プロフィール

panyni

Author:panyni
山陰、鳥取県に生息。

ねこばす氏属するオールディーズバンド『ロスレガリートス』が、音楽祭に出演できなかった代わりに、ジモティーのねこばす氏が、唄三線デビューを企む。
しかし、小心者であるためピン出演には勇気が足りず、カホンをミスタ・ハルサー氏に、また、一時、ロスレガリートスで共に活動し、今はてーげーなんくるないさーずサポート・メンバーの海月(くらげ)を、中国箏奏者にでっちあげ、仲間に引き入れることに。
かくして『ないちゃーれきおーず』は結成した。

しかし、結成直後に、ねこばす氏のご尊父急死により、いったん中断。

以後、もともとの企画とは路線は変わったが、ねこばす氏と海月(くらげ)は紆余曲折しながら、ゆるゆると新曲を増やしつつある。

現在のメンバー
 リーダー:ねこばす氏
 制御担当:パーカス横パパ
 記録当番:海月(くらげ)

拍手コメント新着一覧

海月のpukapukaシアター。へお越しいただき、ありがとうございます。

コメントをくださった方が、再確認や返事を読んでくださる度に
ダブル拍手をされなくてもいいように、
ブログ拍手のトップをこちらに載せました。
コメントが最新30まで表示されます。

ありがとうございました。

  ないちゃーれきおーず 
  ねこばす氏&海月
  ↓
FC2ブログ ユーザー拍手ページ

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

めんそーりよー

リンク

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

RSSリンクの表示

2018年初ライブは、ビスコットさんでお世話になりました!!

2018年1月19日(金曜日)、

鳥取県米子市道笑町の
Cafe&Bar BIS COTTO(カフェバー ビスコット) さんにて


ないちゃーれきおーず、今年初のライブ
させていただきました。


雪も雨も降らなくて良かったですね~




ライブに向けての練習で
パーカス横パパと3人全員が揃うのは
今回も二回だけ。


一回目で選曲し

二回目となる前日の練習で
曲数を絞り込みます。


演奏曲リストはこんな感じになりました

20180119予定曲


今回のねこばす氏と海月の得物は
三線二棹、ウクレレ、三板(サンバ)だけ。


新曲は
1曲目の白保節と
予備曲の唐船ドーイのふたつですっ


ユニゾン(同じ高さの旋律を複数で奏すること)の曲が増えたので

海月、もうドキドキですよ。


だって、
ユニゾン、間違えるとバレバレだから

小心者の海月には
難易度の高い、無謀な取り組みなんですから。


でもね、
イーグルスのホテル・カリフォルニアのツインギターソロが

ばっちり重なって
音の厚みがあるってのがカッコイくて

あんなのに憧れているのです。




楽器の搬入と準備が早めに終わり

準備完了


カシスソーダとガトーショコラをいただいて休憩。

とっても美味しかったのですが


し、し、シマッター

緊張MAXで
ガトーショコラもカシスソーダも

写真撮ってないっっ


…代わりに
打ち合わせに伺ったときのビスコットランチの写真が役に立つ♪

ビスコットご飯


ねこばす氏は、シシリアンライス650円で

シシリアンライス


海月はお気に入りの、
昔ながらのハヤシライス550円。

昔ながらのハヤシライス


あらっ。
でも合計金額、もっとお安かったような…

どちらかが本日のランチになってたのかな?


ご飯が固めで、海月の好みにばっちし合いますのよ。


そして、焼き芋ちゃんもいただきましたっ

おいもちゃん

あちこーこーで美味しかったです!!


ライブ当日のメニューは

タイカレーと

クリーム系なパスタ召し上がってるお客様もおられたみたいでしたね。

カルボナーラかな?




さて、8時からライブ開始です。


集客力に乏しい ないちゃーれきおーずですが
今回も、優しいお客様方に恵まれ

予備曲まで全曲終了。

ビスコット20180119


曲の背景を説明するのに、
今回は、地図を用意いたしまして

地図導入


石垣の『野底マーペー』という民話と

つぃんだら節と久場山越路節の舞台である
石垣島と黒島の位置関係を語るねこばす氏。

地図にて説明中




ビスコットマスターの音響は素晴らしいので、
楽器もボーカルも


実際の演奏以上に
細かいワザを使っているように聴こえて

超安心のサポート力。


とっても気持ちよいのですよ~
(海月が激しく緊張するのはココロの問題です)


パーカス横パパがいると

二人だけのときとガラッと曲想が変わるのも
めちゃめちゃ楽しいです。


マイクがそこにあるってだけで
ビビって倒れそうになっていた海月ですが、

おかげさまで、僅かずつながら
マイクに頼って力を抜くことが出来始めたような気がしてますですのよ。


お客さんノリノリ

このノリノリなお客さんは、海月の母。↑

後で、「手拍子していいのかわからんけん、あんた、ちょっと立って合図しなさいよ」と要求されました。


ロック好きのわりに
内気で恥ずかしがり屋さんのリーダーねこばす氏は、

手拍子とか踊りを求められるのが大の苦手で


海月の場合は、
実は苦手だってことを気づかれるのが恥ずかしくて、

ドジョウ掬いでもタコ踊りでも4羽の白鳥でも
誘われたらやらねばならぬと
不毛の義務感で挑んだ挙句に
挫折して心がポッキリ折れるタイプ


二人とも、ライブは観たり聴いたりするだけの方が好きなので


娘とは正反対な性格の母でありますね。



 KJ(ケイジ=ねこばす氏) 
「さあ、ヨコチャン、いかしたリズムたのむよ。」

 ヨコチャン(パーカス横パパ) 
「KJ、今日もヘビーにきめてやろうぜい。」

 KJ(ねこばす氏) 
「エブリバディ、イエァ!のってるかーい!」

 海月母 
「イエーイ!」

 KJ(ねこばす氏)  
「イエース!カモーン!」

ノッテルかい?
(のってるかいで検索して見つけた画像)

ってな感じを期待されても
ちょっと無理ですが…


ありがとございました~


ビスコットマスター、スタッフのケイコさん、
足を運んでくださったお客様、

いつもないちゃーれきおーずのジタバタぶりを見守って下さって
ありがとうございます。


今後も
皆さんに支えられて
全力でテンパっていきたいと思いますので


どうぞ、
ユタサルグトゥ(よろしく) 、ウニゲーサビラ(お願い申し上げます)。

 


さて次回ないちゃーれきおーずは


2月2日(金曜日)

キャリーリー弓ヶ浜公園店さん(鳥取県米子市) の毎週金曜日のイベント、CARRIE LEE GOLDEN FRIDAY NIGHTに
出していただけることになりました!


20時からないちゃーれきおーず、
21時からドンキー田中さんです。


こちらも、よろしくどうぞでございます!

 ねこばす氏 パーカス横パパ 海月 
  より。
関連記事

海月がすくすく育つ訳。

方々忙しく飛び回っている姪っ子が
こんなお土産を買ってきてくれるのですが。

竹輪&キムチ

見るからにお酒の友。


運転があるから、嫁ぎ先では一滴も飲まないのに

「海月おばちゃんはのん兵衛だ」って、どうして知っているのでしょう。

いやーん。
うふふ。困ったわ。




ギターの調律であちこち出張する湯島さんからいただいた、
駿河湾土産の桜えびせんべいは、

亡夫ぢいが
両手に持って
カシカシかじるのが似合うサイズ。

駿河湾のお土産


にゃんこちゃんがサビキで釣った、
こーんな可愛いマメアジちゃんの大群を貰ったときは、

揚げ焼きにして、数日楽しみましたね。

豆鯵揚げ焼き


湯島さんから、
釣ったお魚をいただくって言ったら


大抵は、
アジとかメバルとかボッカとか
セイゴとかスズキあたりですが


いつだったかなんか
まぐろなんて貰って、

ねこばす氏とまぐろパーティー。

まぐろ入刀中


海月、まぐろなんて高級魚、
ツナ缶ぐらいしか買ったことがありませんから

お箸を持つ手が震えるわ。

大量のまぐろ


まずはお刺身でいただき

続いて
とろろ芋、海苔、ワカメをトッピングして
マグロのっけごはんにしてみました。

トッピング自在

やー。
美味しかったデス、まぐろ。


カツオのたたきと間違えてませんかってほどの
こんな豪快な量を

一度にいただくなんて、


多分、一生で、
これが最初で最後ですわね。




そして、くらつーくんからの熊本お土産が、山盛り。

九州お土産

この他にも『からし蓮根』があったけど、

それは、いただいたその場で早速切って
あまりの美味しさに写真撮るの忘れてたから

借り物のお写真、添付。

辛子レンコン




ちきんくんチョイスの
ゴンチャロフの和酒チョコボンボン!


キレイだから、だいぶん長ーくお供えしていたけど、

お酒なチョコ
 (↑ ちきんくんみたいなヒヨコも入っている!)


夫がいただいたものは 妻のもの。


てか、お酒が入っているあたり
海月のおなかに消えることを見越してのお供えですのね (=゚ω゚)ノ~♪




海月は、40年ぐらい前に食べた豚まんを、今でも思い出すのですが


当時、高級な感じの中華のファミリーレストランさんがあって、

何かの会合の際には、
そちらのお料理の大皿が
出前でよく利用されていました。


そのお店の豚まんが、

もちもちと弾力がある、ニシッとした皮で
あんも、ガシガシと弾力があり


一個が一度には食べきれない
ずっしり豚まんだったです。


百貨店の横浜中華街物産展とかに行くと
美味しそうな中華まんがずらっと並んでいるけど、


買ってお味見してみたのは
みんなふわふわで

あんな豚まんは、もう売ってないのかなあって。


イオンの火曜市で以前売っていた
これはお気に入りで 

豚さん饅頭
 (撮った写真見つからず、よそ様からの拝借画像)


並べて楽しみたいのもあって
よく買ってましたけどね。


そんなふうに
豚まん愛をたぎらせていたら


兄が「これならお前の気に入るんちゃうか」って買って帰ってきてくれましたの。


ほう。
『551蓬莱の豚饅』?

ホウライ


開けてみたら


おおっ。
にっしり、どっしり。

この重量感を求めていたんだぜっ。

ホウライずっしり。


関西では
こんなん食べられるのですか~。


すごいぞ、関西。


これからは、関西行ったら、お土産はこれですかね。


普段は、実母が作ってくれる中華まんを食べているのですが

大きさも形も、中身の具も様々でして。


それにしても、
この量はどうだ。

大小さまざま


お供えされた亡夫ぢいもビックリの
「なんじゃこりゃあ。」的な量。

肉まんの山


そして、亡夫ぢいもビックリのこのでかさ。

でかすぎだよーん。

なんじゃこりゃあ。


一個が一度には食べきれないという点に関しては
思い出の豚まんと一緒ですわね


ねこばす氏んとこに持って行って、
はんぶんこします。


この日は、ねこばす氏は、すでに焼きそばをつくっておられたので
炭水化物パーティーとなりました。

炭水化物3種


今回はあんが少な目で丁度良かった。


実母、たまに、
パイみたいにあんがどっさり詰まった
キャベツ級重量のメガ中華まんを作っていることもあって


豚まん、1個で1年分ぐらいは食べたかもしれないって気になります
関連記事

1月7日。

1月7日。

島根県安来市(やすぎし)の清水寺に出掛けてまいりました。


清水寺hpによりますと


きよみずさん1

清水寺は1420年余前、用明天皇2年(西暦587年)山城国の住人、尊隆上人によって開かれた。

開創当寺の宗派は不明であるが、
承和14年11月 比叡山の慈覚大師円仁、唐留学の帰路当山に立ち寄られ、
秘密大潅頂光明真言(今日の諷誦法要)の秘法と精進料理(現在の清水精進料理、清水羊羹の元)を伝習される。

これを機に天台宗となり比叡山延暦寺を本山とする。

以後天台密教を修法する祈祷寺として今日に至る。



なのですと。


五万坪もある境内には、
国や県の重要文化財がいっぱいあるんだそうです。


海月の嫁ぎ先では
こちらで一家全員の厄除けをしていただくのが年中行事。


元旦に出かけた義父母が、海月の分もしてもらってくれているので

海月は、毎年、ねこばす氏と湯島さんに渡している、カードタイプの身代わりお守りを入手する目的で
やってまいりました~。


ねこばす氏、これでお守りが3枚溜まり

「ヤッター
困ったときに投げたら
これで3回助かるだはず」って

本当の三枚のお札はこれ

お守り、使い方違うだはず。
(たけさん、お問い合わせのたけさんの「だはず」及び「だへん」の使い方の件、パーフェクトだはず)




3が日過ぎたのに、
まだ初詣の人でごった返していますよ。


お天気いいから
ちょっと歩いてみましょうね。


総欅造の三重塔は、島根県指定文化財。
三重塔

合成写真のような

ねこばす氏が写した三重塔。

狛犬さん入れたら
なんか、合成写真みたいになっちゃった(笑)


登閣できるそうですが、
今日は閉まっていたので外観だけ。


「海月、この先の展望台に行ったことがあると思います」って言った途端、

札うち順路図 - コピー


あっ。
ねこばす氏がもうあんなに小さくなっているっ

もうあんなところに


道々、こんなところに?って感じで
ポストがあちこちに。

ぽすと?


どうやら、札打ちコースになっていて、
それぞれのお地蔵さまの納札箱だったんですね。

納札箱でした


さっき検索してみたら、



三重の塔裏から一番が始まり、山道を歩き展望台に向けて登ります。(四番から十三番まで山中鹿之助の槍砥ぎ石に向かう分かれ道があります。)

展望台に出ると見晴らしも良く、天気の良い日には中海から大山まで一望でき、一休憩と言ったところです。

展望台からは、二十七番から三十二番まで次は仁王門に向かっての下り坂です。
今では車輌通行止めにしてありますが、昔は乗用車でも通れた比較的広い道です。

仁王門からは境内に入り、根本堂裏手の鐘つき堂横に最後の三十三番のお地蔵様があります。



ですって。


展望台へ

誰も歩いていない展望台への道は
あちこち掘り返されていて

イノシシさんがドングリでも探していたのか

遭遇してしまった場合
闘う気満々で登った海月であります 
(○`□´○) エイエイオー!!


道を間違え、『山中鹿之助の槍砥ぎ石」方面に迷い込んで

尾根の手前で引き返したので

ねこばす氏よりかなり遅れて展望台で再会。


ねこばす氏も
ご無事で何よりでございます。


中海、米子市、日吉津村の王子製紙、見えますよ見えますよ。

米子市も日吉津村も



いつもお邪魔しているブログ『素の暮らし 』さんで読みたてほやほやの情報ですが、


尼子氏と毛利氏が中国地方の覇権を争っていた戦国時代には

敵が近づくと
内海の中海に入る所にある関所、美保関で烽火が上がり、

安来の十神山城で繋いで、

尼子の居城月山に情報が行ったのですって。


なるほど、こういう位置関係だったのか~。


やー。
イノシシと闘わずにここまで登れて

ヨカッタ!!


線香花火みたいな枝と鳥さん

空も風も、気持ちいーい。


展望台から仁王門への下り坂で
札打ちをされている方がおられました。


その時は何も思いませんでしたが

たぶん、身内にご不幸があった方なのでしょうね。
(札打ちは、葬儀の後、故人の戒名をお札に書き、観音地蔵に貼って回るという風習です。1回だけの地域もあれば、四十九日まで7日ごとに7回歩く地域もあります)

展望台から仁王門へ


仁王門から境内に戻り

いくつか並んでいるお土産物屋さんの
『黒田千年堂』さんでお土産を購入したら

清水羊羹とお抹茶でもてなしてくださいました。

黒田千年堂

羊羹は、名前の通り、もともとは唐の国の羊肉のあつもので

平安時代、天台第三祖慈覚大師円仁が遣唐の帰途に伝えたのが

やがて時を経て

精進料理になったときに、羊の肉の代わりに小豆を使うようになり

黒田千年堂さんの祖先さんが
瑞光山清水寺より清水羊羹製造の 門外不出の極伝を授けられて

清水羊羹の元祖となったと。


面白いお話が聴けて、すごくよかったです!!




さあ、帰りましょう。


お腹が減ったけど
目的のお蕎麦屋さんがお休みで

境港までやってきました。


あっ。
とんどさん。
とんどさん

とんど行列の町内渡御、何十年ぶりに見たかなあ。

獅子もいるんですが
交差点なので写せませんでした。

とんどさん2

お囃子にのせて
神輿が地域内を練り歩きます。

とんどさんとねこばす氏の鼻
手前のは、とんどさんではなく
運転しているねこばす氏の鼻ですネ。




今年初の回転ずし大漁丸さんで
今年初のあら汁。

アラ3種

どうやら、ぶりと銀バトウと金目鯛っぽいですね。

バトウの磯臭さが最高!


二杯ずついただきました~。


七日ですからね

もちろん、七草粥もお供えしましたよ。

七草粥
 (七草粥・千枚漬け・寒天根菜スープ・しそ昆布と七草ちぎり揚げ・京都土産の八つ橋・バナナオーレ)

今年一年の無病息災を願って。

ま、亡夫ぢいは、
もう病気知らずですけどね ( *´艸`)
関連記事

記事にし損ねた2017年ライブ、覚え書き。

海月、いろんなライブに声をかけていただく機会がけっこう多いと思うのですが


聴けてよかったなあと思っても、

写真に失敗しちゃったりとか
何か他のことと重なっちゃったりとかして


その中でも、

UPしようと書きかけながら
タイミングを逃してしまっていたライブを

曲目紹介も感想も抜きに

自分の覚書のために
ひとまとめにいたしました。




3月15日(水曜日)
白鳳の里淀江ゆめ温泉ロビーコンサートに
まつもとわーるどさんを聴きに行きました。

まつもとわーるどさん


ぢいと海月が結婚した年からギターを始められ、

オリジナル曲と、
オリジナルアレンジの昭和歌謡

どれも好きです。


まつもとわーるどさんの歴史=ぢいと海月の結婚生活からの歴史でもあるので

ちょっと時別な想い入れを持っている海月でございます 




4月29日(土曜日)
しろーずさんのCafe&Bar BIS COTTOライブ。

しろーずさんビスコット


オリジナル曲が大半で、フォークロックです。

お二人とも、ぢいも一緒に活動していた頃から全然お変わりないので

なんだか、海月も若いころに返った気持ちになりますのよ




5月23日(火曜日)
THE SAKISHIMA meeting tour2017『“THE”BIRAKI』 岡山

THE SAKISHIMA meetingさん


岡山市は遠いけど 
ザ・サキシマ・ミーティングさん、どーしても聴きたくて、

ねこばす氏と、『泡盛と三線の店 あたらし屋』 さんまでかっ飛ばしていきました。


新良幸人さんの唄三弦、下地イサムさんの歌とアコギ、川原大輔さんのドラム、

身震いするぐらい、
でーじカッコよかったっすっ


新良幸人さんも下地イサムさんも
岡山には結構来られることがあるようで

今後もチェックが必要ですね!


なんぼ運転してもらっていても、
長距離の日帰りは堪えますが…(;^ω^)




7月12日(水曜日)
米子コンベンションセンターの多目的ホールホワイエで
年に数回開催される
ビッグシップ ナイトクルージングコンサート。

「夏色の弦奏」 ~津軽三味線と箏の調べ~ に行きました。


境港市在住の箏奏者の門脇京子さんと、神戸市出身の津軽三味線奏者の久保比呂誌さんのコラボです。

門脇京子さんと久保比呂誌さん


りんご追分、ハナミズキ、エル・クンバンチェロ など、選曲の幅いろいろです。


お客さんが1本ずつお花を持ち寄って、
スタッフさんがそれを活けるという演出もステキ。


お飲み物とお菓子もついてますのよ。

ナイトクルージングコンサート「夏色の弦奏」津軽三味線と箏の調べ

ふんわりシフォンケーキ。
お飲み物は、コーヒー・紅茶・ワインなどの中から選べ、


アートギャラリーでは、水彩画展も同時開催されてます。


250席限定ですが、
もっとおられたように見えたけどなあ…。


アイデア満載のイベントで
ものすごい人気でした~♪




7月28日(金曜日)
ウード奏者の加藤吉樹さんがCafe&Bar BIS COTTOに来られ、

アラブ音楽ライブ~ウードソロ。

加藤吉樹さん

1年前に初めて聴いてすっかりファンになった海月、
とっても楽しみにしてました。


複雑なリズムと音階、
アラブの魅力のとりこです。


ウードはもちろん素敵ですが
レクっていう中近東のタンバリンみたいな楽器を弾きこなされる、
鮮やかな手さばきに釘付け♡


レク、早速アマゾンでチェックしましたが
入手しても、演奏できるわけないですね。


諦めて、
真面目に三線練習しよーっと。




9月15日(金曜日)
レストランキャリーリーさんのゴールデンフライデーナイト。


美味しい晩ごはんをいただきながら
演奏を楽しみます。
キャリーリーさん晩ごはん


ないちゃーれきおーずもやってる『満月の夕』が持ち曲の 『KAZU』 さんは
じんわり優しさが持ち味

kazuさん

ボブ・ディランさんとか 中島みゆきさんとか
海月にもなじみ深い曲が多かったデス。


そして後半は『ドンキー田中』さん

ドンキー田中さん

泉谷しげるさんの曲とかもされたけど
オリジナルがメイン。


とっても良くてCD買いましたが

スタジオ撮りより断然ライブが好きだなあ。


やっぱり、生はいいですね!!


また聴きに来ようっと♪


海月、いつも全力で聴いてしまうので
ライブの後は 帰るなり爆睡なんですが




10月18日(水曜日)
またまた白鳳の里淀江ゆめ温泉ロビーコンサート。


まつもとわーるどさんが、
今回は、二人体制の『片肺飛行』というグループ名での出演です。

片肺飛行さん

今回は懐メロ盛りだくさんで

ひみつのアッコちゃんや
ひょっこりひょうたん島や

昭和歌謡も良かったデス♪


そして、続いて、カリンバごっこさん。
カリンバごっこさん1

早春譜や、主よ人の望みの喜びよ などを演奏されるのですが

今回は何年振りかにエレキギターを手にされているSAGAさん。

カリンバごっこさん2


いつもの曲に加えて

昭和ポップスや寺内タケシさんの曲を。


単音がとってもきれいで
大切に大切に弾いておられて素敵でした~





海月、こんな感じで、
音楽でいつもお腹いっぱい感謝の日々を
送らせていただいております。

関連記事

粕汁パーティー三夜。

でっかい大根いただきました。
おでぶな大根


ホントにデカいんで、ちょっと遊んでみました。
ダイコンさんいらしゃい


ねこばす氏は大根おろしを毎日食べたい人だから
毎日大根おろし

ちりめんじゃこや花がつおや、いろんなトッピングで、
一食当たりのご飯は2合。
大根おろしと鯖の醤油漬けと牡蠣酒蒸し


そしたら、
先日、こんな酒粕をいただいて。
赤岩酒造のかめ蒸し酒粕

岡山県赤磐市の赤磐酒造さんの酒粕だって。

おいしそうだねえ。


手に入りにくい、珍しいものだそうです。


ねこばす氏、今まで、酒粕はあんまり好きじゃないと言っていたのですが

まあちょっと、
粕汁召し上がってみて下さいよ。
1日目

里芋と、カブと大根と人参とお揚げをたっぷり入れて。


「あれっ?これ美味しい」と言うので


更に、粕汁、二日目。
半額フグ握りと

イオン駐車場での車中練習のあと、
お魚屋さんで半額の握りなんかも買っちゃって
贅沢に。


お大根、白ネギ、白菜、お揚げを入れました。


お揚げ最高。

お揚げがあれば、お肉もお魚も必要なーし。


「美味しいねーッ

粕汁が苦手だったねこばす氏ですが

粕汁の美味しさに開眼したようです。


大人になったねえ、リーダー。


更に更に 翌日は

義母と買い物中、
鮮魚コーナーの鯖寿司と、お刺身の切れ端を集めたパックに目が釘付けの海月。


買ってもらっちゃったです


てなわけで、今夜も 持ち寄りご飯。
おさしみのしっぽと


ねこばす氏、粕汁が好きになりすぎて
今日は自分で作って待ち構えてましたよ。

27センチの鍋にたっぷり、多分5リットル弱。

美味しかったデス!


海月は2杯戴きましたが、

ねこばす氏、鍋いっぱいを完食ですよ。


胃袋、絶対、どっかの異次元空間に繋がってますよね
関連記事

奥谷企画さん、最高視聴率獲得な感じのライブ。

昨年、12月10日(日)のことですが

島根県松江市のスープカフェ、カフェモルフォというお店で
アコースティックライブがありました。


数組の出演バンドの中に
奥谷企画さんが入ってるってんで

ねこばす氏と海月、覗きに行ってまいりましたよ。


おしゃれな名前のユニットに混じり

奥谷企画さんは4番目。


奥谷君、「ぼ、僕、珍しく緊張しています」だそうですが

バンダナにグラサン、首にかけたハマショーグッズのスポーツタオルで
今回も、ハマショー愛を全身でアピール。

カフェモルフォ5


緊張していても、
いつも通り、とにかくよく動く奥谷君。

今日の屈伸運動も冴えてます。

屈伸


パーカッションのオジーフジー氏は、クリスマス仕様。

カフェモルフォ4

実は、前日が、二人が所属するウクレレバンドのクリスマスライブでして
オジーフジー氏の衣装は、「昨日のまんま着てきましたですわ」とのこと。

似合っちょる似合っちょる。


このあと次々と

いつもの通り始まった奥谷企画さんですが

今日はなんだかプツプツとレコードの針が飛ぶような音がだんだん大きくなって…


奥谷君 「あっ。ギターの電池がない」


まじっすか。


奥谷君、大物なので、
今までも
電池切れたり弦切れるのは、割と普通のこと。

カポタスト忘れたりとか

ギター忘れてきたときには、さすがに満場一致でびっくりでございました。


んで、主催者さんが、マイクで音を拾って下さることになり。

なおしまくり。


でもほら、奥谷君、体動が激しいから、
ギターがマイクにぶつかりそうで、ヒヤヒヤするのよね。


しかもですよ。

ここまでの出演バンドでは全く何の問題もなかったボーカルマイクが
ジワジワうなだれてきて

マイクに神が


マイクに合わせて段々スクワット状態になる奥谷君。

Curyさんからお借りしたスクワット画像
 (Curyさんってとこから無断拝借した美女連スクワット画像)


直しても直しても、
主催者さんがその場を離れるとすぐにまたうなだれ始めるマイク。

カフェモルフォ2


透明人間がいたずらしているのか
遠隔操作で笑いをとる裏方さんがいるかもしれないの状態に

椅子から落ちかけるほどツボりました。


カフェモルフォ3


本人が焦れば焦るほど
会場は爆笑の渦


やー。
奥谷企画さんを初めて観たお客様方は

コミックバンドと間違えた人もいるんじゃないのかな


帰りの車の中でも
翌日も

思い出し笑いで
当分苦しかったです。


奥谷企画さん、ありがとうございました。

また誘ってくださいね~
関連記事

お正月のワクワクのあれこれ。

アパートに帰ると、まるでさっきまで暖房が入っていたかのようにホカホカなのは、
ぢいが暖めて待ってくれているのでしょうか。

あけましておめでとうございます
(お鏡餅の飾りが、孫六さんが準備されたのと同じのでした。へへ♪)


ご褒美に、お供えたんまり。
初お供え


こちら、お正月恒例となっている、姪っ子作の干支の色紙。

2018年は戌2

この、足先がちょこんとちっちゃい感じ、姪っ子ん家の柴犬あずきにそっくりです。

じーちゃんばーちゃん(海月の義父母)が、毎年一年間、大切に玄関に飾りますのよ。


そして、これまた恒例、
ぢいのおばさんから干支の編みぐるみが届きました。

2018年は戌

海月嫁ぎ先母の兄嫁さんは、
右麻痺なのに、釘を打ちつけた板と左手で器用に編み物をされ、
毎年、岐阜から干支の編みぐるみを送ってくださるのです。


利き手が動かなくても、こんなことできるんだ、って、力をもらう方がおられるかもしれないから
毎年、介護老人保健施設のデイケアに届けて飾っていただくことにしています。


今年は更に、
縁起が良いものをもうひとつ発見。


元旦の夕方5時、
パソコンを開いてふと気づいたら
このblogの訪問者様カウンターが
ポッキリな数字になっておりました!

2018年元旦17時の出来事

ビックリ。

こんな偶然って、とってもラッキーな気がします。


覗いてくださる方々、
いつも、本当に有難うございます




今夜は、ねこばす氏ん家でおせちで新年会。


YouTubeを検索してみたら
なんと、元旦に放映された琉球放送『新春民謡紅白歌合戦』がすでにUPされておりましたーッ


仲田幸子芸能館に行けば必ず会える、
喜劇の女王仲田幸子さんと孫のまさえさん。
仲田幸子さんとまさえさん

仲田幸子さんからはいつも元気をいただきます。
今も現役で、デージうれしい


奄美のヨイスラ節、大好きです。
絶対歌えないけどね。
中 孝介さん


一番手前が、海月憧れの山里ユキさん。
山里ユキさん

ヒット曲『遊び仲風』を特訓中ですが
完成するのはいつになるやら。


元ちゃんさん

かなさんどーは、て~げ~なんくるないさーずの持ち曲でした。
懐かしい!!


琉球放送の新春民謡紅白歌合戦の公開録画にとっても行きたくて
12月の予定を入れないようにして
毎日ホームページをチェックしていたのですが、

2017年12月15日(金)の収録が発表になったのが、11月20日。


さすがにそのころには、もうあれこれとスケジュールが詰まってしまい

元旦に沖縄に行かない限りは観られないのかと
泣く泣く断念したのですが

まさか、こんなに早くYouTubeで観られるなんて!!


「県外や海外のうちなーんちゅに、ふるさとのニュースや話題を お届けする ヨシオバー2」さんのチャンネルで

ほかにも、沖縄テレビの『新春に寿ぐ』なんかもupされていて

ねこばす氏も海月も夢中。


生身のぢいが居るといいなあと思うことの多い、毎年のお正月ですが

今年は、おかげさまで、
とっても元気です!!

関連記事

2018年もよろしくお願い申し上げます。

あきまとぅし んけーてぃ 
 (新年を 迎え)

肝(ちむ)ん 若々とぅ 
 (心も 若々と)

笑いふくいの一年で ないるぐとぅ
 (笑いと喜びの一年で ありますよう)

うにげー さびら
 (お祈り 申し上げます)

くとぅしん ゆたさるぐどぅ うにげー さびら
 (今年も よろしく お願い いたします)


ヨロシクどうぞ
 (戌年風なねこばす氏)


ないちゃーれきおーず、2017年最後の演奏は

12月25日(月)、
介護老人保健施設あやめさんの
デイケアクリスマス会でございました。


入所されている方のユニットには二度伺ったことがございますが

通所リハビリテーションは初めてです。


ご利用者さんは25名程度くらい。
落ち着いて過ごせる、丁度良い人数ですね。


14時開始と聞いていたので
お食事が終わったころを見計らって準備させていただこうと控室で待機しておりましたら

な、なんとっ、
もう皆さんがズラーリと並んでおられて


お借りしたマイクを使ってみることも忘れ

音響を調整する間もなく、

13時45分には紹介され
えーい、やっちゃえーって感じで開始です。


やー。
焦ったっす、焦ったっす。 (〃▽〃)


曲目は

 海のちんぼーら~赤山
 繁昌節
 海ヤカラ
 童神
 19の春
 新安里屋ユンタ
 花
 芭蕉布
 ひやみかち節


最後に皆さんで一曲と、

「ここに幸あり と 故郷、みなさん、どっちをよくご存じでしょう」ってお尋ねしたら
どっちも歌ってくださいました~♪


97歳の方が最高齢だそうで

97歳って言ったら
沖縄では、一番大切な長寿のお祝い、「カジマヤー」。


華やかな衣装を身に着け
オープンカーに乗って
演舞あり鼓笛隊演奏ありカチャーシーありの
大パレードが行われるらしいですよ!


カジマヤーを迎えることは
地域全体の喜びであり誇りなのですね。


ないちゃーれきおーず、今回もまた、
高齢者さんから元気をいただいて帰ってまいりました~




また、2017年は
海月とねこばす氏にとっても、予想外の進歩がございました。


7月27日、こんな封筒が突然届き
にゃんだこりは

なんだなこりはと思ったら、
吉栄会沖縄民謡コンクールの参加願書でございました。


先生に「こんなん来ましたけどーッ」ってお電話したら

「ん。 8月初旬ぐらいの間に申し込んだらいいさ~」って


ってそれ、二週間しかないへん?


ひゃあああ。
そりゃもう大慌て。


5月に広島でお会いして仲良しになった、吉栄会の先輩に相談しまくり

昨年観に行った発表会のビデオで歌詞を聴きとり

動画をリプレイで流しながらガン見の練習

スマホで自撮りの練習も
  ↓
自撮り練習


ねこばす氏は『固節』で
しんじんしょー4

海月は『繁盛節』で
しんじんしょー2


メモリースティックに動画を入れて提出。


これ、そんときのビデオから切り取った写真なんですが

このとき、初めて動画から静止画を切り出す技も会得いたしました。


変な顏もとり放題ですね!
しんじんしょー

はははは。
おもしれー。


…あとは演奏技術だな (´・ω・)


海月は歌詞勘違いしてたし、
絶対落ちたと思ってましたが、

とりあえず、二人とも無事に入賞し、
賞状と記念品のメダルが、12月に届きました。


コンクールは段位試験みたいなもの。

初段の新人賞をクリアですが
ねこばす氏も海月も、独学のへんな手クセがついちゃってますから
この先はどうなることでしょうネ。

なんくるないさぁ~




そして、いろんな方々との出会いや新しい発見がある中でも


パソコンの向こうの世界に住んでいるはずのブロガーさんが生きて動く姿と
出会えたことの、不思議な感動と言ったら!


一昨年は、『うたちゃんの店 元気印』のうたちゃんさんと、

そして昨年は
「帰ってきた「TEAMたけ」の日記』のたけさんと!

今年も、どなたかと出会えるかなあ

たけさんと


さて、ここでご案内でございます。

みなさまご挨拶を
 (戌年風のねこばす氏がご案内役。)


ないちゃーれきおーず、2018年初ライブは

2018年1月19日(金曜日) 、ビスコットさんでの単独ライブ 。

 場所 : Cafe&Bar BIS COTTO(カフェバー ビスコット)
  鳥取県米子市道笑町1‐3BMEビルM2
  (米子 AZTiC ラフズの中二階)
     TEL 0859-31-2535
  
 20時スタートの予定でございます。

 
天候が気になる処ではございますが
皆さまのお越しをお待ち申し上げておりますよっ。


ゆたさるぐとぅ うにげーさびら~
(よろしく お願いいたしますね~)
 ねこばす氏 パーカス横パパ 海月  より。
関連記事

2017年も終わりに近づき、お餅つきをいたしました。

嫁ぎ先の、毎年恒例お餅つきの日でございます。

年末餅つき


今年は、24日が日曜日なので
クリスマスイブのお餅つきとなりました。


海月嫁ぎ先分と、義母のお姉さん一家分と、ぢいの妹一家の分を
3世帯まとめて作ります。


蒸し器6つって、
だいたい何升なのかな。


海月は全く役に立ちませんが

昨年は海外出張で不在だった姪が
今年は休みをとって参加してくれるっ!


義母が作ったお餅で

伯母がまずお鏡餅をとり


ほいっあっつ
いそげいそげあつつっ

残りを餅切り機に入れて
義父と海月がちぎり

伯母と姪の最強コンビが丸める。



縁側で冷やす


丸めたお餅は縁側に並べて冷まし、
くっつかなくなったら重ねていきましょう。


小餅は、全部で250個ぐらいかなあ。


毎年、義母がぜんざいの用意もしてくれて
次のおもちができるまでの合間に
ぜんざいで温まるのが幸せ気分ですのよ。


ぜんざい大好物の亡夫ぢいも、働いてないけど、お供えね。

ぢいのぜんざい


姪がいてくれて一番楽しみなのは
毎年、餅切り機に残ったお餅の端キレで作ってくれるお餅細工です。

お餅細工開始


来年の干支のワンコが
着々とできつつありますよ。

すでにしっぽこが渦巻き


お目目はごま、お鼻は海苔。

ゴマのお目目と海苔のお鼻


耳こも尖がらせて

みみこ成形


赤い輪ゴムで首輪とロープもつけました。

実寸のワタシ


伯母も大喜びで撮影。

撮影、撮影。


3軒分のお鏡餅に混じってますが

お鏡餅に混じって

ワンコはぢいの仏壇に飾られる予定です。




今年の記事はこれが最後になると思われます。


当ブログにお越しくださったみなさま、
1年間、大変ありがとうございました。

来年もよろしく


よいお年をお迎えくださいませ。
 
 ねこばす氏、ぢい、海月より。
関連記事

キャリーリーブラザーズさんのワンマンライブ行ってきました~(動画付き♪)

キャリーリーさんライブ

鳥取県米子市両三柳にあるキャリーリー弓ヶ浜公園店さん恒例の
ゴールデンフライデーナイト、

12月15日は、キャリーリーブラザーズさんのワンマンライブでした。


キャリーリーブラザーズメンバーさんのblogから
コッソリ盗んできた紹介文がコチラっ。

  ↓


【スペシャルゲストは東京からベーシストの今西賢さんが参加!!!!

キャリーリーの社長である完児さんと専務であるヒロミさんが若かりし頃
「キャリーリーブルースバンド」というバンドで京都、大阪を中心に活動をしていました。
当時のメンバーはボーカルは完児さん、ドラムはヒロミさん。
ギタリストの2人は、国内のみならず海外でも活躍され高い評価を受けているジャズギタリストの畑ひろしさんと、
関西ブルースの重鎮…いや、日本屈指のいぶし銀ブルースギタリスト池側忠さんでした。
そしてベーシストは今回ゲスト出演される今西賢さんであったのです。

キャリーリーというお店の名前の由来はもちろんこの「キャリーリーブルースバンド」から。

バンド解散後、完児さんとヒロミさんは、畑さんと池側さんとは数度共演されていますが、ベースの今西さんとは約40年ぶりの共演になります。

まさにキャリーリーのルーツである今西さんの参加はとてもスペシャルです!!】





そりゃ行きませんと!!


てなわけで、お店に入ったところ

んまあ!
満席の上、立ち見の方々も沢山。


席が空くと、順番に案内していただき

海月、ブルースのライブっぽく、
ちゃんと(?)ウイスキーのロックなんか注文しちゃいましたよ!
(バランタイン・ファイネストみたいな甘ーい香りのやつで、美味しゅうございました♪)


CARRIE LEE BROTHERS 今西賢LIVE

皆さん、今日はジャケットと帽子がオソロで、一層かっちょいいですね。


あっ。
YouTube検索したら、もうアップされているっ。




今回、割と前方の席だったので
いつもよりでっかい写真が撮れました。


ブルースハープさん。 たまらんですね。
かもさんのハープたまらん。


ギターさん。 たまらんですね。
キャリーGさんのギターたまらん。


この方が、スペシャルゲストのベースさんっ♪
かっこいいベース今西賢さん。


ドラムさんは海月の席からは写せなくて
チラ見えな感じでスミマセン。
専務さんチラ見え。


なので、セッティング中のお姿撮りました~。
二部始まります


そして、何といってもボーカルさんが、もう、たまらんです。
社長さんのボーカルたまらん。


海月、トキメキまくりですのよ。

ひゃー!かっくいい!


控えて、
抑えて、
溜めて、
支えて、


ボーカルさんの歌を引き立てたいって
各パートさんがそれぞれ思ってるにちがいない感じが

なんとも渋くてセクシーじゃないですか、と思うのです。


元ギター弾きのねこバス氏、「ギターは凄いハードワークだよ、ヴォーカルがカッチョいいとこをみんなに聴かしたいんだね」って。





『Sweet Home Chicago 』  とか、
『Stormy Monday Blues 』  とか、
『That's All Right 』 とか、

英語ちんぷんかんぷんな海月ですが
ちょっと曲名が聞き取れるようになったかも!


そして、和訳を説明してくださるのがうれしいですね。


『A Change Is Gonna Come』

 川のほとりで
 川に流れと同じように生きてきた
 
 とても長い時間だった

 もうダメだって、
 死にたいって
 思った時もあったけど

 だけど今は 続けることが出来るように思える 
 もうひと踏ん張り
 踏み留まれば
 もうすぐ変化の時が来る


いつもオタオタしている海月ですが
この曲聴くと、

とりあえず今は
流されるように今日だけを生きていてもいいのかなあと思って

自分勝手な解釈ですが

とっても気持ちが楽になるなあ。




一部は、中島みゆきや吉田拓郎なんかが間に挟んであって
これがまたいいのです。


日本語ってなんて、
ひとつひとつの単語の表現力が複雑で豊かで魅力的なんだろうって
心に沁みます。


んで、2部に、ブルースとソウルバラード、
がっつり。


二部


演奏を終えたあとの
ドラムの専務さんの挨拶も
ユーモアたっぷりで秀逸ですのよ。

専務さんの締めの挨拶



『男が女を愛する時』をなんとか泣かずに乗り越えた海月ですが

キャリーリーブラザーズさんと初めて出会った衝撃の曲、『The Dark End of the Street』がラストだったのと


アンコール曲がこりゃまた

前回のライブで、他界された音楽仲間さんのことを想って演奏された曲だったので

たまらずひっそり号泣。


やー。
もう、帰ってから、死んだように眠りましたよ。


ライブって
聴くだけでも
けっこう体力使いますね。


関連記事

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ