FC2ブログ

活動のご案内 兼 覚え書き

ないちゃーれきおーず、出していただき、ありがとうございます!    (11月12日更新)


ーーーーーーーーーー
2018年12月07日(金曜日)
キャリーリー弓ヶ浜公園店
『CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHT』

場所:鳥取県米子市両三柳3192−2
TEL:0859-30-0355

 20:00~ ないちゃーれきおーず
 21:00~ レネ・グラス さん 

駐車場無料
入場無料
ライブを聞きながら、オーダーお願いいたします。

ーーーーーーーーーー
2018年12月08日(土曜日)

『琉球ナイト』
@cafe あっぷる

場所:出雲市浜町北砂子868-3
(浜山公園左出口すぐ)
TEL:0853-24-8763 080-5613-6428

open 19:00 
start 19:30
チャージ1,000円
要ドリンクオーダーでございます

プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

日南町民のねこばす氏は、元々、1950年代~1960年代のアメリカンポップスのバンド『ロスレガリートス』に所属しており、
2013年、地元、日南町での音楽祭に出演しようと思いつくが、メンバーの都合がつかず断念。
小心者であるためピン出演には勇気が足りず、
カホンをミスタ・ハルサに、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、
ねこばす氏はパーカッショニストの横パパも仲間に引き入れ
紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

お別れと、キャリーリーブラザーズさんのライブのこと

今日、9月29日は
キャリーリーブラザーズさんのライブでした

9月のキャリブラさん1


悲しいことがあったのですが
ブルース聴きたくて行きました


今日の日めくりの黄金言葉。
命こそがなにより大切


大切な大切な友人の義妹さんが
40歳の若さで旅立った

そのお別れの式に参列させていただいて


何の役にもたてないのですが、
ただ、友人の側に居たくて


昨日のお通夜も
今日の葬儀と告別式も


なんで人生にはこんなむごい別れが付きまとうのかと
ほんとうに、やりきれない気持ちで臨みました


方丈さんも

年をとった者から順に死ぬのは順縁といってしかたのないことだが
親が子の死をとむらうのは逆縁といって
いちばん悲しいことだと


遺されたご主人や
幼い3人の娘さんを護る友人と
おじいちゃんおばあちゃんの姿を

見ていられませんでした


わたしはいつも友人に助けられてばかりなのに

友人は黙って苦しんでいたこと
家族一丸となって懸命に病気と闘っておられたこと、

気づこうとしてなくて
本当に情けない思いです。


なんで、一生懸命生きている人たちが、こんな苦しみを背負う必要があるのか
納得がいきません


辛いことを人数割りにできるなら
千人でも万人でも集めたいところですが

そんなことができたとしても
悲しみが軽くはならないことが
残念でやりきれません




キャリーリーブラザーズさん、今日はメンバーさんがみんな紺の無地で

9月のキャリブラさん2


ボーカルの社長さんも、鶴のような柄のアロハの下は白一色で

9月のキャリブラさん3


ギターもハープも

「届け―!」みたいに聴こえるソロで

9月のキャリブラさん4


いつもの曲なんだけど
なんかいつもと違うように感じたのは、

受け止めるわたしの心を反映してのことでしょうか





実は、最近他界された音楽仲間さんを心に置きながらのステージだったのだと

終了後に明かされました


くじけた気持ちでも
聴きに行きたいなと思ったのは


そして
まるで、今日の告別を知って敬意を表しておられるかのように感じたのは


なるほどそういうことだったのかと


気持ちって、繋がるもんなんですねえ
関連記事
スポンサーサイト

<< 古代出雲歴史博物館の観月会 | ホーム | 手書きの思い出。 >>


 ホーム