害を受けられた皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。

被災者救助に携わる方々の安全も
お祈り申し上げます。



Cafe&Bar BIS COTTO(カフェバー ビスコット) さんでのライブが近づいてまいりました。

今回も、メンバー3人揃っての練習は2回。

1回目の今日、ざっと曲目を決めちゃいます。


<候補曲>

・浦風(うらかじ)
・来夏世(くなつゆ)
・童神(わらびがみ)
・東の渡(あーりのとう)
・ヒヤミカチ節
・安里屋(あさどや)ユンタ
・海ぬちんぼーら~赤山(あかやま)
・富原(とんばら)ナークニー
・月ぬ美しゃ(つきぬかいしゃ)
・涙そうそう
・テーゲー
・夏至南風(かーちぱい)
・イラヨイ月夜浜(つきよはま)
・豊年(ほうねん)のあやぐ
・ふなやれ
・乾杯さびら~ありがとう


「…。」

ちと多すぎんかや?


この間から、ねこばす氏が単独で『月ぬ美しゃ』に挑戦しています。


沖縄旅行中、
『仲田幸子芸能館』に行って
人頭税について教えていただいていたときのこと、

子守唄だと思っていた『月ぬ美しゃ(つきぬかいしゃ)』が
実は、地方役人が私腹を肥やすために、人頭税に割り増しをして徴収し着服していたことを唄った歌だと聞きました。


歌詞の中に、
 
「東からあーりおる 大月ぬ夜
   沖縄ん八重山ん 照らしょうり」

というのがありますが

この意味は

「月は沖縄本島も八重山も同等に照らしています。
八重山ばかりにこんなに苦しい思いをさせず、平等にしてください。」

ということ。


また、
 
「釜戸ぬ縁ぬ アッピァーマ 何が何が 旨い
 煙草ぬ 下葉どぅ んまさーる 
  茶飲みばーやんがさぬ」

の意味は


煙草の下葉(=下級役人)が、
人頭税の水増し計算をして着服や汚職ができる立場を、
姥に「美味しい」と言っている。
 お茶葉の先端の上質葉と煙草の葉の先端部を置き換えて、
「上は苦くて飲めないよ。(上質だけど、馴染めない)」

だそうなんです!


それを聞いて以来、
ずっとやりたかった曲なのです。




仲田幸子芸能館さんでは、

ステージにテレビのCMに登場の超有名人『喜劇の女王、仲田幸子』座長と、
親子孫まで続く芸能一家、『劇団でいご座』さんのステージが毎日見られますのよ。

でいご座さんのステージ


さすが、お客さんの顔をよく覚えておられて

「あい!久しぶりねー。ちゃーがんじゅしてたねー」
(あら、ちょっと、久しぶりじゃないの。元気してた?)


「ああ、帰ってきたなあ」って気持ちになれちゃう。

呑み屋さんに足が向かうオト-サンの気持ち、
よっくわかりますとも。


そして、気さくになんでも教えてくださるので

海月は、こちらで
沖縄風の着物の着付け、「ウシンチー」を習いました。

ウシンチー実践中


楽しくって
いろんなお勉強できて

またお会いしたい仲田幸子女王


元気をもらって充電できる。

元気がもらえる仲田幸子芸能館


ねこばす氏、月ぬ美しゃ、マスターしたら
また行きませんか?仲田幸子芸能館。



関連記事
スポンサーサイト

<< 香川県東かがわ市、白鳥(しろとり)動物園。 | ホーム | 土鍋ご飯の幸せ。 >>


 ホーム