活動のご案内 兼 覚え書き

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!

ーーーーーーーーーー

奥谷企画 茶和 11月 tea Live  
<日時>2017年11月19日(日)
15:00スタート
<場所>カフェダイニング茶和
(鳥取県 米子市 両三柳 58-3)
ないちゃーれきおーず、張り切って前座務めさせていただきます!

ーーーーーーーーーー
12月08日(金)        
社会福祉協議会日吉津村デイサービスセンターさん クリスマス会         

ーーーーーーーーーー
12月25日(月)
介護老人保健施設あやめデイケアさん クリスマス会

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

古代出雲歴史博物館の観月会

9月24日(日)のことになりますが、

島根県出雲市大社町の出雲大社に隣接する古代出雲歴史博物館の
ナイトイベント、観月会に行ってきました。


博物館のお庭でお月見を楽しみながら、石見神楽を観るのです。


途中、島根ワイナリーに立ち寄り、
試飲即売館バッカスにて、今回も美味しくお味見。


こんなんが、数えたら10種類ありました。
  ↓
エンムスビ


注ぐ人と飲む人。
注ぎ係試飲しまくり


そしてまた注ぐ人とまた飲む人。
ほ-。美味しそうだレッツ試飲


今回、正装で試飲に臨んでおります。
正装で試飲


前記事で、季節のワイン二種は、
ホームページに出てたヤツと思って、シャルドネと ソーヴィニヨン・ブランだと書いてましたが

2017新酒

デラウェアでしたね。

失礼いたしました。


香りが高くて甘めで
食前酒とかにいいんじゃないのかな~




17時半、古代出雲歴史博物館に到着。


お庭にステージが準備されてました。

博物館お庭


『浜田市周布(すふ)青少年保存会』さんってとこが出演されるようですね。


久しぶりの神楽観劇に、海月、ハイテンション


今夜は雲もなく、お月さま、こんな感じ。

梢と三日月


白鳥座・琴座・わし座の夏の大三角形も、丁度頭上に。


開始まで、ちょっとその辺を散策しましょうね。

博物館裏


うさぎさん。
かつらうさぎさん


うさぎさん。
まがたまうさぎさん

すすきとお団子。
お月見準備


またうさぎさん。
はまぐり持ってるから、焼け死んだ大国主命を助けた蛤貝比売(ウムカイヒメ)なのかな。
はまぐりうさぎさん


こっちのうさぎさんはくにびき神話ですね、きっと。
なんか、うさぎさんいっぱいいます。
くにびきうさぎさん


神楽は19時開演です。


25名の周布青少年保存会さん、
なんと、下は園児から上は青年部を卒業された40歳以上の青年(?)までの構成らしいですよ。


んで、お客さんも、意外なことに、幼児ちゃんがどんどん集まってきます。
ステージ準備

さすが、郷土芸能が盛んな地域なんですね~。


オープニングの奏楽が始まりました。

奏楽

なんとっ。
椅子に座って足が地面につかない幼児ちゃんが銅拍子(手打鉦)の担当です。


お兄さんお姉さんに交じって
阿吽の呼吸で緩急のテンポばっちりに演奏する姿にボーゼン。


さあ、一番目の演目は『黒塚』。


次回に続きまーす。
関連記事
スポンサーサイト

<< 石見神楽『黒塚』観ました | ホーム | お別れと、キャリーリーブラザーズさんのライブのこと >>


 ホーム